Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 2438 [author_name] => 中村亮太 [author_photo] => author-company-2438-author.png [author_job] => Managing Director [title] => タイの経営者視点で、タイ人スタッフに求めるマインドとは? 〜生産の自動化サポートなど、タイを拠点にASEAN諸国のモノづくりを支えます!(後編) [images] => news-company-2438-thumbnail03.jpg [description] => <span style="font-size:16px;"> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2438-02.jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲タイ人営業部隊</h5><br> <p><a href="https://www.smri.asia/jp/YN2/news/2437/" target="_blank"> ▶︎前編はこちら</a></p> <p>YN2-TECHの2020年のテーマは「<strong>Re: Work</strong>(リワーク)」です。</p> <p>「もう一度、日々の仕事を見直そう」という事です。<br> 朝礼でタイ人スタッフに話したのですが、カフェで知り合ったフランス人から、日本のお菓子に関するメールが送られてきました。</p> <p>「アメージングフードだよ、亮太!」<br> 「日本のお菓子のあんこの中に、なんで苺が入ってるんだ!?」と書いてありました。添付の画像を見ると、いちご大福です。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2438-09.png" class="left-block" width="40%" alt=""/></p> <p>日本人にとって「いちご大福」は見慣れた食べ物です。しかし、外国人が見たら訳がわからない。でも、苺とあんこの組み合わせの意図はわからないけど「綺麗だよ!」「世界中あちこちに行ってるけど、こんなアメージングで美しい食べ物は見たことがない。」と感動する。<br> その方は65歳だけど、新しい物事を発見して嬉しいと思うことができる。<br> いくつになっても発見がある。</p> <p>タイ人スタッフには、「そんな感受性を持って仕事をしなさい」「感受性豊かな人間になりましょう」という話をしています。</p> <p>タイで仕事をする場合、特に人間関係・人間性・感受性が大切です。</p> <p>例えば、競合で負けた時に悔しいと思わないといけない。<br> 感受性が低く何も感じられないと、仕事においても相手の気持ちがわからないということです。<br> 感受性が豊かで、人とのコミュニケーションが円滑にできるなら、何事も成し遂げられると思います。</p> <p>我々は、日本人とタイ人が同じマインドを持ち、お客様のモノづくりを支えていきたいと思っています。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2438-03.jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲業務スタッフ</h5><br> <h4>YN2-TECHの3Dソリューション&TEXTILE技術、3Dプリンター、外観検査装置、3Dスキャナーに関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。</h4> <style type="text/css"> h2 { font-size: 20px; font-weight: bold; color: #444444; line-height: 1.7em; padding: 0.25em 0.5em; background: transparent; border-left: solid 5px #444444; } h3 { font-size: 18px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; margin-bottom: 0; } h4 { font-size: 16px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; } h5 { font-size: 13px; line-height: 1.5em; margin-top: -1em; } p {margin-bottom: 1.25em; } </style> </span> [company_id] => 95 [language_id] => 3 [category_id] => 356 [created_by] => 7 [edited_by] => 7 [meta_title] => タイの経営者視点で、タイ人スタッフに求めるマインドとは? 〜生産の自動化サポートなど、タイを拠点にASEAN諸国のモノづくりを支えます!(後編) [meta_description] => YN2-TECHの2020年のテーマは「<strong>Re: Work</strong>(リワーク)」です。</p> <p>「もう一度、日々の仕事を見直そう」という事です。<br> 朝礼でタイ人スタッフに話したのですが、カフェで知り合ったフランス人から、日本のお菓子に関するメールが送られてきました。 [is_private] => 0 [hidden_form] => 0 [display_type_id] => 1 [created_date] => 2020-11-05 10:14:24 [updated_date] => 2020-11-05 18:02:47 [meta_img] => news-description-2438-02.jpg [meta_link] => ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイの経営者視点で、タイ人スタッフに求めるマインドとは? 〜生産の自動化サポートなど、タイを拠点にASEAN諸国のモノづくりを支えます!(後編)

タイの経営者視点で、タイ人スタッフに求めるマインドとは? 〜生産の自動化サポートなど、タイを拠点にASEAN諸国のモノづくりを支えます!(後編)

05/11/2020
中村亮太
Managing Director

▲タイ人営業部隊

▶︎前編はこちら

YN2-TECHの2020年のテーマは「Re: Work(リワーク)」です。

「もう一度、日々の仕事を見直そう」という事です。
朝礼でタイ人スタッフに話したのですが、カフェで知り合ったフランス人から、日本のお菓子に関するメールが送られてきました。

「アメージングフードだよ、亮太!」
「日本のお菓子のあんこの中に、なんで苺が入ってるんだ!?」と書いてありました。添付の画像を見ると、いちご大福です。

日本人にとって「いちご大福」は見慣れた食べ物です。しかし、外国人が見たら訳がわからない。でも、苺とあんこの組み合わせの意図はわからないけど「綺麗だよ!」「世界中あちこちに行ってるけど、こんなアメージングで美しい食べ物は見たことがない。」と感動する。
その方は65歳だけど、新しい物事を発見して嬉しいと思うことができる。
いくつになっても発見がある。

タイ人スタッフには、「そんな感受性を持って仕事をしなさい」「感受性豊かな人間になりましょう」という話をしています。

タイで仕事をする場合、特に人間関係・人間性・感受性が大切です。

例えば、競合で負けた時に悔しいと思わないといけない。
感受性が低く何も感じられないと、仕事においても相手の気持ちがわからないということです。
感受性が豊かで、人とのコミュニケーションが円滑にできるなら、何事も成し遂げられると思います。

我々は、日本人とタイ人が同じマインドを持ち、お客様のモノづくりを支えていきたいと思っています。

▲業務スタッフ

YN2-TECHの3Dソリューション&TEXTILE技術、3Dプリンター、外観検査装置、3Dスキャナーに関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-1361353~4

中村 Nakamura
Mobile: +66(0)8-5088-5983
Email: ryota@yn2.co.th

Categories
特集
News