• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇

YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇

08/01/2021
サムライアジア編集部

▲2020年12月3日にBITECで開催されたAdditive Manufacturing(付加製造)についての会議

Additive Manufacturing(=略してAM)とは、積層造形法と呼ばれる加工法。
今注目の3Dプリンターは、このAMという加工法を用いて物体を製作する機械、装置だ。

タイで工業製品や医療品などの分野で幅広くAMを使用したビジネスを展開するRABITT PROTOTYPE社は、BITECで「Addiive Manufacturing Conference 2020」を開催した。

このカンファレンスでは「自動化のためのAM」、「タイの製造業におけるAMのインパクト」、「次世代3Dプリンター」、「医療における3Dプリント技術」など、日々進化し続けるAMテクノロジーに関する発表が行なわれた。

発表のトリを務めたのは、中村亮太MD率いるYN2-TECHと、ロストワックス・精密鋳造金属部品製造の会社で、日本とタイのメディアにも度々取り上げられている(株)キャステムのタイ法人CASTEM(Siam)(以下キャステム・タイ)の2社。

「New generation of manufacturing – Japanese innovation case」と題して、主として日本におけるAMの事例などが紹介された。

AMとは、まだまだ一般的な認知度が低い用語だが、タイ政府が推進する「Thailand 4.0※1」の項目にも記載されている、3Dプリンターを使った加工法などの技術全般のことを指す。

1990年代後半にアメリカに登場した3Dプリンターに始まるAMの歴史は非常に浅いが、製造業においては、試作用途として欠かせない装置(設備)になっている。
また、金型を使わない最終製品(部品)の製作にも使用されている。

最新テクノロジーを積極的に取り入れる中村社長は、キャステム・タイと組んでAMによる加工を取り入れた自動車パーツの試作品製作などを行なっている。

※1 Thairand 4.0とは? タイ政府が2015年に提示したタイの長期的に目指すべき経済社会のビジョン、長期経済開発計画の名称

▲(左から)キャステム・タイの三野 琢磨(みの たくま)管理部長とYN2-TECH 中村 亮太(なかむら りょうた)MD

▶︎YN2-TECH × CASTEM <PART2>へ


YN2-TECHの3Dソリューション&TEXTURE&加飾データ技術、3Dプリンター、外観検査装置、3Dスキャナーに関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-1361353~4

中村 Nakamura
Mobile: +66(0)8-5088-5983
Email: ryota@yn2.co.th

Categories