Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 2728 [author_name] => サムライアジア編集部 [author_photo] => author-company-2728-author-company-2139-samurai_logo.jpg [author_job] => [title] => YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇 [images] => news-company-2728-thumbnail1-2.jpg [description] => <span style="font-size:16px;"> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2728-127005567_3524268837640192_1221075213603967932_o.jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲2020年12月3日にBITECで開催されたAdditive Manufacturing(付加製造)についての会議</h5> <p><strong>Additive Manufacturing</strong>(=略してAM)とは、積層造形法と呼ばれる加工法。<br> 今注目の3Dプリンターは、このAMという加工法を用いて物体を製作する機械、装置だ。</p> <p>タイで工業製品や医療品などの分野で幅広く<strong>AM</strong>を使用したビジネスを展開する<strong>RABITT PROTOTYPE</strong>社は、BITECで「Additive Manufacturing Conference 2020」を開催した。</p> <p>このカンファレンスでは「自動化のためのAM」、「タイの製造業におけるAMのインパクト」、「次世代3Dプリンター」、「医療における3Dプリント技術」など、日々進化し続けるAMテクノロジーに関する発表が行なわれた。</p> <p>発表のトリを務めたのは、中村亮太MD率いる<strong>YN2-TECH</strong>と、ロストワックス・精密鋳造金属部品製造の会社で、日本とタイのメディアにも度々取り上げられている<strong>(株)キャステム</strong>のタイ法人<strong>CASTEM(Siam)</strong>(以下キャステム・タイ)の2社。 <p><strong>「New generation of manufacturing – Japanese innovation case」</strong>と題して、主として日本におけるAMの事例などが紹介された。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2728-03.jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <p><strong>AM</strong>とは、まだまだ一般的な認知度が低い用語だが、タイ政府が推進する「Thailand 4.0※1」の項目にも記載されている、3Dプリンターを使った加工法などの技術全般のことを指す。</p> <p>1990年代後半にアメリカで登場した3Dプリンターに始まるAMの歴史は非常に浅いが、製造業においては、試作用途として欠かせない装置(設備)になっている。<br> また、金型を使わない最終製品(部品)の製作にも使用されている。</p> <p>最新テクノロジーを積極的に取り入れる中村社長は、キャステム・タイと組んでAMによる加工を取り入れた自動車パーツの試作品製作などを行なっている。</p> <h5>※1 Thairand 4.0とは? タイ政府が2015年に提示したタイの長期的に目指すべき経済社会のビジョン、長期経済開発計画の名称</h5> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2728-08-前編サムネに2者のロゴ(X入れて).jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲(左から)キャステム・タイの三野 琢磨(みの たくま)管理部長とYN2-TECH 中村 亮太(なかむら りょうた)MD</h5> <br> <p><u><a href="https://www.smri.asia/jp/YN2/news/2729/" target="_blank">▶︎YN2-TECH × CASTEM <PART2>へ</a></u></p> <br> <h4>YN2-TECHの3Dソリューション&TEXTURE&加飾データ技術、3Dプリンター、外観検査装置、3Dスキャナーに関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。</h4> <style type="text/css"> h2 { font-size: 20px; font-weight: bold; color: #444444; line-height: 1.7em; padding: 0.25em 0.5em; background: transparent; border-left: solid 5px #444444; } h3 { font-size: 18px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; margin-bottom: 0; } h4 { font-size: 16px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; } h5 { font-size: 13px; line-height: 1.5em; margin-top: -1em; } p {margin-bottom: 1.25em; } </style> </span> [company_id] => 95 [language_id] => 3 [category_id] => 356 [created_by] => 16 [edited_by] => 5 [meta_title] => YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇 [meta_description] => Additive Manufacturing(=略してAM)とは、積層造形法と呼ばれる加工法。 今注目の3Dプリンターは、このAMという加工法を用いて物体を製作する機械、装置だ。 [is_private] => 0 [hidden_form] => 0 [display_type_id] => 1 [created_date] => 2021-01-08 17:05:55 [updated_date] => 2021-03-08 14:12:24 [meta_img] => news-description-2728-127005567_3524268837640192_1221075213603967932_o.jpg [meta_link] => ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇

YN2-TECH × CASTEM <PART1>:タイの3Dプリント技術を牽引する期待の会社として「Additive Manufacturing Conference 2020」に登壇

08/01/2021
サムライアジア編集部

▲2020年12月3日にBITECで開催されたAdditive Manufacturing(付加製造)についての会議

Additive Manufacturing(=略してAM)とは、積層造形法と呼ばれる加工法。
今注目の3Dプリンターは、このAMという加工法を用いて物体を製作する機械、装置だ。

タイで工業製品や医療品などの分野で幅広くAMを使用したビジネスを展開するRABITT PROTOTYPE社は、BITECで「Additive Manufacturing Conference 2020」を開催した。

このカンファレンスでは「自動化のためのAM」、「タイの製造業におけるAMのインパクト」、「次世代3Dプリンター」、「医療における3Dプリント技術」など、日々進化し続けるAMテクノロジーに関する発表が行なわれた。

発表のトリを務めたのは、中村亮太MD率いるYN2-TECHと、ロストワックス・精密鋳造金属部品製造の会社で、日本とタイのメディアにも度々取り上げられている(株)キャステムのタイ法人CASTEM(Siam)(以下キャステム・タイ)の2社。

「New generation of manufacturing – Japanese innovation case」と題して、主として日本におけるAMの事例などが紹介された。

AMとは、まだまだ一般的な認知度が低い用語だが、タイ政府が推進する「Thailand 4.0※1」の項目にも記載されている、3Dプリンターを使った加工法などの技術全般のことを指す。

1990年代後半にアメリカで登場した3Dプリンターに始まるAMの歴史は非常に浅いが、製造業においては、試作用途として欠かせない装置(設備)になっている。
また、金型を使わない最終製品(部品)の製作にも使用されている。

最新テクノロジーを積極的に取り入れる中村社長は、キャステム・タイと組んでAMによる加工を取り入れた自動車パーツの試作品製作などを行なっている。

※1 Thairand 4.0とは? タイ政府が2015年に提示したタイの長期的に目指すべき経済社会のビジョン、長期経済開発計画の名称

▲(左から)キャステム・タイの三野 琢磨(みの たくま)管理部長とYN2-TECH 中村 亮太(なかむら りょうた)MD

▶︎YN2-TECH × CASTEM <PART2>へ


YN2-TECHの3Dソリューション&TEXTURE&加飾データ技術、3Dプリンター、外観検査装置、3Dスキャナーに関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-1361353~4

中村 Nakamura
Mobile: +66(0)8-5088-5983
Email: ryota@yn2.co.th

Categories
特集
News