Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 43 [image_url] => company-43-003.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 43 [image_url] => company-43-002.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

対応実例(実践的管理手法)

2.経理業務の一部を外部委託するケース【レビューのみ】

既に内製化しているが、万が一の備えや業務内容の見える化に有効

現地法人の代表などに就いている日本人社員の多くは経理/財務畑ではなく、その多くが営業、技術出身です。経理を内製化した場合で問題となるのが業務のブラックボックス化です。その原因は、現地慣行の違いや基礎知識の不足です。専門的視点によるサポートにより効果を発揮するのがこの手法です。タイで経理業務でお困りのお客様は、当社にご相談ください。


お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-661-7697

但野 Tadano
Mobile: +66(0)81-809-9324
Email: inquiry@aporter.co.th

Categories
特集