振動・騒音解析

振動・騒音解析システム

異常な騒音、振動、揺れなど、原因不明の問題解決に貢献。FFTを搭載した振動・騒音解析システム

「FFT」とは、フーリエ積分を利用した、時間領域(波形)と周波数領域(波形)の変換公式です。 これにより、音や振動の持つ波形が、どのような周波数と振幅を持つ波形の合成で成り立っているかを知ることができます。 それを解析することで、騒音、振動の発生原因及びその静穏対策の立案に役立てることができます。 当社では、振動・騒音システムにFFTを採用。コンパクトFFTと多チャンネルFFTをご用意しています。 タイで振動・騒音解析システムをお探しの方は、A&Dにご相談ください。

■主な仕様分野
自動車、鉄道、製鐵など、あらゆる分野で使用可能。

■FFT機能の特長
・リアルタイム処理、時系列データファイルによる後処理として、各種FFT関数の解析を行なうことが可能
・フレームサイズ65536のサポートで1/25600の周波数分析が可能
・振動解析、騒音解析に必要なスペクトラムアベレージ機能、ハンマー加振、加振機を用いた伝達関数測定など、FFT分析に必要な機能を提供
・マルチ加振で必要となるMIMO関数を標準でサポート。オプションで信号出力機能あり

【小型4ch振動・騒音解析システムの特長】
・小型軽量(約330g)
・USB接続、USBバスパワーユニット(ACアダプター不要)
・24ビット 計測4チャンネル(TEDS対応)
・回転パルス計測専用1チャンネル
・信号出力 1チャンネル
・スループット記録・再生、ボイスメモ入力
・FFT解析統合ソフトウェア添付(WCAPRO)
・簡易測定支援メニュー添付(WCA Lite)
・トラッキング解析(オプション)
・リアルタイムオクターブ解析(オプション)
・フィルタ機能(オプション)

【車載型リアルタイム振動・騒音解析システム AD-3651(CompactWCA) 特長】
・A4サイズのコンパクトなボディ設計
・操作性重視のフレンドリーGUI
・24ビットADの採用
・リアルタイムオクターブ分析対応
・スループット機能/標準装備
・DC電源、バッテリ駆動
・ダイナミックレンジ100dB
・マルチタコ入力対応
・マルチインプットマルチアウトプット(MIMO)

Catalog Download


お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-666-4875

馬場 Baba
Mobile: +66(0)92-276-2865
Email: yoshi-baba@aandd.co.jp

Categories