• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【タイで産業機械の修理・改造】”こだわり”の工場から生まれる高い技術とお客様への細やかな配慮

【タイで産業機械の修理・改造】”こだわり”の工場から生まれる高い技術とお客様への細やかな配慮

06/01/2021
サムライアジア編集部

アジアメンテナス(以下AMA)は、生産関連設備のメンテナンス、修理、改造、オーバーホール、各種治具、専用機、ロボットシステムの製作などをタイで手掛けている。その卓越したサービスは、職人たちの経験やノウハウに加えて、工場への“強いこだわり”から生み出されていた。

アジアメンテナンスの高い技術力を支える自社工場

同社は、社内部門を「修理・改造」「非加工機」「治具」の3つに分けている。
中心となる「修理・改造」部門では、マシニングセンタ、専用加工機、旋盤、研削盤など、多様な産業機械の修理・改造・オーバーホールを行なっている。
また、レトロフィットにも対応する。

高精度マシンの修理・改造をお客様に提供できる理由のひとつは、日本水準の技術を持つ職人たちの経験とノウハウ。そして、それを支える自社工場の存在だ。

お客様に最高の製品を提供するための自社工場へのこだわり

「当社は、”タイでNo.1の技術力”を目指しているが、それと同じくらい工場にも重点を置いている」と語るのは、AMAの社長。
2019年に完成した、明るく、すっきりした印象の工場には、”お客様に最高の製品を提供するためのこだわり”が随所にある。

■こだわり① エポキシ樹脂塗装を採用した床

エポキシ樹脂塗装は耐久性や防食性や耐薬性、防水性に優れ、コンクリートにはないクッション性を持っている。
光を反射することで、常に5S(整理、整頓、清掃、清潔、しつけ)を意識した、清潔でクリーンな工場を見せる効果がある。

■こだわり② 温度差を可能な限り抑えたクリーンエアな工場

QCルームや精密組立室では、室温を徹底管理する精密空調機(PAP)を設置し、±1℃の状態をキープしている。
さらにこれらの効果を高めるため、日本の施工方法を採用した断熱材入り2重構造の壁を使用。また工場外壁から離した建屋にすることで、外気温に影響されることのない温度管理を実現している。

■こだわり③ 重量物にも対応できる可動式門型クレーンを設置

工場内には、最大許容荷重3トンの門型クレーンを設置。
一般的な天井吊りクレーンではなく門型クレーンにする事により、効率的で最適な活用が可能。

以上は一例だが、このレベルの工場は日本でも類を見ないそうだ。


ソフト面にもAMAならではのこだわりが満載

社長のこだわりは、工場設備だけにとどまらない。お客様に少しでも喜んでもらえるために、同社ならではの付加価値の高いサービスを提供している。

■こだわり④ 作業報告書をお客様に提出

作業後は、ビフォー・アフターのデータなどを記載した報告書を提出している。
また、軸頭·スピンドルなどの修理後は、自社保有の試運転装置にて熱変位・温度変化・振動などの試運転をお客様の使用状況に合わせて実施し、データ付き報告書を提出。このこだわりにより、納品後は、お客様サイドが安心して使用できる機械状態になっている。

温度変化などを記録した作業報告書の一部(サンプル)。

アジアメンテナンスが目指す”新しいメンテナンスのカタチ”

これらのこだわりについて、社長は理由を説明する。
「まず、きれいな環境でスタッフに気持ちよく作業して欲しい。そして”メンテナンスという仕事は、実はかっこいい仕事なんだ”と次世代のエンジニアに思ってもらえるような発信を、この工場からしたい」。

さらに将来的な希望として、「当社の技術を見て、お客様のメリットになるような事は、社内取り組みで使用していただいても構わない」と言葉を続けた。
なぜなら、「お客様と私たちが同じレベルに立ち、共に力を合わせてメンテナンスに取り組む」、それが社長の考える“お客様と同社との理想の関係“だからだ。

アジアメンテナンスはこの工場から、タイでの”理想的なメンテナンスの在り方”の実現を目指す。


タイで産業用機械や生産関連設備のメンテナンスや改造、各種治具や専用機、ロボットシステムの製作をご検討の方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News