分析計測機器(株式会社島津製作所製)

ICP質量分析計 ICPMS-2030

業界初!分析メソッドの開発アシスタント・診断アシスタント機能が分析をサポートします。

アルゴンガスのプラズマを利用して液体試料中の元素をイオン化し、質量分析を行います。元素の定性・定量を1兆分の1レベルの感度で行うことができ、水道水に含まれる有害元素の測定や医薬品の安全性評価といった幅広い分野における研究開発や品質管理の用途で使用されています。
ICP-MSは,誘導結合によって生成される約10,000℃のアルゴンガスのプラズマ(ICP:Inductively Coupled Plasma)を利用して液体試料中の元素をイオン化し,質量分析(MS:Mass Spectrometry)を行う装置です。 元素の定性・定量をppt(1兆分の1)レベルの感度で行うことができ,元素分析を行う装置として最も高感度と言われています。 水道水に含まれる有害元素の測定や食品に含まれる有害元素・ミネラル分の分析,医薬品の安全性評価,血中成分の分析といった幅広い分野における研究開発や品質管理の用途で使用されています。


お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-6324300
(日本人直通:内線 205)

Email: salesjapan@barascientific.com