• HOME
  • >
  • NEWS
  • >
  • 【タイ・CAD/CAM】たった数回のクリックでNCデータが作成できる簡単操作CAMシステム「CAM-TOOL PRIME+」(後編)

【タイ・CAD/CAM】たった数回のクリックでNCデータが作成できる簡単操作CAMシステム「CAM-TOOL PRIME+」(後編)

21/07/2020
鈴木 進也
Senior Technical Manager

CAM-TOOL PRIME+は、サーフェスモデラ一体型の金型向けミドルレンジ仕様である「CAM-TOOL PRIME」に、“どなたでも”“簡単操作で” “素早く”高精度NCデータを作成できる「CAM-TOOL Easy & Smart」オプションを搭載したパッケージ商品です。
今回は、現場での導入事例を中心に、CAM-TOOL PRIME+の特長をご紹介します。


Case1:樹脂金型におけるCAM-TOOL PRIME+適用例

顧客からの成形品3Dデータを元に金型設計を進め部署間での擦り合わせの結果、対象となる3D形状がCAMセクションへ渡されます。

CAD・CAM・M/Cの所有率は規模によりそれぞれですが、多くの企業は設計システム数、M/C数に比べてCAMシステムの保有数は低く思えます。
このCAMセクションでの作業滞留が工場の機械稼働率を低減させる原因にもなります。


CAM-TOOL PRIME+を工場内に設置することで…

比較的定型パターンで加工が出来る電極加工や、焼き入れ前の生材加工に関してもCAM-TOOL PRIME+が効果を発揮します。
これによりCAM担当者の作業負担を軽減することができます。

結果としてボトルネックとなっていたCAMセクションの作業滞留が解消され、各所負担なく作業が回りフロー全体の作業効率が向上します。


Case2:1CAMシステム-1NCシミュレータ-1M/C での作業について

さらに工程に注目すると、工場内M/Cの横に “NCシミュレータ”が設置されているケースをよく目にします。

干渉の無いNCデータは、そのまま加工できますが、そうでないものに関しては、一旦CAMセクションへ戻り、M/Cでの待ち時間が発生するだけではなくCAM担当者の作業も中断される事になります。

また、経営者の視点で見ればCAMシステム・NCシミュレータと2システムについて年間保守契約費用が発生しますが、それらは機械に合わせたシミュレーションが必要となり、M/Cが増えれば増えるほどNCシミュレータの保守契約費用がかかります。


CAM-TOOL PRIME+を工場内に設置することで…

CAM-TOOLシリーズには、エアカット削除・自動クリアランスなど効率的で安全なカッターパスに最適化します。
また切削負荷に応じて送り速度を自動調整する機能も搭載します。
これにより出力されたNCデータは “安全で” “工具負荷が少なく”“最短ツール突出し長さで安定した”加工を行うことができます。

さらに一台で機械に合わせた最良のNCデータを出力するため、NCシミュレータにかかる保守契約費用を抑える事ができ、ランニングコストの大幅な削減が期待できます。


コロナ禍において “CGS ASIAだからこそ”できるCAM-TOOL PRIME+ のご提案

我々CGS ASIAは、取り扱い製品のご提案から導入後のアフターサポートまで、“技術型提案”を重視し、日々活動を続けています。

本件に関してのお問い合わせは、従来システムとは少し違ったシステム特性上、より実務に近く、オペレーションやテスト加工等の現物を見ていただきながらご検討いただける体制を準備しています。

STEP1:お客様・商社様からのCAM-TOOL PRIME+についてのお問い合わせ
このタイミングで各種情報(形状モデル・加工条件等)をお送りいただければ、事前に加工テンプレートを作成します。

STEP2:検証結果をレポートにしてご報告
結果として何クリックでNCデータが出力可能か。また現状の段階で改善可能箇所があれば合わせてご報告致します。

STEP3:お客様の所有する設備にて加工実演
現有システムと比較いただき、都度トラブルシュートを行います。

STEP4:お見積り


コロナ禍の今、不確かな事が続きますが、それでも我々はCAM/CAMを通じて、ASEAN金型産業への一助となれば幸いに思います。



タイで金型用のCAD/CAM/工程管理ソフトウェアをお探しの方、その他のIoTソリューション等に興味をお持ちの方は、下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

NEWS Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-661-9620

柏口 Kashiguchi
Mobile: +66(0)80-016-6881
Email: a.kashiguchi@cgsys.co.jp