• HOME
  • >
  • NEWS
  • >
  • 【タイ・精密金型加工】ミクロン台の精度を誇るAMG社の超精密金型製作を支援! C&Gシステムズ(CGS)のCAD/CAMソフトウェア

【タイ・精密金型加工】ミクロン台の精度を誇るAMG社の超精密金型製作を支援! C&Gシステムズ(CGS)のCAD/CAMソフトウェア

06/01/2021
サムライアジア編集部

石川県にある株式会社エーエムジーは、精密金型部品製作、精密プラスチック金型製作、精密部品の販売、精密プラスチック部品の製作・販売を行なっている。

匠の技が込められた金型と精密プラスチック部品は、Made in Japanの精緻で高品質な「ものづくり」を支える。

同社は2018年にタイへ進出。AMG(THAILAND)CO., LTD.(以下AMGタイ)を設立し、日本で使用する精密金型部品をタイで製造している。

AMGタイの新家秀康(あらいえ ひでみち)氏は、日本でトップクラスの精密金型設計者だ。また、同社の山田顕次(やまだ けんじ)氏は、形彫り放電加工用の電極設計と製造の第一人者である。

設計・加工の匠である2人が、精度ミクロン単位の超精密金型を日本で設計・製造する際に使用していたCAD/CAMソフトウェアが、CGSの「CG MOLD DESIGN(以下CGMD)」と「EXCESS-HYBRIDⅡ(以下EH II)」、そして「CAM-TOOL(以下CT)」だ。

▲様々な形状の放電加工用電極

▲EXCESS-HYBRID II を使って設計された電極

▲1ミクロンの精度の金型部品を作ることができるAMGの技術は、タイでも稀有

CGSのCAD/CAMソフトウェア3つのラインアップ

モールド金型設計用3D CADシステム「CG MOLD DESIGN」for SOLIDWORKS

世界で200万人を超えるユーザーが使用するSOLIDWORKS®にアドインする、モールド金型設計に特化したCADシステム。
MISUMI、FUTABA等の3D標準部品やモールドベースデータを標準搭載。
ユーザーがカスタマイズした部品やアセンブリデータをデータベースに追加することも可能。

樹脂・プレス金型設計加工用2D/3DハイブリッドCAD/CAMシステム「EXCESS-HYBRID Ⅱ」

同一システム内で2D図面と3Dモデルを重ねて表示して扱うことができ、試行錯誤を伴う金型設計や加工において効果的なハイブリッドCADシステム。
2D図面および3Dモデルから穴・ポケット~3D形状、そしてワイヤーカットの加工データまで作成できるCAMも用意。

▲EXCESS-HYBRID II 独自のハイブリッド設計環境(2D図面と3Dモデルを重ね合わせて設計が可能)

樹脂・鋳造・その他金型高精度加工用3D CAD/CAMシステム「CAM-TOOL」

曲面形状に沿って忠実に工具を接触させる独自の演算ロジック「サーフェス演算」により、工具負荷を抑え、滑らかな加工動作と高精度な面品位を実現する高精度CAMシステム。
金型づくりの視点から発想したCAMのための独創的なモデリングCADも搭載。

▲CAM-TOOLのサーフェス演算 (左) と 一般的なCAMの近似ポリゴン演算 (右) による工具軌跡の比較

山田氏が語る、ミクロン精度の金型部品製作に欠かすことのできないCAD/CAMシステム「EXCESS-HYBRID II」と「CAM-TOOL」3つのメリット

メリット①:同一画面上で2D図面⇒3Dモデリング、3Dモデル⇒2D作図など、ハイブリッド環境での設計が可能

金型部品加工において各要素で要求される精度が異なるため3Dモデルだけでなく2D図面での指示も必要となる。

EXCESS-HYBRID II では金型に特化した作図やソリッド&サーフェスモデリングなど設計に必要な機能がすべて揃っているので、意図する電極の図面やモデルを自由自在に同一画面で重ね合わせながら効率的に作成できる。

▲EXCESS-HYBRID II では加工指示に必要な2D図面と3Dモデルを配置してハイブリッド設計を行っている

メリット②:2D図面でも3Dモデルでも自由自在に加工プログラムが作成可能

加工形状や精度に応じてCAMを使い分けることで作業分担ができ、効率よく加工プログラムの作成ができる。EHⅡでモデリングした3D電極モデルはCT専用フォーマットでやり取りが可能で、同じ開発元であるメリットが生かされている。

◆EXCESS-HYBRID II
2D図面作成、3Dモデリング、穴・ポケット・2.5D加工プログラム作成


◆CAM-TOOL
3Dモデルからミクロン精度の3D加工プログラム作成

▲CAM-TOOLでミクロン精度の3D電極の加工プログラムを作成し、工具軌跡の確認を行なう山田氏

▲EXCESS-HYBRID II で設計した2D電極図面をもとに加工プログラムを作成する加工技術者

メリット③:充実のアフターサービス

CGS ASIAでは、製品を導入された企業と保守契約を締結し、年に1度の製品バージョンアップ対応により現場の要望を反映したCAD/CAMの機能改善を行なっている。

また、電話、Eメール、定期的オンサイトサポートのほかPCのリモート接続による遠隔サポートにも対応、開発元である日本の本社と連携しながら技術的な課題のクリアのために社内で検証して最適な解決方法を導き出すなど、アフターサービスも充実している。

設計担当と加工担当の日本人技術者2人がバンコクのオフィスに常駐し、工作機械、切削工具、ホルダー等、生産財メーカー各社の協力を得て切削サンプル製作も行っており加工ノウハウの提供やユーザーの問題解決に迅速に対応する。

AMGタイでは、現在日本から発注された金型部品加工をトータルコストの安いタイで行なっているが、将来的には当地で取引先を広げ、金型設計から金型製造までをタイで行なっていきたいと考えている。

設計の匠がCGS ASIAに寄せる信頼は、とても厚い。

▲左からCGS ASIA・柏口氏、AMGタイ・新家氏、AMGタイ・山田氏、CGS ASIA・関氏

AMG (THAILAND) CO., LTD.
業務内容:精密金型部品製作

【プロフィール】
新家 秀康
Hidemichi Araie / Administrative Director
2009年入社。技術部にて金型設計を担当。
2019年6月、タイに赴任。
山田 顕次 Kenji Yamada / Mechanical Technician
2005年入社。製造部金型課にて、主に放電加工機を担当。
2020年1月、タイに赴任。タイ人スタッフの指導も担当。


タイで精密金型用のCAD/CAMソフトウェアをお探しの方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

NEWS Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-661-9620

柏口 Kashiguchi
Mobile: +66(0)80-016-6881
Email: a.kashiguchi@cgsys.co.jp

Categories