• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 第4回:RPAをもっと知りタイ!業務自動化を実践 ~タイ政府新制度(e-Tax等)との連携~ C.S.I.タイランド

第4回:RPAをもっと知りタイ!業務自動化を実践 ~タイ政府新制度(e-Tax等)との連携~ C.S.I.タイランド

27/04/2020
大友 則明 Noriaki Otomo
Sales Manager / Sales Department

日常の業務で繰り返し行なわれる事務作業を自動化するためのRPAツール(Robotic Process Automation)。
当社は、RPAのタイでの導入と業務改善をサポートしています。

今回は、「RPA導入の目的やメリットを社内でどのように共有するか?」、そして、タイ政府が発表した新制度「e-Tax Invoice」を例としてRPAの拡張的な活用方法をご紹介します。


RPAはタイ人スタッフの仕事を奪ってしまう?
導入の目的を理解・共有しよう

■RPA導入の目的をタイ人スタッフに伝える

  1. ▶RPAの一般的な導入目的
  2. 1. ムダな作業を減らして、負荷を減らす
  3. 2. 人的ミスを減らす
  4. ⇒ 人間にしかできない本来の業務に集中する

タイでは「マネージャー職のスタッフが、部下の単純作業のチェックや修正に時間を取られる」ということが起こりがちです。時には、マネージャーの本来の業務より、これらの作業の方が負担になっている場合もあるかもしれません。
RPAを導入すれば、人的ミスは減少し、マネージャーは本来の業務に集中することができます。

しかし、RPA導入の目的を「人件費削減」と説明してしまうと、現場のタイ人スタッフは「自分の仕事を奪われてしまう」と恐れ、新しいシステムの導入に反対するケースがあります。

そんな時には、「ロボットにはロボットの、人間には人間の得意な業務があります。あなた達には人間らしいよりクリエイティブな仕事をしてほしい。」という説明を添えて、目指すゴールを共有しましょう。


e-Tax Invoice(イータックス・インボイス)など、新たに生まれるタスクをRPAに任せる

少し話は逸れますが、e-Tax Invoiceの導入は進んでいますか?

e-Tax Invoiceとは

2017年6月にタイ歳入局より規定案が公表された「タックス・インボイスの電子化(e-Tax Invoices)および領収書の電子化(e-Receipts)の準備、提出、保管に関する規則」のことです。
これまでアナログ式に紙でやり取りをしていた請求書・領収書の業務を、電子化に移行(WEB上で発行し、PDFなどの電子データで顧客に送信)することで、多くのメリットが生まれます。
タイ政府が電子化を推進している他、経費削減効果が大きいソリューションであるため、今後、多くの企業の導入が見込まれています。


■e-Tax Invoiceの導入メリット

メリット1:請求書などの「紙」を配送するための時間とお金の節約
※メッセンジャーは意外と費用が高い

メリット2:紙の保管スペースと書類探索の工数を削減

メリット3:ペーパーレス化の実現

メリット4:いつでもどこでも署名・承認が可能に


e-Tax Invoiceは、RPAと組み合わせることで、より効率的なシステムになる!

e-Tax Invoiceのような「新たなシステム導入によって発生する、これまでになかったタスク」をRPAに任せることも、おすすめの活用方法です。

例えば、e-Tax InvoiceをRPAで処理すると、
1. Excelで管理している宛先へPDFインボイスを自動で送付できる
2. 収益部門にXMLを自動アップロードできる

というような効果を付加することができるのです。

当社は、業務に関するあらゆる悩みにITを活用したソリューションでお応えします。
具体的にどのような業務改善から始めればよいか分からない場合でも、まずはお悩みや課題をお聞かせください!

■WEB会議、推進中。
オンラインでIT化のご相談・打ち合わせのほか、貴社のリモート化支援も可能です!

タイにおけるRPA導入・WinActor®・業務自動化・業務改善については、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-231-3851~8

小川 Ogawa
Mobile: +66(0)81-922-0094
Email: ogawa@csithai.com

Categories
特集