• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 省エネルギー商材商社とのタッグで 環境問題に向き合う総合エンジニアリング会社

省エネルギー商材商社とのタッグで 環境問題に向き合う総合エンジニアリング会社

06/01/2020
サムライアジア編集部

エルモテックは、総合エンジニアリング会社として2009年にタイで設立された。主にプラントエンジニアリング、工場における設備設計・工事・施工などを手掛け、タイに進出した企業を支援している。

フロアごとにインテリアが異なる自社ビル。昨年で設立10周年の節目を迎えた


設備設計・工事・施工部門は、電気関係のあらゆる設備、空調、給排水や衛生設備を担当する。さらに、エルモテックの基盤技術のひとつであるプラント電気・計装設備の企画提案、機器選定、現場工事もトータルで行なう。

また、プラントエンジニアリング部門は、既存のプラントを保有しているお客様に対し、基本設計を元にした資材調達からメンテナンスまでを専属チームが担当する。必要に応じて、集塵機や脱臭装置、排水処理設備などの環境改善機器の設計・製作も引き受ける。このほか、お客様の意向を踏まえたシステム設計やソフトを開発するPLC(プログラマブルコントローラー)設計部門など、さまざまなニーズに対して幅広い対応ができることがエルモテックの強みである。

同社はハード面だけでなく、ソフト面にも力を入れている。日本の企業との協業もそのひとつだ。例えば、タイ進出に関する知見がない場合、エルモテックが代わって必要な手続きなどを行なう。

エルモテックと環境ソリューションズの社員たち


また、タイでの部品調達や現場管理、エンジニア手配のサポートなども請け負う。エルモテックとの協業により、日本からタイに進出を検討している企業、タイに営業所を持たない企業であっても、タイにおけるビジネスチャンスを逃すことがなくなる。

総合エンジニアリング会社としての地位を確立しているエルモテックだが、「本来は、省エネルギーや環境問題に関する事業を行ないたかった」と萱沼利幸社長は語る。その理念を実現するため、7年ほど前に、省エネルギー商材の商社である「環境ソリューションズ」を設立。

顧客に製品を販売するだけでなく、工場や施設内における空調や照明、ボイラ、冷凍・冷蔵などの現状をチェック。無駄があれば省き、効率が悪ければ改善の提案を行なうなど、省エネルギーや環境問題のためのソリューションも手掛ける。同社は、今やエルモテックの営業をサポートする心強い存在だ。

今後は、顧客におけるタイ企業の割合を増やし、ローカルを主体とした経営にシフトしていきたい、と萱沼社長。そのための人脈づくりに力を入れている。

子供の育成を目的としたジムは屋内野球練習場を完備


ELMO TECH CO., LTD.
tel. +66(0)2-730-8440



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News