• HOME
  • >
  • ニュース
  • >
  • 日本シェア60%、世界シェア30%!? 環境試験でタイの製造業を支える「エスペック エンジニアリング タイランド」

日本シェア60%、世界シェア30%!? 環境試験でタイの製造業を支える「エスペック エンジニアリング タイランド」

11/09/2018
松村 好庸
Managing Director

エスペック エンジニアリング タイランドとは

エスペック エンジニアリング タイランド(ESPEC ENGINEERING THAILAND)は、環境試験器のリーディングカンパニーである「エスペック株式会社」のグループ会社として2015年に設立されました。タイ法人は、タイだけでなく、ASEAN各国に進出している日系企業様に、製品販売、コンサルティング、保守点検などの技術サポート、各種環境試験の受託サービスまでを提供しています。また、エスペックは2017年6月に試験器と試験所の国際規格である「ISO/IEC17025」の認定を受けました。弊社の試験・校正の技術と信頼性は国際的に認められています。
製造業界は、製品の品質と信頼が益々重要になってきています。この様な状況において、環境試験器の重要性は確実に高まっています。エスペックは、環境試験器のリーディングカンパニーとしてお客様の製品の品質と信頼の向上をサポートしていきます。


そもそも環境試験とは?

私たちが普段使用している電子機器や工業製品は、温度や湿度、圧力、振動、電磁波など、周囲の環境から様々な影響を受けています。「環境試験」とは、これらの環境要因が、製品にどの様な影響を及ぼすかを分析・評価し、製品の耐久性や信頼性を確認する試験のことです。
各種国際規格には環境試験の実施が定められ、技術開発・品質評価の過程において必ず行われています。
「環境試験器」は、砂漠などの乾燥地帯や、北極や南極などの寒冷地帯、成層圏の低温低圧など、あらゆる環境を人工的に再現する装置のことで、どのような環境下においても製品の品質、性能が保たれているかを確認するために欠かすことができません。
「環境試験(環境試験器)が最先端技術の革新・発展を支えている」と言い換えることも出来るでしょう。私たちが身近に使用している自動車や家電製品、スマートフォンなどの工業製品の多くは、環境試験がなければ誕生しなかったかも知れません。

エスペックの環境創造技術を駆使した環境試験器が、さまざまな環境を再現します


様々な製品の品質と安全を支えるエスペックの環境試験器

エスペックの環境試験器の日本国内シェアは60%、世界シェアは30%に達しています。
ここでは、世界中の製品開発を支えているエスペックの環境試験器の主力製品をご紹介いたします。

恒温恒湿試験器
多彩なオプションと省エネ性能を誇る恒温恒湿器のワールドスタンダード「プラチナスJシリーズ」

恒温恒湿試験や、低温試験、また各試験の組合せによる温湿度サイクル試験など、各種開発試験・品質保証・信頼性試験の基本となる試験が可能です。


冷熱衝撃装置
導入実績No.1!「冷熱衝撃装置 TSAシリーズ」

製品に高温と低温を短時間で交互に繰り返し与え、クラックや破壊などの不良につながる欠陥がないか試験・評価します。


実車評価試験室(カスタム対応事例)
自動車一台ごと試験が可能に!エスペックのカスタム対応

実車評価試験室は、赤外線日射装置を装備した恒温恒湿室に実車を入れて温湿度環境を再現する装置です。より高度な実車実験を可能にし、製品の信頼性と安全性の確保に貢献します。

自動車の「自動運転技術」や「IoT」といった最先端技術が注目を集めている昨今。それに伴い、最先端の電子部品・機器や、新素材の開発が進み、環境試験および環境試験器の重要度も増しています。環境試験器・受託試験でのお困りごとがございましたら、お気軽にお問い合わせください。


エスペック エンジニアリング タイランド
TEL︰+66(0)3810-9353
木津 幸三
Mobile︰+66(0)9-4490-4352
Email︰k-kidu@espec.co.jp
Kridsada Suphawong
Mobile︰+66(0)8-7355-7382
Email︰s-kridsada@espec.co.th


取扱い製品
・環境試験器
・二次電池関連機器
・計測・評価システム
・半導体関連装置