Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 124 [image_url] => company-124-company-124-スライダー1.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 124 [image_url] => company-124-company-124-スライダー2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • バリ取りブラスト導入事例|人手からブラスト加工への切り替えで生産効率化と加工品の品質向上に成功

バリ取りブラスト導入事例|人手からブラスト加工への切り替えで生産効率化と加工品の品質向上に成功

04/04/2022
サムライアジア編集部

プラスチック射出成形において、特に悩みの種になりやすい工程が「バリ取り」と「スクリュー洗浄」。単純作業でありながらもコストや時間がかかり、安全性においての様々なリスクも伴うため、頭を悩ます方も多いのではないだろうか?


バリ取り用ブラスト装置

▲タイスターライト工業に導入したバリ取り用ブラスト装置

今回は、射出成形分野の強い味方であるエアーブラスト専業メーカー、フジブラステック(タイランド)(以下、フジブラステック)のブラスト技術を活用したバリ取りスクリュー洗浄で、作業効率化に成功したTHAI STARLITE Manufacturing Co., Ltd.(以下、タイスターライト工業)の事例を前編、後編に渡ってご紹介します。


バリの発生しやすいスーパーエンプラに最適な
ブラスト加工


タイスターライト工業は、創業30年を越える樹脂成形加工メーカーであり、主にOA機能部品や自動車向け機能部品などを生産している。近年タイでも需要が高まっている高機能プラスチック加工の分野を得意としている。
高機能性樹脂と呼ばれるスーパーエンプラを使った部品加工が多く、中でもガラスファイバー入り樹脂の加工を専門としている。
同社では40t~1,300tまでの幅広い種類の射出成形機を計78台保有。取り扱う樹脂原材料は約210種にものぼる。

※スーパーエンジニアリングプラスチック(スーパーエンプラ)
高機能熱可塑性樹脂であるエンジニアリングプラスチックの中でも強度・耐熱性・耐薬品性などに優れている樹脂。主に金属の代替部品として使用される。

▲加工品一例(左から、自動車シフトレバーサンプル・コンプレッサー部品)

▲タイスターライト工業の射出成形機が並ぶ工場内観

ガラスファイバー入り樹脂は、樹脂の中でも最も成形品にバリが付きやすい上、金型や成形装置への負担が大きく、摩耗を起こしやすい。同社は、加工にかなりの手間がかかっていた中、バリ取りにブラスト加工を導入したことによって以下のような生産効率改善に成功した。


ブラスト装置導入で人員約80%削減!
コスト・時間の大幅削減により作業効率UP


<バリ取り工程において抱えていた問題点>
コストと時間がかかる
バリ取りや製品検査の専門部隊が(バリ取り作業+製品検査)1チーム約20人×3チーム交代制で行なっていたため約60人もの人員が割かれていた。
品質の不安定
手作業なので加工者によって品質のばらつきがあり、刃物をつかってバリ取りすると、バリ以外の部品本体に傷などがつくことによる不良の発生もしばしばあった。
成形後の目視検査
成形後にバリ有無をチェックする作業を行う必要があり、人出と時間が必要。

ブラスト加工導入によって…

✓ 人件費と時間の大幅削減
1チーム20人で行なっていた作業(装置操作/加工品洗浄/梱包出荷)が4人で完結し、バリ取り作業に1個あたり150秒かかっていた部品が平均28秒に短縮。
✓ 加工品質の安定
加工精度の均一化はもちろんのこと、人手では成しえなかったレベルにまで精度が向上。
✓ 目視検査時間の削減
バリが発生しそうな製品はチェックレスでブラスト加工することでチェック時間を短縮。

フジブラステックバリ取り加工

▲ガラスファイバー入りスーパーエンプラのバリ取り加工前後 イメージ

▲大小約40種類以上の部品のバリ取りでブラスト加工を活用

ブラスト加工に使用する研磨材は一定期間繰り返し使えるため、ランニングコストも低額
機械の操作も簡単で専門知識や技術はほとんど必要ない

バリ取り用ブラスト装置

バリ取り用ブラスト装置

▲部品を専用ケースに入れて装置内部に設置しボタンを押すだけの簡単操作

ブラスト装置導入は、期待以上の費用対効果&高い有用性


「想定していた以上の費用対効果を感じています。弊社は特にバリの発生しやすいガラスファイバー入り樹脂が専門なので、長年バリ取りには悩まされていました。現在、バリ取り用ブラスト装置は3台導入していますが、弊社の生産規模だともう1台くらい必要だと感じています。とにかく操作が簡単で人を選ばず、加工品質も良いので有用性が高いですね」
(タイスターライト工業 東氏)


取材協力:THAI STARLITE Manufacturing Co., Ltd.
スターライト工業株式会社(本社・大阪)のタイ法人として、1988年に創業。チャチュンサオ県に工場を構え、バンコクにも営業所を持つ。高性能樹脂スーパーエンプラを使用したプラスチックの成形加工を行なっている。グループとしては日本国内12拠点、海外8拠点、スタッフ総勢1,500名の規模を誇る。

▲左からタイスターライト工業 東氏、フジブラステック 吉田氏

THAI STARLITE Manufacturing Co., Ltd.
東 泰史 Yasushi Azuma / Production Department General Manager

1995年 スターライト工業株式会社 入社
1995年 星光樹脂製品(昆山)有限公司(中国法人)に赴任
2012年 THAI STARLITE Manufacturing Co., Ltd.に赴任

Vol.2スクリュー洗浄改善事例へ


タイで樹脂(プラスチック)のバリ取りやスクリュー洗浄にお悩みの方、その他エアーブラストを活用した加工にご興味をお持ちの方は、下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、samurai@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66-(0)2-136-7474

吉田 典幸 Noriyuki Yoshida
Mobile: +66-(0)98-462-4428
Email: yoshida_nori@fujimfg.co.jp