Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 103 [image_url] => company-103-slider1.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 103 [image_url] => company-103-slider2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • HOME
  • >
  • ニュース
  • >
  • クーラントタンク内のスラッジ対策決定版!切粉・スラッジを強制排出「ボトムスラッジ回収システム」/白山(タイ)

クーラントタンク内のスラッジ対策決定版!切粉・スラッジを強制排出「ボトムスラッジ回収システム」/白山(タイ)

21/05/2021
HAKUSAN (THAILAND) CO., LTD.

金属を切削、研削する際に重要な役割を果たす「クーラント液」。加工精度や冷却に欠かせない重要なアイテムですが、「クーラントタンクの清掃が大変」「タンクの角に溜まったスラッジが除去できない」など、タイにある多くの工場がスラッジ回収に関する悩みを抱えています。

白山(タイランド)は、コンベヤでスラッジを強制的にかき集めて吸引・回収する「ボトムスラッジ回収システムBBSを開発しました。
今回は、当該製品についてご紹介します。


クーラントタンク内の清掃回数が激減!
ボトムスラッジ回収システムの詳細


ボトムスラッジ回収システムの導入メリット


⇒クーラントタンクの清掃頻度の削減
⇒クーラント液の長寿命化
⇒きれいなクーラント液で最適な加工環境へ
⇒結果として、スラッジ除去にかかる時間とコストを削減

ボトムスラッジ回収システムBBSの仕組み

かき板が底面のみを移動するため、機械への供給ポンプの邪魔をすることがありません。


柔軟性・自由度の高さもポイント

  • 省スペースで、機械レイアウトの自由度が高い
  • 切削機、研削盤用、タンクサイズを問わず、使用環境に合わせて柔軟に設計・製作が可能
  • 吸込みポンプの先は、サイクロンフィルターやバックフィルターなど各種フィルターから選択できる

  • 従来型の回収システムとBBSの違い

    従来型の問題点

    ・ポンプの先から離れたところにあるスラッジは吸い込みにくい(角部にスラッジが溜まりやすい)
    ・定期的な清掃が必要
    ・長く堆積した切粉が、クーラント液劣化の原因に

    HAKUSANのボトムスラッジ回収システム

    ・タンク底に沿ってかき板が移動。スラッジを強制的にかき集め、排出する
    ・底面全体をかき板が通過するため、取り残しが少ない
    ・清掃頻度が大幅に減少
    ・切粉を長く堆積させないことで、クーラント寿命が延びる


    デモ機で使用感をお試しいただけます!

    ※2021年8月 デモ機完成予定

    スラッジ回収に課題をお持ちのお客様に、実際に使って効果を実感していただくために、デモ機を準備中です。
    8月完成予定ですが、製品に関するご質問・ご相談はいつでも受付けております。


    タイで、スラッジ回収やタンク清掃にお悩みの方、ボトムスラッジ回収システムに興味をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



    お問い合わせ

    下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

    お電話、Eメールでもお受けしております。

    ニュース Other News
    Contact Us

    Office
    Tel: +66(0)2-150-7027

    General Manager
    服部 Hattori
    Mobile: +66(0)98-262-7015
    Email: hattori@hkt.co.th

    Anuwat Baothong
    Mobile: +66(0)63-268-0529
    Email: anuwat@hkt.co.th