• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【一般ボールベアー】 井口機工製の高性能ボールトランスファー(ISBイグチベアー)をタイで本格販売!

【一般ボールベアー】 井口機工製の高性能ボールトランスファー(ISBイグチベアー)をタイで本格販売!

11/06/2020
Hiroyasu Ueda
General Manager

製造業の新たな価値を創造する産業機械の総合プロデューサー「HRD(エイチアールディー)株式会社」は、タイに進出して16年目。
当社は、日系メーカーのモノづくりをサポートする「顧客第一主義」をモットーとしています。
お客様への販路の紹介など、お客様の困り事にも積極的に関与しサポートしています。


重量物の移動に優れた荷役機器ボールトランスファー「ISBイグチベアー」


今回ご紹介するのは、井口機工の一般ボールベアー「ISBイグチベアー」(荷役機器ボールトランスファー)です。
日本国内で40%という高いシェアを持ち、タイ市場での普及を目指す優れた製品です。
工場の生産現場で、あるいはさまざまなプラント等で、重量物をスムーズに移動させるために使用します。
パレットなどに置かれた重量搬送物をボールで支え、360度自在に向きを変えながら目的の位置まで移動させることが可能です。
ISBボールベアーには、床面でモノを支える一般的な「上向き用」と上部から支える「下向き用」があります。


当社では、今年1月から同社のタイ代理店となり、モノづくりや産業が集積したタイの市場で販売を担当していくことになりました。
ISBイグチベアーの最大の特長は、ワーク重量の100分の3程度というわずかな抵抗値で動かすことができる高い性能と、軽量用から重量用まで取り揃えた豊富な製品ラインアップです。

メインボールの直径は、5mmの最小サイズから最大150mm超と種類も多く、荷重も5kg重から1トン超まで対応しています。
軽量用と重量用とでは、その製造工程も異なります。
5kg重からの軽量用についてはプレス加工でスピーディーに仕上げ、使い勝手を重視しています。
一方、ワーク重量500kgを超える重量用については、切削加工を採り入れ、耐久性を損なわないように努めています。

導入・据え付けにあたっては偏荷重や集中荷重を避ける目的から、軽量用は使用荷重の2分の1までを限度に、重要用は3分の2を限度に行なうようにしています。
当社は、定期的にIGUCHI (THIALAND)から商品の研修を受けており、お客様の安全・安心を追求しています。

【井口機工製 ISBイグチベアー 商品例】
① IM型/IM-S型/IM-J型/IM-SJ型(スチール製/ステンレス製/POM(ボール)製)

タイ現地工場で製造している量産プレス製品で、低価格、短納期および日本品質で提供いたします。
主に軽量なワークを移動させるコンベアシステムに使用されています。一番販売数が多いです。
スチール製に加えて、ステンレスカバー、ステンレスボール仕様、POMボール仕様などからお選びいただく事ができます。
使用荷重:3〜30 kgf/29.4〜294N/6.6〜66 lbf

② IS-N型/IS-NMS型/IS-SN型(スチール製/ステンレス製/上向き用)

IS型ボールベアーの優れた特性そのままに、強固なボルトをセットしました。
使用荷重:5〜250 kgf/49〜2,450 N/11〜551 lbf

③ SW型 特殊車輪

コンパクトかつ重荷重を特長とし、耐久性に優れたISB独自のターンテーブル用車輪です。
主にターンテーブル外周車輪に使用されています。クリーンルーム仕様もございます。
使用荷重:100~5000kgf/980~49000N/221~11025lbf

④ ISR型/ISR-S/ISR-D/ISR-T(エアーボールリフタ)

ISBエアボールリフタとは、高精度加工されたボールトランスファーにエアシリンダを組み合わせ、搬送物をエア圧力でテーブル上面から持ち上げ、360°の水平方向に移動および回転させることができます。
経済的でかつ使い易い省力化機器です。主に金型の段取り替え時に使用されています。

⑤ QL-3557/クイックリフターQLシリーズ(タイ国内商品名Easy lifter)

エアーや電気を使わず、レバーを左右に動かすだけで、容易にワークの固定・解放が可能なユニット。
作業台や重量物通過台としても使用でき、オプション品を活用する事でより安全な作業ができます。
タイ国内で設計製作が可能。任意のサイズに対応、低価格、高品質でご提供できます。

タイでボールトランスファーなど、HRDの取り扱い製品(伝導機器、エアシリンダ、FA機器など)に関心をお持ちの方は、お問合せフォームよりご連絡ください。


お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-751-3020

森 Mori
Mobile: +66(0)83-335-7101
Email: hiroyuki.mori@hrd-a.co.jp

上田 Ueda
Mobile: +66(0)6-1386-7112
Email: hiroyasu.ueda@hrd-a.co.jp

Categories