• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 自動倉庫・ピッキングシステム/IHI独自の物流システムで無人化・省人化を実現!【タイ・導入事例】

自動倉庫・ピッキングシステム/IHI独自の物流システムで無人化・省人化を実現!【タイ・導入事例】

01/09/2020
岡本 勇人
Business Development Dept. Deputy General Manager

当社「IHI ASIA PACIFIC(タイ)」は(株)IHIの現地法人として、タイのお客様へ日本品質の物流産業システムをご提供しています。
タイ・ASEAN地域でも物流の自動化・省人化・高効率化を課題とされるお客様が増えるなか、当社ではニーズや予算に応じた完全オーダーメイドの物流システム構築を得意としています。

今回は、徹底した品質管理が要となる冷凍・冷蔵食品の倉庫へ納入した実例をご紹介します。


完全オーダーメイド!
冷凍自動倉庫(AS/RS)×自動ピッキングシステム

顧客:M-SENKO LOGISTICS CO., LTD.
約53,000㎡の敷地に、最新の設備を完備したバンコク最大級の食品倉庫。
国内トップクラスの食品品質管理と全国700店舗を超えるグループ店舗への配送を担う。


お客様が抱えていた課題
冷凍・冷蔵環境下での作業者への負担軽減が最大の課題。
特に、冷凍倉庫内での作業は過酷であり、完全無人化を期待されていた


Solution 1

-25℃に対応する冷凍自動倉庫 (AS/RS) が無人化を実現!

過酷だった作業環境を改善
-25℃ともなる冷凍倉庫で人が作業する場合は、作業者一人あたりが作業できる時間が限られ、多くの交代要員が必要です。極めて低温な環境での作業を自動化することで、作業者にかかる負担が大幅に軽減されました。

在庫管理が正確かつ簡単に
自動倉庫 (AS/RS)には、賞味期限管理・製造年月日・ロット管理などの在庫管理システムが組み込まれています。
コンピューターが在庫管理することで、人的ミスの無い、確実な荷役が可能になりました。

面積生産性が向上
ラックとクレーンが一体となり、天井いっぱいまで高く積み上げることで、保管スペースをフルに活用しています。

▲RGV(自動搬送)システムが自動入出庫を補助している


Solution 2

自動ピッキングシステムにより、省人化と誤出荷ゼロを両立!

誤出荷ゼロを実現
冷凍倉庫から取り出されてからも、食品は常に8℃以下の空間で鮮度を守られています。
今回は、在庫管理システムによって出庫された食材を仕分けるピッキングシステムも納入しました。
ここでも当社の管理システムがヒューマンエラー防止に貢献し、タイ全土にある店舗へミスなく配送するお手伝いをしています。

このようにIHIでは、お客様のニーズにあわせて倉庫内のシステムをトータルにご提案することができます。


お客様の声


M-SENKO LOGISTICS CO., LTD.
榊原 一典 Kazunori Sakakibara / Managing Director

計画時の想定よりも保管する食材の種類が多くなってしまいましたが問題なく管理できており、自動倉庫をはじめとするシステムを採用してよかったと感じています。

IHI社には今後も、日常的なメンテナンスからオペレーションも含めた保守面のサポートに期待しています。
「エンジニア育成プログラム」をはじめ、当社のスタッフへ技術指導をいただく機会がさらに充実することを望んでいます。



自動倉庫 (AS/RS)のほか、物流・保管システムに関心をお持ちの際は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News