• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 「高性能濾過装置フィルスター対談」第2弾!-インダストリア タイランド秘話・前編-

「高性能濾過装置フィルスター対談」第2弾!-インダストリア タイランド秘話・前編-

04/07/2018
サムライ編集部

高性能濾過装置「フィルスター」でおなじみのインダストリア タイランド。タイ進出からアドバイザーとして同社をサポートしてきたのが、クロスロード・キャピタル株式会社 代表取締役社長を務める辻 佳子氏です。
今回、サムライファクトリーではインダストリアタ イランドの後藤氏と辻氏のインタビューを敢行。インダストリア タイランド設立から、苦楽を共にしてきた両氏の対談をお届けします。

クロスロード・キャピタル(株)代表取締役社長 辻 佳子さん略歴

アクセンチュア(株)、デロイトトーマツコンサルティング(株)にて、日本企業のアジア進出に関するコンサルティング業務に携わる。その後も、大手企業のアジア戦略アドバイザーのほか、中小企業基盤整備機構の海外販路開拓シニア・アドバイザーとして、広島を中心とした中小企業のアジア進出支援に従事。2013年9月、クロスロード・キャピタル(株)代表取締役社長に就任。
そのほか、一般社団法人 JEBDA理事、Airport Ground Power (Thailand)MD兼 常務取締役、公益財団法人横浜企業経営支援財団 横浜ビジネスエキスパート、(株)エージーピーの顧問を務めるなど、日本とタイ、アジアで幅広い活躍を続ける。



◆はじめまして、サムライファクトリーです。本日はよろしくお願いいたします。
まずは辻さんとインダストリア様、フィルスターとの出会いのきっかけをお話いただけますか?

辻:こちらこそ、よろしくお願いいたします。
きっかけは、経済・技術交流の取り組みの一環として企画した、TPA*¹の催しを通じてですね。TAMA協会*²の会員でもあり、優れた技術を有されているインダストリア様に白羽の矢が立ち、フィルスターのご説明をいただきました。その際にご参加いただいていた後藤さんと知り合うこととなりました。
TPA内でフィルスターを「ぜひタイで紹介したい」と大絶賛していたところ、インダストリアさんがタイに進出されるという話を伺い、色々とお話させていただいたことを覚えています。

後藤:その後、私がインタストリア タイランドの設立と同時に来タイし、親しくさせていただくことになりました。そして辻さんに色々と相談させていただく内に、弊社のアドバイザーになっていただいたという経緯があります。

◆辻さんはフィルスターにどの様な魅力、可能性を感じたのでしょうか?

辻:私がフィルスターに可能性を感じたポイントは2つですね。
以前、有識者の方々にフィルスターのレビューをいただいたのですが、皆さん大絶賛でした。私個人の思いだけでなく、“本当に良い製品”であることに確信が持てたことが1つ。
もう1つは、お客様にコストメリットを享受いただけることです。私たちはフィルスターを「サポートプロダクト」と定義しています。サポートプロダクトとして「お客様にどの様な貢献ができるか」という点は、非常に重要です。
あと、もう1つ付け加えるなら社長の熱意ですね(笑)。後藤さんはもちろん、本社の高橋社長の製品への情熱、そしてタイに貢献したいという熱い思いがヒシヒシと伝わっていましたから。
一緒に夢を追う、良い機会をいただいたと思っています。

後藤:リップサービスと分かっていても、嬉しいです(笑)。

辻:他にもこんなエピソードもあります。
ある企業でフィルスターのデモンストレーションをした際、皆さん声を合わせて「どうして、ここまでキレイになるんだ?」と驚かれ、質問攻めにあったんです。

後藤:その時は“企業機密”ということで、ご納得いただきました。皆さんに「どうして?」仰っていただき、非常に嬉しかったですね。
フィルスター以外の類似品の場合でも、ある程度までは回収できると聞いています。
しかし、それ以下の不純物は回収できないので、製品不良につながる可能性は否めません。ランニングコストはゼロでも、不良率は改善できないのが実情のようです。
ちなみに、フィルスターは10ミクロンの不純物を98%の精度で除去が可能です。

辻:ここまで精度に差が出るので、フィルスターは自信を持ってお勧めできるんです。

◆フィルスターが絶賛されるのも頷けるエピソードですね。

インダストリア タイランド設立3年目に巡ってきたチャンスとは?次回も引き続き、お二人の対談をお届けします。

 

*¹TPA(泰日経済技術振興協会)http://j.tpa.or.th/index.php
通称ソーソートー。1973 年に元日本留学生・研修生を中心に、タイの経済発展を目的に、日本からタイへの最新技術と知識の移転、普及、人材育成を行うことを目的に設立された非営利団体。

*²TAMA協会(一般社団法人首都圏産業活性化協会)http://www.tamaweb.or.jp/
大手企業の有力工場、研究機関、優れた理工系大学が多数立地し、全国有数の一大産業集積地域である埼玉県南西部、東京都多摩地域及び神奈川県中央部。当該エリアを新規産業創造の基盤として発展させ、我が国経済の健全な発展に寄与することを目的として設立された。
TAMA=Technology Advanced Metropolitan Area:技術先進首都圏地域を指す



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office
TEL:+66(0)2-171-7680

後藤
Mobile:+66(0)98-847-3256
Email:goto@industria.co.th

Line ID : 0806565220


Categories
インダストリア(タイランド)とは?