コンサルタントが教えるタイビジネスのコツ vol.13

01/09/2020
㈱日本能率協会 コンサルティング 寺田 厚

製造現場におけるIoTの活用~(1)

今回はIoTの基本的な考え方と、製造現場において重要なことについてお話しします。

そもそもIoTとは?

 IoTとは「Internet of Things」とされており、「(色々な)モノがインターネットに繋がっている」ことを指します。
 例えば、エアコンが家庭内のワイヤレスネットワークを通してインターネットに繋がっている。外からエアコンを操作できるため、家に着いた時には部屋がちょうどいい温度になっている。ビデオレコーダーを家の外から操作し視聴することができる。さらに、Googleマップに自分の移動経路が記録され、後からどう動いたかが分かる、というのもIoTです。
 インターネットとは、複数のコンピュータネットワーク(家庭内・社内・携帯電話などのネットワーク)を相互接続したグローバルなネットワークのこと。もしこのインターネットという汎用のネットワークが無ければ、これらを実践するのは非常に大変なことです。


3つのIoTと製造現場において大切なこと

 「IoT」には、大きく分けて3つの種類があります。  1つ目は、色々なセンサやコントローラが社内のネットワークに繋がっている状態。(このネットワークがインターネットに繋がっているかどうかは、製造現場ではあまり重要ではありません。)
 2つ目は、モノがインターネットに繋がっているが、その利用者が1人またはごく少人数で、1対1の接続をインターネットを介して行なう場合。先述のエアコンのリモコンの例がこれです。インターネットが固定された2つの間を繋ぐ経路として使われており、グローバルなネットワークかどうかはあまり関係がありません。
 3つ目に、多対多(1対多、多対1を含む)の接続を行なっている場合。スマートフォンはこれにあたります。ビッグデータの解析なども関係する、世間で多くの人がイメージするIoTです。
 この3つの中で、製造現場では上記1を行なうことに最も価値があります。インターネットに繋がっていないのにIoTなのか?という議論はありますが、まずはネットワークに繋がっていることが意味を持ちます。  次回は、上記1を行なうことで、どのようなことができるかについてお話しします。



※JMACでは、様々なモデルやフレームワークを使い、異文化ギャップの問題を解決します。


JMACタイランドは、同地で10年以上のコンサルティング実績を有します。

 



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-168-3037

小田 Oda
Email: jmac_info@jmac.co.th

Categories