• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 中小企業の機械投資を支援する特別ローンなど 多彩なサービスで各企業を支援

中小企業の機械投資を支援する特別ローンなど 多彩なサービスで各企業を支援

02/09/2019
サムライ編集部

経済のグローバル化が進み、タイを取り巻く国内外の状況は刻々と変化している。そして、タイ企業、外国企業ともに現在と将来、両方を熟考したうえでの舵取りを迫られている。企業が現状を打開し、将来を切り拓くとき銀行の役割は重要だ。今回の特別インタビューではSAMURAI編集部が、カシコン銀行Senior Executive Vice Presidentのウィーラワット・パンタワンクーン氏にタイ経済の状況、ならびに、各産業をサポートするカシコン銀行の戦略とサービスについて話を伺った。

Q. 現在のタイの経済状況についてどのような見解をお持ちですか?

2019年下半期のタイ経済は、製造業・BtoB企業にとって注意が必要になるでしょう。というのは、複数の内部要因により各種事業に関する許認可が下りづらい状況になっているからです。しかし、経済成長率の視点では、公共事業、農産物の収益保証、及び干ばつ緩和策といった新政府の経済刺激策により、上半期に比べ上昇するでしょう。また、2020年度の国家予算は承認の遅延が予測されますが、2019年の経済刺激策の成果が順調に出れば、今後の経済への影響は少ないでしょう。

カシコンリサーチセンターの予測によると、2019年全体のタイの経済成長率は約3.1%で、2018年に比べ減速します。今後の経済動向を予測する際は、政府の安定性と経済政策に関わる法案への影響を注視する必要があります。また、長期化の様相を呈する米中貿易戦争、イギリスのEU離脱、及び米国とイランの対立による世界の石油価格の変動などは、いずれもタイの輸出相手国の購買力に影響を及ぼします。

タイバーツについては、高値での動きが続いています。高値の要因は主に2つ、①アメリカの連邦準備銀行(FED)が去る7月30〜31日の会議において金利を引き下げ、年内に少なくとも更に1回は引き下げを行うであろうと市場が予測していること。②タイは高水準の外貨準備と経常収支の黒字によりバーツが安全性の高い通貨として評価されていることです。バーツ高はタイの価格競争力に影響を及ぼし、農業製品や食品など国内原材料を使用した輸出向け商品や、割安な旅行を好む外国人旅行者を顧客とする観光業などへの悪影響が懸念されます。

最低賃金に関する懸念について、政府が公約に基づき最低賃金を引き上げた場合に影響を受ける事業とは、製造業などの労働集約型の事業です。最低賃金は近隣国からの外国人労働者にも適用されます。したがって、大きな影響が予測される産業に属する企業は、しっかりとした準備を行うか、自動化技術などの導入による省人化を検討するべきと考えます。

Q. カシコン銀行は、製造業・BtoB企業の支援に関してどのような方針を持っていますか?

カシコン銀行は、企業への包括的な財務支援や、投資や事業改善を希望される事業者などあらゆる方にビジネスローンなど、様々な財務サポートをしています。例えば、中小企業向けには機械投資をサポートするためのソフトローンサービスを行っています。金利は契約期間を通して4%の固定、ローン限度額は最大5,000万バーツとなっています。2020年6月18日までご利用可能です。また、輸出入ビジネス向けのローンは、為替変動リスクを軽減する条件を含むものとなっています。それぞれの事業内容に即したサービスを提供することで、事業者の安定的な事業運営を支援しています。

また、当行は事業運営の効率向上のためのサポートも行っています。例えば、「K SME Good To GREAT (優れたビジネスへのアップグレードプロジェクト)」は、自動車産業、食品、化粧品産業向けの支援サービスです。当行が提携先と共同で開催しているもので、中小企業の事業運営の効率向上をサポートするものとなっています。少しでも中小企業を支援できればと考えています。

その他にも各種ビジネスに必要な知識などをセミナーという形で提供しています。例えば、「K SME Accounting and Tax Day」は、事業税に関する会計セミナーです。 また、カシコンリサーチセンターにより毎月発行されているオンラインマガジン「K SME Inspired」には中小企業や起業家向けの情報が満載です。そして、当行が運営するFacebookページ「 K SME」でも有益な情報を配信しています。ぜひ、当行の情報をご活用ください。


Senior Executive Vice President
Mr. Wirawat Panthawangkun
カシコン銀行に入行し、債務再編部のディレクターに就任。その後、 販売・サービスチャンネル管理部のディレクター兼シニアディレクター、アシスタントマネージングディレクター、エグゼクティブバイスプレジデントを経て、現職は シニア・エグゼクティブバイスプレジデント。


KASIKORNBANK PCL
Tel. +66(0)2-888-8888
Email. info@kasikornbank.com



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。