• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【空圧機器・省エネ】 コガネイ(タイランド)新旧社長対談!タイにおける自動化・省力化提案を強化

【空圧機器・省エネ】 コガネイ(タイランド)新旧社長対談!タイにおける自動化・省力化提案を強化

23/08/2019
サムライアジア編集部

タイで各種空圧機器の販売・アフターフォローを行うコガネイ(タイランド)。
2014年より社長を務めてきた渋沢氏に代わり、2019年10月に新社長の就任が予定されている。
今回は、新旧社長にお話を伺った。

左:渋沢 敏(しぶさわ さとる)氏 
1998年、株式会社コガネイ入社。東京営業所他で長年営業経験を積み、2009年12月にタイ赴任。
2014年10月社長に就任。2011年の大洪水や産業構造の変化など逆境に揉まれながらもコガネイ(タイランド)を成長に導いてきた。約10年のタイ勤務を経て2019年10月帰任予定。

右:舩山 泰史(ふなやま やすふみ)氏
2006年株式会社コガネイ入社。北関東営業所(大宮)にて営業を担当。その後宇都宮出張所の立上げを経て2019年4月にタイ赴任、10月に新社長に就任予定。
タイで生まれ、アメリカでの幼少時代を経て再びタイへ。中学校卒業まで約5年間をタイで過ごし、今回3度目のタイとなる。「名前の『泰』は泰国(タイ国)にちなんで両親がつけてくれた」という。


電子部品・ハードディスクから自動車産業へ。コガネイ(タイランド)が直面した逆境と挑戦

約10年のタイ駐在期間を振り返って
渋沢:私がタイに来た2年後の2011年に大洪水があり、それを機に会社を移転しました。また、合弁会社を解消して独資の申請手続きをしたり、BOIを取得したりと、手続き関係では非常に苦労しました。
ですが、ここ数年でようやく会社の体制が整ってきたと感じます。直近2年程は社員も辞めず、皆頑張ってくれています。

市場の変化は感じますか?
渋沢:
コガネイ製品は「小型」を売りにしているため、元々ハードディスクや電子部品業界を得意としていました。しかし、大洪水を機に、お客様が「タイだけに工場を持っていると危ない」と考えて国外に工場を移転したり、リスク軽減のために電子部品以外の分野にも手を広げたりという変化が起こりました。
結果、電子部品やハードディスクの生産が段々減少し、当社もタイで最も大きな産業である自動車産業に入って行かざるを得なくなりました。

大きな産業構造の変化により、得意としていたお客様が縮小していく中で、会社の成長を維持することはとても大変でした。でも、お客様や社員のおかげでここまで来ることができました。


空圧機器でタイの自動化・省力化を促進!コガネイ(タイランド)のこれから

今後のタイ法人の展望について
渋沢:今後は「小型である」ということだけでなく、当社機器が持つ「自動化」や「省力化」のメリットをよりお客様に理解して頂きたいと思っています。
また、舩山新社長には、このタイミングでタイに来たからこそ見える改善点や視点をどんどん取り入れていってほしいです。私は長くタイにいた分、発想が固まってしまっている部分もあると思うので。

舩山:現在の体制から、売上も含めてどれだけ会社を良い方向に伸ばせるかが私の使命だと思っています。
また、日本だと分からないことを開発チームに頼ってしまったりしますが、タイに来たからにはある程度のことは自己完結・解決して、柔軟にお客様の声に応えられるように自分自身もスキルアップを図っていきます。


コガネイの省エネ提案!除塵能力も向上しつつ圧縮空気を50%削減する優れもの「パルスブローユニットPAUシリーズ」

お勧めの製品を教えてください。
舩山:省エネ活動を進めている企業様にお薦めしたいのが、「パルスブローユニット PAUシリーズ」です。
ご使用のエアガンに取り付けるだけで、圧縮空気を大幅に削減することができます。

<PAUシリーズの4つのメリット>
●電気不要
●取り付けるだけで圧縮空気を約50%削減!→コンプレッサの電気を節約し、利益確保に貢献
●対象物に断続的に衝撃を与えることで除塵効率アップ!
●負担なく、誰でも簡単に取り付け&取り外し可能


これから、コガネイはタイで省エネ提案を更に強化していきます。空圧機器を通した自動化・省力化に関心をお持ちの際はぜひご相談ください。

タイで空圧機器をお探しの方は、下記のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

【コガネイの取り扱い製品】
・空気圧機器
・エアシリンダ/エアハンド
・エアバルブ
・フィルターレギュレータ
・真空機器
・電動アクチュエータ
・ショックアブソーバ



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。