• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 電磁弁エアバルブ/タイ人ユーザーが感動したコガネイの製品とサービスとは?

電磁弁エアバルブ/タイ人ユーザーが感動したコガネイの製品とサービスとは?

30/10/2020
サムライアジア編集部

コガネイは、1964年に日本でエアバルブの製造を開始した空圧機器のリーディングカンパニーだ。 タイの現地法人であるコガネイ(タイランド)は、空圧機器(エアシリンダ、エアハンド、エアバルブ、フィルタレギュレータ、真空機器)を販売し、日本同様の品質とサービスをタイで提供する。

本稿では、同社のエアバルブを使用しているムラモト・エレクトロン(タイランド)社のエンジニアにコガネイの製品および顧客サービスについてレビューしてもらった。

他社のエアバルブと比較して、問題が一切起こらないのがコガネイの製品

ムラモト・エレクトロン社(通称METCO)は、1987年にタイで設立。主に電子製品の製造・組立を行なっている。製造技術部のSorakrich氏とChokdee氏は、9年以上勤務するベテランエンジニアだ。

▲Sorakrich Buakalee氏(左)Chokdee Uaiporn氏 (右)

高品質な電子製品を製造するための重要なポイントは大きく2つあると、2人は語る。 「品質の高い製品をつくるには、①熟練したエンジニアの存在、②生産に用いる機器の選択が重要です。品質の良い機器は、品質の良い製品を生み出すだけでなく、生産時間の削減と生産効率の改善にも貢献します。」

高い技術力をもつベテランエンジニアは、その仕事を支える機器に高いレベルを求めている。

▲同社が選んだエアバルブ、電磁弁Fシリーズ



Sorakrich氏は、キャリアの中で様々なメーカーのバルブを使用したが、耐久性がなかったり、メンテナスに手間がかかったりという様々な問題に直面した経験をもつ。しかし、コガネイのバルブは「他社のエアバルブのような問題が一切起こらない唯一のバルブ」とその使用実績を語ってくれた。

Chokdee氏も同様に「コガネイのバルブは他社製品と比べて耐久性に優れ長期の使用が可能。METCO社の機能要件を満たしている上に、使いやすい」と評価する。 また、優れた耐久性だけでなく、メンテナンスも容易で、その清掃にほとんど時間をかけることなく使用し続けているそうだ。

タイ人顧客が感動する日本と同様のサポート体制

製品の品質の他にMETOC社の2人が感銘を受けたものがコガネイのサポート体制だ。

「コガネイは、営業スタッフが顧客を常時サポートする体制を整えている。私たちが疑問や困り事を抱えているときは、問題を一緒に解決してくれる」と、そのサポート力に信頼を寄せる。 コガネイの営業スタッフは、お客様の生産現場への配慮を欠かさない。生産工程を止めることなく問題を解決することを考え、お客様の生産性を向上させる。サポートに対する考え方にも他の空圧機器メーカーとの違いが明確に表れている。

「他の生産機器のメーカーを変えることはあっても、エアバルブをコガネイから変えることはない」という2人の言葉が非常に印象に残った。

タイで空圧機器(エアシリンダ、エアハンド、エアバルブ、フィルタレギュレータ、真空機器)をお探しの方は、問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-513-1228~31

舩山 Funayama
Mobile: +66(0)9-2279-4373
Email: funayama@koganei-corp.com