タイでも空圧機器と言えばコガネイですよね?

14/09/2018
クッキー君

皆さん、こんにちは。僕はコガネイ生まれのクッキーくんです。今回、僕がコガネイを皆さんにご紹介することになりました。重大任務でドキドキですが、コガネイの良さを分かりやすくアピールしていきます。よろしくお願いします!


「コガネイ」は1934年、東京都小金井市で誕生したメーカーです。創業80年以上の歴史を持つ企業で、空気圧の技術で、製造ラインの自動化と省力化に貢献している業界のパイオニア的存在なんです!
コガネイタイは、タイの生産設備のニーズの高まりを受け2006年、現地法人が設立されました。現在のマネージングダイレクター(以下MD)の渋沢は、「タイに拠点を作ったことで、より細やかなサービスが可能になりました。日本の営業レベルと同等のスキルを持つタイ人スタッフも育っており、日本と同じサービスが提供できています」と嬉しそうに話しています。


でも、最近は日系企業だけでなく、ローカル企業も競合相手になって、価格で押されることもあるんだって。でもコガネイは、あくまでクオリティで勝負しているんです!クオリティって、お客様にご利用いただいて、はじめてわかる部分もあると思うんだ。時間はかかったけど、9年前から売上は4倍以上になったんだって。これって、品質の良さを理解頂けたからですよね!
タイでも「高品質のコガネイ」が浸透して、僕もうれしいな。


渋沢MDも、「製品寿命が長く、コンパクトで使いやすいコガネイの製品を一度ご利用頂ければ、その商品価値をご理解頂けると思います」と太鼓判を押してるよ。他にもコガネイの強みはあって、ニッチ製品の開発にも注力しているんだ。


例えばヒトの腕や手、指に代わる働きを担うエアシリンダについて紹介するよ。エアシリンダは、シールの摩耗とともにサイクルタイムが変わるという弱点を持っているけど、これを自動監視、自動補正し、寿命予測までできるシステム「iB-Flow タクトタイムコントローラー」を開発したんだ。ほかにも、エア配管内のドレンを取り除く「iB-Cyclone」も、メンテナンス不要の画期的な製品なんだよ。


さらに、シングルとダブルの切り替えがワンタッチででき、2種のチューブサイズを1つの継手で使用できる「ソレノイドバルブFシリーズ」なども、利用者のニーズを反映させた優れモノ!お客様からも高い評価を頂いています。
その他にも、静電気除去装置のイオナイザーや電動機器まで、ラインアップは幅広いんだよ。

これからもコガネイのニュースを発信していくよ。では、またお会いしましょう!


コガネイタイ、2018年10月新事務所に移転
皆さま、はじめまして。空圧機に関する様々な製品を取り扱っているコガネイタイのMD渋沢です。最後に弊社のニュースを紹介させてください。
弊社は2018年10月、新事務所に移転します。


<新住所>
555 Rasa TowerⅠ, Unit1207,1202, 12th floor, Phaholyothin Road, Chatuchak, Chatuchak, Bangkok 10900 Thailand

Tel. +66(0)2-513-1228-31
Fax. +66(0)2-513-1232

自動車業界のお客様にも、更に質の高いサービスをご提供していきたいと思っています。今後とも、よろしくお願い致します。