Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 39 [image_url] => company-39-20220418_Koyo_Magazine_Banner_1.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイ・オーバーホール事業強化のために降臨!
    日本の匠が語る、オーバーホールの「ここが凄い!!」

タイ・オーバーホール事業強化のために降臨!
日本の匠が語る、オーバーホールの「ここが凄い!!」

20/05/2021
岡田 伸明
光洋機械工業株式会社 生産部組立課課長

本社(光洋機械工業株式会社)からタイに来ました 岡田 伸明(おかだ のぶあき)と申します。

当社の工作機械は、東南アジア地域で1,000台以上使用されています。
それらの機械の約40%は生産から15年以上経過し、今オーバーホール(以下OH)の時期を迎えています。

当社は2015年よりタイ国内でオーバーホール事業をスタートさせ、2019年に専用の自社工場を立ち上げ、OH事業に力を入れています。
私の役割のひとつが、OHの体制強化です。


オーバーホールのノウハウをタイ人スタッフにしっかりと伝える


▲ユニットごとに分解した部品を分ける

OHの作業工程としては、まず当工場に持ち込んだお客様の機械を分解(バラし)します。
このバラす過程では、注意する点が3つあります。

① 各ユニットの部品を混在させない
② 機械にストレスを与えないよう丁寧な分解を心がける
③ 重要部品の水平・垂直・平行の基準面の修正方法を決め、復元する


①は、バラした部品をユニットごとに仕分けすることです。
カスタマイズされたユニットは、客先別の部品があり、各ユニットごとに仕分けしておかないと復元の工数が増える上、組立ミスなどの失敗の原因となります。
このようなミスを防ぐために、当社のナショナルスタッフは仕分けをていねいに実施します。

②は、繊細な部品が多く、使用状況を把握するため、ていねいに分解することが重要です。

③の基準とは、ユニットの中心となる部品の水平・垂直・平行を復元することです。
もともと新品の機械は、水平・垂直・平行の精度は正確に調整されているのですが、使用していくと精度は変化していきます。その状況が分解するとわからなくなってしまいます。
基準になる部分の精度を計測し、その修正方法と狙い値を決めていきます。


▲ワークスライドの状態をチェック

例えば上の写真のワークスライド(砥石の切り込みスライド)ですが、使っているうちに摩耗し、精度が悪くなっていきます。スライドの摩耗は、ワークの加工精度に大きく影響します。

各部分の厚みを計測して、計測値を記録します。


▲ワークスライドの凹みをピックテスター(ダイヤルゲージ)で計測する

▲ワークスライドの表面に数値を記入し、復元方法を決めていきます
(この場合は、基準面の精度が良くなかったので、平面研削加工→きさげ加工で修正します)


オーバーホールの要(かなめ)! 匠の技の『きさげ加工』


▲きさげ加工を施すOHのナショナルスタッフ

きさげ加工とは、機械加工精度では出せない平面精度をさらに手作業で上げていきます。
また平面精度が高い部品が二つ合わさると、潤滑油が入らず、固着や焼きつきが起きて停止してしまいます。 その平滑面に専用の鑿(のみ)で細かい窪み(油だまり)をつけることです。
つまり、平面の精度を上げ、さらに摩擦が起こりにくくすることを『きさげ加工』と呼びます。

きさげ加工は機械加工の精度を超える繊細な作業で、研削盤では欠かせない職人の技となっています。
「きさげの良し悪しで機械の出来が決まる」とも言われていました。

光洋機械工業タイでは、この高度な技術を持ったナショナルスタッフがOH作業にあたります。


▲光洋機械工業タイ・オーバーホール工場のナショナルスタッフ

当社の工作機械は、メンテナンスをしっかり行ないながら使用すれば20年保ちます。
OHをすることによって、もう20年使うことができます。

タイでのオーバーホールは、光洋機械工業タイにお任せください。


岡田 伸明 Nobuaki Okada
光洋機械工業株式会社

工作機械・メカトロ事業本部 生産部 組立課 主担当

1988年 光洋機械工業株式会社に入社
     生産部・組立課にて研削盤の組み立てに従事
2016年 エキスパートとして後輩の指導者に従事
2020年 各現法法人の指導を開始(タイ・アメリカ・中国)
2021年 4月〜OHの体制強化のため光洋機械工業タイでもフォロー指導開始
    (安全・品質向上・技術向上・生産性向上の指導)


タイで工作機械のオーバーホールやメンテナンスが必要な際は、問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)38-086-911~5

西岡 Nishioka
Mobile: +66(0)89-244-4514
Email: nishioka@koyo.co.th

Categories
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。