Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 154 [image_url] => company-154-legasys-slider2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 今こそタイ製造業にディープラーニング導入のチャンス!
    レガシスが、高付加価値のデータ活用を支援します。

今こそタイ製造業にディープラーニング導入のチャンス!
レガシスが、高付加価値のデータ活用を支援します。

02/07/2021
真屋 明典
President Certified TensorFlow Developer

レガコーポレーションは、FLIR(米国)、HIOKI(日本)、Testo(ドイツ)、Nti(スイス)等の一流計測機器メーカーの正規販売代理店として、タイで10年以上の実績を持っています。
計測器販売事業から始まった当社ですが、お客様にさらに高い価値をお届けしたいという思いから、システム開発事業部レガシス(LEGASYS)を設立し、AIやシステムの開発にも注力しています。


ドリルでなく「穴」?計測器でなく「データ」?!
機能品を買う人が本当に求めるものとは


突然ですが皆さん、ドリルを購入する人は、本当は何が欲しいと思いますか?
ドリルを買う人は、ドリルそのものではなく、ドリルで空ける「穴」が欲しいのです。


計測器も同じです。
お客様は計測器自体ではなく、正確に計測されたデータが欲しいのです。
だから、私たちは計測器そのものではなく、価値あるデータを提供しなければならない―。
これは、計測器販売において常に感じることであり、今では私たちの信念にもなっています。


IoT時代到来!
データ活用ニーズの高まりとレガシス設立


従来の計測器販売事業では「データ収集」のプロセスの“ごく一部”しか担うことができません。“お客様の求める価値”への貢献は限定的です。
そのため社内には「もっとお客様の役に立ちたい」という思いがどんどん募っていきました。

一方、世界ではビッグデータに注目が集まり、IoTの時代が到来しました。
製造業もデータをたくさん集めれば、ディープラーニング(深層学習)に使用することができる。
そのために、「とにかく様々なデータを集めたい」というニーズが高まりました。


タイでも各方面からデータ収集について様々なご相談をいただくようになりました。
当社は計測器事業の知見から色々とご提案しましたが、どうもうまくいきません。
結果、「計測器を販売しているだけでは、お客様に提供する価値を高めることはできない」と判断しました。
そして、「お客様満足の向上を目指して、自分たちでシステムを開発しよう!」と決断したのです。これがレガシス(システム開発事業部)誕生の経緯です。


タイの製造業にもデータの高度活用を!
AI・システム開発でより高い価値をお届けしたい


現在、タイの製造業(工場)や中小企業のオフィスでは、AIやIoTは殆ど利用されていません。
つまり、今後自動化を進めることで「より正確に素早くデータを収集する」、「データの連携をする」、「稼働を見える化する」などの業務改善の余地がまだまだあるのです。


「こんなことはできないか?」等、漠然としたご相談でも構いません。お気軽に当社にお声がけください。
レガシスは、AI開発・システム開発によるデータの高度活用で、必ずタイの製造業の皆様のお役に立てると信じています。


▲レガシス事業部スタッフ一同

真屋 明典 Akinori Maya (写真前列中央)
小学生の頃はサッカーをする傍らパソコンクラブに所属。(Windowsもない時代)
中学生のころに起業家を志望、26歳までに実現すると決意し、大学卒業後カナダへ留学。
英語も中途半端なままインターン生として現地企業に入り、
1年間鍛えられるも就職は叶わず帰国。
帰国後、メーカー勤務を経て27歳でLEGA Engineering Co., Ltd.(現 LEGA Corporation Co., Ltd.)を創業、代表取締役に就任。その後、順調に事業を拡大し、LEGAの出資する合弁企業である工具メーカーTASCO (THAILAND) CO., LTD. の代表取締役を兼務。
現在はレガシス事業部でAIシステムの研究開発に没頭。
2021年にGoogleが開発するTensorflowの認定資格を取得。

タイでAI開発、システム開発にご関心をお持ちの方は、下記フォームよりレガシスまでお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News