Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 80 [image_url] => company-80-Artboard 11.png [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 80 [image_url] => company-80-Artboard 8.png [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 80 [image_url] => company-80-s3.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイFA技術の粋がここに結集! EEC オートメーションパーク(e-F@ctory モデルライン)

タイFA技術の粋がここに結集! EEC オートメーションパーク(e-F@ctory モデルライン)

31/08/2021
Dr. Nayot Kurukitkoson
Assistant Professor

EECオートメーションパークは、チョンブリ県ブラパー大学の敷地にある、東南アジアで最も先進的な学習ネットワーキングセンターです。先進国入りを目指すための産業高度化政策『タイランド4.0』を推進するタイ政府と、三菱電機のタイ法人・三菱電機ファクトリーオートメーション(タイランド)(以下、MELFT)が2019年に共同開設に関する覚書を締結し、その第1弾として2020年にFA-IT統合ソリューション『e-F@ctory』のモデルラインが建設されました。

オートメーションパークの冠・EECとは、東部経済回廊と呼ばれるチョンブリ・ラヨーン・チャチュンサオの3県にまたがる経済特区(SEZ)のことです。この施設は、タイの工業に関する専門人材の育成と、最新ITソリューションが結集したタイ国内にある製造業向けのショールームとしての機能を担っています。


EECオートメーションパークとは?


▲MELFTと協力会社による『e-F@ctory』のモデルライン正面

EECオートメーションパークのコンセプトは「訪れる人々がタイ・インダストリー4.0について真に学び、理解するための、FAの分野における学習ネットワークセンターになること」です。
当施設は『インダストリー4.0オートメーション』のリーダーであるMELFTをはじめ、政府機関・民間機関・教育機関を含むすべてのセクターからの惜しみない協力があります。そして『e-F@ctory』モデルラインや学習施設を持つ大規模なセンターであるため、人材育成の重要な拠点となることを目指しています。

▲EECオートメーションパーク内のコワーキングスペース(ホームページより)

現在、協業しているパートナーは3つの部門に分かれています。

①政府部門:タイ・ドイツ研究所、MARA研究所、産業振興センター 等
②民間部門:三菱電機FA(MELFT)、株式会社ダイフク、マイクロソフト株式会社、株式会社TRUE 等
③教育機関:カセサート大学、チョンブリ工科大学等の様々な職業教育機関

当施設は、高等教育や職業教育等、多くの教育機関から協力を得ています。今後は、小学校や中学校等の一般教育機関と協力して、幼少時からFA分野について学び、自分自身の能力を知るための人材育成を始めていきたいと思います。

▲『e-F@ctory』モデルライン

EECオートメーションパークの今後の展開


EECオートメーションパークの今後の展開は、大きく分けて2つあります。

①タイのローカル企業との協力を拡大
タイ国内だけではない、世界に通用する企業になるために、適切なシステムインテグレーター(SI)を提供します。

②フェーズ2として、施設を拡張
代理店等の企業のスタッフと起業家が話し合い、知識や情報を交換するための作業スペースを増設する予定です。タイが製造業の発展のために、教育と研究のカリキュラムの開発に役立てていきます。
『e-F@ctory』モデルラインは、工場の自動化ソリューションであるAS/RS(自動化倉庫)デモ施設を建設中で、2020年の夏以降にオープンを予定しています。

MELFTのような良いパートナーのサポートがあり、総合的な学習センターを構築することができて、とても感激しました。この経済危機の真っ只中に、日本からの助けに感謝しています。


Dr. Nayot Kurukitkoson
Assistant Professor


現ブラパー大学工学部長および副学長代理
1998年 ロイヤルタイの政府奨学金を受け取り、オーストラリアへ留学
2004年 帰国し、ブラパー大学で教鞭を取る

EEC Automation Park
Faculty of Engineering, Burapha University
169 Long-Hard Bangsaen Rd., Saensook District,
Muang, Chonburi, 20131, THAILAND

EECオートメーションパークの『e-F@ctory』モデルラインに関するお問い合わせは、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

三橋 Mitsuhashi
Mobile: +66(0)89-876-1232
Email: Mitsuhashi@mitsubishifa.co.th

堀田 Hotta
ビジョン(画像処理)担当
Mobile: +66(0)93-579-8652
Email: Hotta@mitsubishifa.co.th

Categories