• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイで日本品質の研削砥石を生産!お客様のニーズに柔軟に対応するMGT

タイで日本品質の研削砥石を生産!お客様のニーズに柔軟に対応するMGT

17/09/2018
サムライ編集部

三井研削砥石の子会社「ミツイ・グラインディング・テクノロジー(タイランド)、以下MGT」 は、タイにおいて20年以上の納入実績を誇る大手研削砥石製造会社です。タイでも、日本同様の製造技術で迅速に対応し、エンジニアチームによるコンサルティングも好評です。今回は、サムライ編集部がMTGを支える優秀なタイ人セールス・エンジニアチームに話を伺いました。

MGTの優秀なタイ人セールス・エンジニアチーム
MR. SUTTHISAK YOTHONGYOT (Sales Engineer Manager) 15 years
MR. RAGCHART SANKHAM (Sales Engineer) 6 years
Miss PREEYANUCH PODANG (Sales Engineer) 5 years
MR. NOPPANAN TANABORRIBOON (Sales Engineer) 2 years


★今日はよろしくお願いします。
早速ですが、御社はタイにおける研削砥石業界の先駆者として知られていますが、会社の実績を支えているMGTタイ人セールス・エンジニアチームの業務内容を教えていただけますか?

入社15年、リーダとして活躍するスッティサック氏。


スッティサック:弊社は研削砥石を製造しています。取引先は、日系企業を中心に、ASEANやASEAN以外の国にも広がっています。
セールス・エンジニアの仕事は、簡単にいうとテクニカルサービスです。ローカル企業はもちろん、海外の顧客にも対応しています。ローカル企業に関しては、代理店と同行して、製品の提案、販売、アフターサービスを行っています。
私のチームは、販売前のサービスとしてお客様のご要求に応じた品質が出せるためにお客様の現場を調査したり、テスト品を作ります。また採用後のアフターサービスを行っています。


★ユーザーが抱えている課題など、顧客のニーズに応える製品を開発するために、他社に負けないMTGの強みは何ですか?

MGT6年目、セールス・エンジニアチームのラックチャート氏


現在、弊社は自動車業界を中心に様々な業種の顧客に1,000品目以上の砥石を提供しております。様々な異なるお客様のニーズに応えるために、高品質の砥石を設計し製造しております。


メンバーの中で唯一の女性エンジニア、プリーヤーヌット氏はMGT5年目。


プリーヤーヌット:例えば、タイで必要な部品を、日本などの海外から取り寄せると、到着するまで時間がかかりますよね。我々MGTは、タイに工場があり、品質も日本と同じです。タイ国内から送ることができるので時間もぐっと短縮されます。それに、製品使用時に問題が発生した時は、弊社スタッフがすぐに対応いたします。海外からの取り寄せですと、そうはいきません。お客様のすぐ近くで、開発からアフターサービスまでを提供できることは、他社にはない強みかと思います。

スッティサック:それに、MGTの製品は寿命が長いため交換コストを削減できるんですよ。これは、タイ工場が日本と同じ製造基準で作業し、品質向上に取り組んでいる結果です。

ラックチャート:このように、タイ、アセアンの顧客に寄り添ったサービス、迅速な対応、そして品質が弊社の強みと考えます。


★いつでも対応できる身近なサービスですね。

スッティサック:製品トラブルのご相談は、24時間いつでも対応しています。夜間は、夜勤スタッフが対応しており、夜9時頃に連絡が入ることもあります。

入社2年目のノッパナン氏


ノッパナン:また、弊社サービスの強みの一つとして、顧客にトレーニングを行っていることがあげられます。製品の正しい利用方法、製品の仕組みをお伝えすることで、製品寿命が延び、より効果的な利用方法などをご理解いただけます。トレーニングは無料で行っており、1日に数時間や数日間コースなど顧客のご希望に沿ってプログラムいたします。

また、製品の生産過程をお知りになりたい方は、工場を見学していただけます。ハイレベルな生産現場をご覧になりたい場合、海外まで視察に行かなければならないことも多いと思います。しかし、弊社の工場にお越しいただければ、海外に行く必要なく、日本レベルの技術をお見せできます。この技術力をタイでお見せできるのは弊社だけだと思います。
ご興味をお持ちの方は、ご案内させていただきます。


★MGTは、他社には真似できないサービスを提供されていますね。では、製品についてはいかがですか?

スッティサック:タイで研削砥石の製造実績は20年以上です。日本本社は70年以上の歴史を持っています。精密研削砥石の研究・開発は本社のR&Dセンター(研究・開発センター)で継続的に行っています。弊社製品を安心してご使用頂くために日々努力を重ねています。弊社の市場シェアの高さは、日々の努力がお客様からの信頼につながった証だと思っています。

品質を厳しくチェックする工程の一つ


スッティサック:弊社の主な顧客は、オートメーション業界ですが、景気の影響やマーケット戦略を鑑み、新しい業界を開拓することも重要です。現在は、農業の要望に応える新製品として、精米加工用の研削砥石の研究開発を行っています。農作物が豊かなタイ向けの製品です。他にも、食品加工産業向けとして、肉を切る包丁の刃を研削する砥石も開発しています。今後も様々な業界・組織や連携して、弊社の製品とサービスを幅広い市場に広げていきたいですね。

プリーヤーヌット:お伝えするのが遅くなりましたが、弊社の製品は受注生産です。オーダー時に、必要なデータをお客様からいただき、研削砥石を作り上げていきます。ですので、弊社の製品はどの機械にも使用できるものではありません。逆に言うと、複雑な要望にもお応えできるということです。

工場見学をご希望でしたら、いつでも対応いたします!

海外に行かず、タイで世界レベルの工場を見学できます


スッティサック:弊社製品の導入を検討いただきながらも、不安を捨てきれずにいらっしゃる方は、ぜひ弊社工場にいらしてください。私にご連絡いただけましたら、日程を調整してご案内いたします。ご連絡お待ちしております!

★MGTのセールス・エンジニアチームの皆さん、ありがとうございました!


ミツイ・グラインディング・テクノロジー(タイランド)の
工場の見学について

問い合わせ:+668-1945-6046 スッティサック氏(タイ語)