• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 自動化設備・装置『工程連結ガントリーローダー』導入事例

自動化設備・装置『工程連結ガントリーローダー』導入事例

27/03/2018
武井 信彦
PRODUCTION MANAGER

私たち宮澤マシーンは設備メーカーとして、多くの自動化設備・装置の設計、開発を手掛けてきました。今回、当社がこれまでに行った自動化設備のソリューション提案の中から「工程連結ガントリーローダー」の納入事例を紹介いたします。

工程連結ガントリーローダーは、素材ストッカー⇒旋盤工程①⇒ワーク反転⇒旋盤工程②⇒エアブロー⇒洗浄機 までを行う自動化設備として好評をいただいております


今回ご紹介させていただく「工程連結ガントリーローダー」の納入事例につきまして、実際に下記のようなリクエストをいただいておりました。

お客様からのリクエスト

  • ・新工場建設に伴い、目玉のひとつとして新規自動化設備を3ライン導入を検討したい。

  • ・自動旋盤2台(工程1・工程2)への素材供給から洗浄機への供給までを自動化することで、省人化し休憩時間中もラインを止めずに安定生産したい。

  • ・何かトラブルが発生しても、ライン停止時間を極力減らすために現地サポート可能な所から調達したい。

  • ・可能な限り予算を抑えるため、3工程を1本のローダーで対応したい。

お客様からのリクエストに対し、私たちが提案したソリューションは下記の通りです。

 

宮澤マシーンからのソリューション提案!

  1. 1. 自動ラインの先頭に、1時間ほど稼働出来る分の素材を収納するストッカーを設置。休憩時間中もラインを止めることなく安定した生産を可能にしました。

  2. 2.『ストッカーからガントリーローダーで素材を工程①へ搬送』 → 『ローダーで工程①が完了した素材と未加工素材を交換』 → 『工程①完了品を工程②へ搬送、途中に素材を反転させローダーハンドで持ち替え』 → 『工程②にて素材交換し完成品を洗浄機へ挿入』 → 『先頭のストッカーに戻す』、といった一連の流れを約1分で完了させる事が可能となり、工程、作業時間を大幅に短縮。生産効率の向上に貢献します。

  3. 3. 自動旋盤での素材着脱時や搬送時に素材にキズを着けないよう、素材に付着した切りくずをエアブローで除去する機能をサイクルタイムに影響が出ないように追加。品質の向上および、トラブルを未然に防ぎます。

工程連結ガントリーローダー納入・設置の様子。大型設備となる為、お客様の工場内に機械やフレームを搬入後、組立て、微調整という流れになりました。

 

納入後の声
新工場の目玉設備の一つとして納入させていただくということで、新工場のお披露目までにラインを設置しなければならず、スケジュールは多忙を極めました。スタッフ全員が一丸となり取り組んだことで、予算、納期を含めお客様がご要望された内容をほぼ解決に導くことができ、特に自動化、作業工程・時間の短縮という面においては、喜んでいただけました。

また、お客様が初めてのガントリーローダー導入ということで、使い方など不安も多かったようですが、弊社スタッフが操作指導やメンテナンスを含めたアフターサービスを行うことで安心してお使いいただいております。


今回ご紹介させていただいた事例以外にも、私たち宮澤マシーンは設備メーカーとして、お客様の製造現場に最適な自動化・省人化設備の提案をさせていただきます。もちろん、設計開発から納入、アフターサービスまで、日本人スタッフが担当いたします。

自動化設備・装置の導入をご検討の方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。


宮澤マシーン(タイ)
TEL: 038-468-410
FAX: 038-468-414
Mobile: 081-940-0229(武井)