Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 159 [image_url] => company-159-slider1.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
製品情報

ろう材

「ろう材」は、金属同士を接合する「ろう付」の際に、接着剤の役割をする金属材料です。
一般的に、JISの規格に準じた7種類のろう材が使用されていますが、確実な接合のためには、母材に合ったろう材を選択することが重要です。
当社は、お客様の溶接・接合に最適なろう材をタイでご提案・販売しています。
オーダーメードも可能です。
  • アルミニウムろう

    アルミニウムを母材とする金属の接合に最適

  • りん銅ろう

    銅合金のろう付に最適。熱・電気の伝導性に優れた低コストなろう材

  • 銅ろう

    鉄鋼やステンレス鋼の溶接・接合に最適なろう材

  • 黄銅ろう

    加工性とコストパフォーマンスに優れた合金ろう材

  • 銀ろう

    接合強度が高く、鉄鋼、銅、ニッケルや合金など、幅広い母材のろう付に対応

  • ペーストろう材

    ディスペンサーによる定量供給が可能。ろう付の自動化に貢献するろう材

フラックス

フラックスは、ろう付や溶接の際に、接合促進の役目をします。また、接合部の再酸化を防止します。
その形状は、粉末、ペースト、リキッドなどがあり、用途に応じて使い分けます。
製品の性能や生産性にも影響を及ぼすため、接合する金属に適したフラックスを選ぶことが重要です。

補助材

ろう付は、母材を傷つけずに接合できる一方で、専門的な知識が求められます。
精度の高いろう付を実現するためにはろう材、フラックス、加熱源などに加えて、各種補助材が必要です。
当社は、ろう付方法や母材に合わせて各種補助材をタイで販売しています。