• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【世界初!CAD・設計組立支援】 NIC独自のシステムでアルミフレームの設計・組立のコスト削減

【世界初!CAD・設計組立支援】 NIC独自のシステムでアルミフレームの設計・組立のコスト削減

10/04/2019
サムライ編集部

産業用アルミフレーム&システム(ALFA FRAME®SYSTEM)でタイの産業を支えるNIC Autotec (Thailand)。
製品販売にとどまらず、NICが独自に開発した専用CADや「マーキングシステム」によって、お客様のアルミフレームの設計・組立コストを大幅削減し、省力化・効率化を実現させてきた。


NIC独自開発のアルミフレーム・トータルサポート・サービス「カクチャ」

1 面倒なアルミフレームの設計を無償で代行

通常、アルミフレームの組立は、フレームの他にボルト、ナット、ブラケット、ドアハンドル(ドアをつける場合)、マグネットキャッチ等々、非常に部品が多い。比較的シンプルな構造体でも100や200という部品数になる。その上、煩雑な設計が必要だ。

そこでNICは、アルミフレーム専用のCADを開発し、多くの部品の組合せを短時間で図面に描けるようにした。顧客の構想図を、ボルトやナットなどの細部まで全て図面化。
図面と部品リスト、指示図や部分組立図などの組立用ドキュメント、そして部品一式を一括で納めることができる画期的システムだ。

見積り時にDXF・STEP等のデータを無償提供することにより、顧客の設計時間を大幅に削減することができる。

3D図面のサンプル


2 アルミフレームの組立の手間と時間を大幅削減する「マーキングシステム」

もうひとつのNIC独自のシステムが「マーキングシステム」だ。
アルミフレーム専用CADで設計したデータを基に、ナットの位置やフレーム同士の接続位置などをアルミフレーム自体に印刷して出荷する。自前の専用プリンターで、組立に必要な全ての情報を印刷。
部品のつけ忘れ等のミスが無く、スピーディに確実な組立ができるのだ。
図面を読める技術者でなくても簡単に組み立てができる世界初のシステムだ。

このアルミフレーム・トータルサポート・サービス【カクチャ】は、顧客の“困った”の声から開発された。
「アルミフレームの”困った”は何か?」とアンケートを行うと、設計37%・組立22%と半数以上が、設計と組立に困っているとの結果だった。
「部材コストはもちろんですが、お客様の”困った“を解決することにより、大幅なトータルコスト削減ができるのではと考え、アルミフレーム・トータルサポート・サービス【カクチャ】をつくりました」。そう話すのは同社の能作暁寛MDだ。
さらに、NICは組立完成品納入・現地据付(有償)までのトータルサポートも行っている。


システム開発から10年以上、進化を続けるNICのコスト削減サポート

2008年に「カクチャ」が誕生してから現在に至るまで、NICはシステム開発を続け、機能を増やし続けている。タイ進出後はタイ人を開発チームに加え、タイの現場スタッフが使い易いシステム作りにも力を入れている。
「設計システムと受発注システムは連動しており、お客様からオーダー頂いた図面番号を入力すると、部品が何百点あっても瞬時に部品リストが出来上がります。伝票入力や確認の必要がなく、間違いの無いデータで、スムーズなやり取りができます。お客様・NIC双方にとってメリットがあるので、今後も継続的にカクチャの開発を続けます」(能作MD)。

「カクチャ」や「マーキングシステム」を実際に導入した企業では、経営層からも現場スタッフからも好評だという。

NICが提供するのは製品だけではない。労働の価値が今後より高まるタイで、製品とサービスを通した現場の省力化・効率化を提案していく。


■アルファフレームに関するお問合せ
NICの製品・サポートにご関心をお持ちの方は、以下の連絡先、またはお問合せフォームからご連絡ください。
OFFICE
Tel : +66(0)2-136-5841-2

澤井
Mobile : +66(0)98-287-6605
Email : h-sawai@nic-autotec.com



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。