• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【西居ファインプレスの強み】表面処理された金属を加工できる、タイで有数のプレス加工部品メーカー

【西居ファインプレスの強み】表面処理された金属を加工できる、タイで有数のプレス加工部品メーカー

29/04/2019
サムライ編集部

長年培ってきた経験や技術におごることなく、「心で感じて心でこたえる」をモットーに、お客様との成長を心掛けている西居ファインプレス(タイランド)。その西居社長に、会社の強みについてお話しを伺いました。

西居 広和 President / Nishii Fine Press (Thailand) Co., Ltd.
東京都大田区出身。1998年株式会社西居製作所に入社。2006年に来タイ後、Nishii Fine Press (Thailand) Co., Ltdの立ち上げ.に携わり、2007年から量産事業を開始。金型製作からプレス加工を一貫して請け負う、タイでも有数の部品メーカーとしての地位を築き上げた。モットーは「心で感じて心でこたえる」。


金属の特性をさらに活かす表面処理

「タイにもプレス加工を手掛ける会社はたくさんありますが、表面処理された金属を加工できる会社は多くありません」と西居社長。表面処理とは、具体的には表面処理材、鏡面材、保護フィルムなどによるコーティングを指します。
表面処理は、耐食や耐熱性、強度、絶縁性、密着性などを高めるための処理方法で、今の金属加工の主流でもあります。例えば、自動車の電子制御関連部品やデジタルカメラのストロボなど、多くの部品に施されています。
しかし、表面処理された金属を加工する場合、様々な問題を伴います。

 

適切な金型と経験が要求される、表面処理された金属の加工

一般に、被加工材を打ち抜くこと自体は大変な作業ではありませんが、表面加工処理された金属は生産性が悪くなります。

【表面加工された金属の問題点】
■保護フィルムに使用されている粘着剤が金型に付着する
■金型のクリアランスの調整が適切でない場合、保護フィルムが圧縮されて材料に転写される
■保護フィルムを傷めないために使用されている表面仕上げ用のオイルが、保護フィルムと材料の間に入り込んで表面剤に付着し、汚れてしまう
このような問題を避けるために必要なのが、各表面処理加工に適した構造の金型、そして「経験」です。

「プレス加工に必要なのは、被加工材、金型、プレス機、そしてマンパワー」と西居社長が言うとおり、外部調達する被加工材以外の全てが揃っているのが、西居ファインプレス(タイランド)の最大の強みです。中でも、お客様が希望する製品を確かな精度と品質で成形するのに欠かせない金型は、製作からメンテナンスまでを社内で一貫して製造しています。
また、母体である西居製作所の歴史は半世紀以上。その技術をしっかり継承しているので「経験」についても問題ありません。タイでも確かな技術を提供しています。
さらに高性能な測定器や検査機によるチェックにより、申し分のない仕上がりを約束してくれます。

高性能の測定器を採用し、品質管理体制も万全。


今後も成長を続ける技術、これからも変わらぬ経営理念

トータルコスト、品質、実績そして設備の全ての面でお客様を満足させる西居ファインプレス(タイランド)。その評判はタイのみならず、近年ではベトナムなどの近隣諸国にも広まり、引き合いも増えてきているそう。しかし、これに甘んじることなく、今後も「高精度な技術を展発展させていきたい」と、さらなるステップアップを目指している西居社長。
その一方で、西居製作所から引き継いでいる「心で感じで、心でこたえる」というモットーは、この先も変わることはありません。


■お問合せ
タイでの精密プレス加工、表面処理された金属の加工、金型の製作に関するお問い合わせは、下記の連絡先、またはお問合せフォームよりご連絡ください。

担当:西居
Tel:+66(0)-3844-7147-8
Mobile:+66(0)87-704-4203
Email:hirokazu@nishii-th.com



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。