• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【タイ・生産ライン改善】簡単操作の工場内呼び出しシステムを開発!配線・電源不要

【タイ・生産ライン改善】簡単操作の工場内呼び出しシステムを開発!配線・電源不要

04/11/2019
坂井 雄二
マネージングダイレクター

タイで生産ラインに異常が発生した時、あるいは緊急にラインを止める必要が生じた時などに、直ちに情報が伝わらず困ったことはありませんか?もちろん、工場内にくまなく監視センサーを取り付けることで一元管理することも可能ですが、大がかりな設備投資となれば現実的でないケースも少なくないことでしょう。

そこで当社が提案するのが、市販の無線機を活用した「工場用呼び出しシステム」。「異常」を察知した人が手元にあるボタンを押すだけ。それだけで、どこで何が起こったのかを瞬時に察知し管理用モニターに映し出します。リーズナブルで効果の高い新システムの詳細をご紹介します。

開発中の製品イメージ(子機)


ボタンを押すだけの簡単操作で、生産現場内の状況を的確に把握【タイ】

「工場用呼び出しシステム」の最大の特長は、市販の無線機を使用して汎用性とコストダウンを両立している点です。電波の到達距離はおおよそ100~200メートル。子機1台が30グラム程度と軽量で使い勝手が良いコンパクトサイズです。

用途に応じて4種類の子機を用意しました。1つボタンのものから、4つボタンまで。分かりやすさと使いやすさにこだわりました。ラインに異常が生じた時にはAボタンを、材料が足りなくなってきたらBボタンをという具合に、あらかじめ要件と押すボタンを紐付けておきます。ボタンの数が異なる種類の子機が複数混在していても問題ありません。

子機は電池で作動するため、新たな電源や配線のための投資は不要。また、受信機に対し最大で256台が同時接続可能です。受信機を通じ受け取ったデータはPCが読み取り、大型モニターに視覚的に映し出します。管理者は工場内を走り回ることなくオフィスにいながらにして、工場内の異常や不具合をリアルタイムで把握することができます。

各子機から受信機を介しオフィス内で工場内の異常や不具合を確実に把握


タイでもお客様の現場の声から製品・システム開発をする事で困りごとを解決します。現在、当該システムは、開発・試験チェックの最終段階にあり、年内にも販売を開始する予定です。自動車部品や電気・電子部品など汎用性の高い量産ラインで高い効果が期待できます。これまで監視システムの必要性を実感しながら、高い設備投資に二の足を踏んできたメーカー各社にご活用頂ければ幸いです。

当社では、お客様の現場の声をすみずみまで拾い上げ、製品化・システム化するサービスを心がけています。当社の既存製品である「あんどん」システムなどと同様に、新しい可能性と価値をお届けします。
ぜひ、「工場内呼び出しシステム」をご活用ください。

タイで、「工場内呼び出しシステム」「生産管理モニター(あんどん)」「生産管理ソフト」「稼働管理システム」をお探しの方は、下記お問合せフォームよりご連絡ください。


■関連ニュース
【タイで安全管理】離れた場所へも異常を通知! 感知センサーからアラームやあんどん、オフィスなどに情報を伝達するシステムです。 [ 15/03/2019]



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office
Tel:+66(0)2-712-2585

坂井
Mobile : +66(0)61-413-2906
Email : sakai_yuji@npsec.com

中嶋
Mobile : +66(0)85-225-3370
Email : nakajima_hyu@npsec.com