• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【タイ・生産管理】 生産現場の進捗を一括管理!ラインの遅れを分析して知らせる生産管理ソフト「f-22」

【タイ・生産管理】 生産現場の進捗を一括管理!ラインの遅れを分析して知らせる生産管理ソフト「f-22」

13/04/2020
坂井 雄二
Managing Director

当社は、生産管理モニターを販売しております。
導入したモニターの台数が増えてきたお客様から、情報を1ヵ所で集中管理したいと強い要望があり、「f-22」を開発しました。

f-22は、各工程や機械に設置された生産管理モニタをLANで接続して集中管理するソフトウェアです。
「工場が広く、生産現場と事務所の距離が離れている」、「多くの生産管理モニタが設置されており、全ての現場を見ることができない」、というお客様に採用していただいています。


シンプルで必要十分、f-22の4つの機能

f-22は、生産管理をする上で、主に以下4つの機能を兼ね揃えています。


①PC画面で進捗状況を一括監視

現場で稼働している全ての生産管理モニターの進捗をPCの画面上で一括して見ることが可能になります。


②生産計画のPC入

生産計画をPC上で入力し、生産管理モニターと連動させて設定することができます。


③解析ツール機能

生産数の減少や遅延等を解析するの為に下記グラフを用意しています。

③-(1) 実績推移グラフ
予定数(赤色)、実績数(青色)の線で表示され、いつ実績数が遅れ始めたか、またチョコ停やトラブル対応時間等、このグラフから、読み取ることができます。


③-(2) 実績タクト分布図
このタクトの分布図が異常な分布図をしていれば、生産上で機械の不具合や部品の不具合など生産上、何らかの問題が発生したことが判ります。また。タクト時間の平均値を自動計算して表の中に表示しています。タクト時間の適正値を見極めるのに役立ちます。


③-(3) 時間単位の実績グラフ
どの時間帯で実績数が減少したか、増加したかを確認することができます。


④自動メール配信機能

予め配信先のメールアドレスを登録しておくと、その配信先に生産の進捗情報を自動配信します。配信内容や配信時間を設定できますので、外出や出張中でも生産の進捗を確認する事ができるようになります。


進捗状況を集中管理して、抜けなく生産の遅れを防ぐ

生産する上で、何らかの問題が発生し、その「問題」の対応が間違っていたり悪かったりすると、結局予定生産台数に満たないということがあります。
f-22を使うと、問題を解決するのに必要な時間に対して、予定台数と生産実績がモニターに同時に表示され、状況がひと目でわかるようになります。
その進捗を集中管理することで、抜けなく生産の遅れを防ぐことができるようになります。また、生産台数が目標に達しなかった場合は、分析ツールで原因を追究し、改善策の立案をサポートします。


f-22はこんなお客様におすすめ!

f-22は、正確な納期を求められる商品を生産しているお客様で、普段忙しくてなかなか現場を見る事ができない、デスクワークが多い方にお勧めです。
また、システムを導入されているお客様の多くは、大型モニターを事務所や工場に設置しています。
f-22を使いますと、オプションで、生産管理モニターの画面上に進捗を一括で表示することも可能です。


f-22を導入したお客様の評価

・生産管理モニターを現場に設置しただけで、類似した製品を生産している工程の作業者同士で競い合い、生産数は10%UPした。(F社)

・社外に出る事が多く、電話で生産状況を確認するしかなかったが、自動配信メールを使う事で、生産進捗を容易に把握できるようになった。(S社)



NSECの生産管理ソフト f-22に関心をお持ちの方は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)99-051-7579

坂井 Sakai
Mobile: +66(0)61-413-2906
Email: sakai_yuji@npsec.com