Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 156 [image_url] => company-156-20210330_Papas_Slider_1-1(1).jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 156 [image_url] => company-156-20210330_Papas_Slider_2-2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 創立10周年!金属加工会社 パパス(タイランド)|関連企業からのお祝いメッセージをご紹介

創立10周年!金属加工会社 パパス(タイランド)|関連企業からのお祝いメッセージをご紹介

04/01/2022
サムライアジア編集部

創立10周年を迎える自動車部品・バイク部品向けのプレス・溶接を得意としている総合金属加工会社パパス(タイランド)。日頃から付き合いの深い3社からのお祝いメッセージをご紹介。

関連企業よりお祝いメッセージ


Shinba Iron Works (Thailand) Co., Ltd.
オートバイの主要部品であるマフラーの専門メーカー。親会社である株式会社榛葉鉄工所はスズキや川崎重工業などの主要メーカーをはじめとする二輪車のマフラー部品を半世紀以上にわたって開発・製造している。タイ法人は2008年に設立。マフラー部品製造の他にもパイプ製品、治具、金型の製造なども行なっている。


齋藤 祥宏 Yoshihiro Saito / Director, Plant Manager
パパス(タイランド)の立ち上げ初期から約10年間、マフラー部品の加工をお願いしています。これまで多数の部品加工をお願いしていますが、細かい要望に短納期で対応してくれるため大変助かっています。10年で設備もかなり充実してきているので、委託できる領域も広がっていると感じています。今後とも当社製品製造を支える企業として頼りにしています。


Ono Trading Co., Ltd.
1897年に創業した株式会社大野興業のタイ法人として2012年に設立。本社・タイ法人ともに鉄鋼専業商社として事業を行なっている。屋号である「カネ大」には「金属のカネ」「カネが大きくなる」「大野」の3つの意味をもつ。


高村 建二 Kenji Takamura / Managing Director
パパスさんとは日本本社も含めて、長年に渡り仕入先としてお付き合いをさせていただいております。当社のタイ進出が2012年。パパスさんのタイ進出とほぼ同時期だったこともあり、河原さんとは共に切磋琢磨させていただき、立ち上げの苦労を分かち合った仲です。今回のパパス(タイランド)の10周年は当社にとっても節目であり、今後とも良きパートナーとして更なるタイでの事業発展に努めていきたいと思います。


Phato Part Manufacturing (Thailand) Co.,Ltd.
2012年に設立の金型設計・製造会社。タイ国内企業および日系・海外企業に向けて四輪・二輪車用金属部品や治具用金型の設計、製作を行なっている。顧客ニーズに合わせた品質を実現するために、継続的な技術開発に努めている。


Paiboon Ardaresa / Managing Director
創業10周年、おめでとうございます。当社は長年にわたりパパス(タイランド)の金属部品をプレス加工するための金型の設計、製作を行なっています。金型や治具の製作において、当社技術を信頼し、長年お付き合いいただいていることに感謝します。今後とも、お客様のニーズを満たすためにパパスさんと協力して技術の改善・開発を続けていきます。


▲左から、PPMT Paiboon氏、パパス河原氏、SIWT齋藤氏、大野トレーディング高村氏

タイでプレス・溶接・機械加工などの金属加工をお求めの際は、下記の問い合わせフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News