Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 2899 [author_name] => タイパーカライジング [author_photo] => author-company-2899-author-company-2510-author.jpg [author_job] => [title] => タイパーカライジングの有償分析サービス:その① 表面分析(Surface Analysis) [images] => news-company-2899-thumbnail1-1.jpg [description] => <span style="font-size:16px;"> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-parker1-1.jpg" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <p>表面処理業界トップの化学メーカー、日本パーカライジング株式会社の海外関係会社として、タイで3つの事業(薬品事業・受託加工事業・有償分析)を展開するタイパーカライジング。</p> <p>脱脂剤・表面調整剤・化成薬剤などの下地塗装用化成処理薬剤の販売のため、自社に分析機器とラボを所有しています。</p> <p>販売している薬剤の分析を実施するだけでなく、一般の会社向けにも「有償分析」サービスを行なっています。</p> <br> <div style="padding:20px 0;"> <a href="#!" data-toggle="modal" data-target="#myModal1"> <img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-19 at 16.37.13.png" alt="JP-動画A-OKURA" class="img-responsive" style="max-height: none;"> </a> </div> <div class="modal fade" id="myModal1" role="dialog"> <div class="modal-dialog modal-dialog-centered modal-lg"> <div class="modal-content"> <div class="modal-body"> <img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-19 at 16.37.13.png" alt="JP-動画A-OKURA" class="img-responsive" style="max-height: none;"> </div> <div class="modal-footer"> <button type="button" class="close" data-dismiss="modal">x</button> </div> </div> </div> </div> <h5> ▲タイパーカライジングと他社の分析の種類の比較表</h5> <br> <p>タイパーカライジングは、タイにある受託分析をしている企業の中で最も分析装置が充実しております。また、タイにある受託分析をしている企業の中で数少ない日系企業です。</p> <p>弊社に依頼していただく場合、分析依頼の際のコミュニケーション・ミスを無くすことができます。</p> <br> <h2>表面処理業界トップだからできる<br> タイパーカライジング有償分析サービス、その内容とは?</h2> <p>タイパーカライジングの有償分析サービスは、大きく分けて①<strong>表面分析</strong>、②<strong>液分析</strong>、③<strong>有機物分析</strong>の3つあります。</p> <p>分析の目的は、顧客から持ち込まれた不具合品(NG品)と問題のない製品(OK品)の2つの成分値を比較し、数値の違いを明確にすることです。</p> <p>これにより、漠然としか分からなかったNG品の原因をピンポイントで特定することができます。</p> <br> <h2>タイパーカライジングの表面分析(Surface Analysis)</h2> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 14.18.24.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <p>上の図は、表面分析における“広さ(Area)”と“深さ(Signal Depth)”、そしてそれぞれの広さと深さで使われる様々な<strong>分析装置</strong>の略称を図にしたもの。<br> 縦軸は検査する対象の面積(1μmΦ<10mmΦ)、横軸は表面からの深さ(1nm<1mm)を表しています。肉眼では分析できないので、<strong>電子線</strong>や<strong>X線</strong>を使用します。</p> <br> <h3>◆微小領域分析</h3> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>EPMA</strong></span><span style="font-size: 14px;">(電子線マイクロアナライザ)</span><br> Electron Probe Micro Analyzer</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.17.58.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>EPMAは、電子光学技術・X線分光計測技術・システム制御・データ処理技術などが集大成されたオールマイティーな表面分析装置です。<br> 微小部電子像観察から元素分析まで幅広く解析できます。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.20.37.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲EPMAを使ってマッピングしたサンプル画面</h5> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>SEM & EDS</strong></span><span style="font-size: 14px;">(走査型電子顕微鏡&エネルギー分散型X線分析装置)</span><br> Scanning Electron Microscope & Energy Dispersive Spectroscopy</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.18.27.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>SEMは薄膜の表面や断面、金属材料の破断面の観察、微小領域での局所分析などに使用される分析器。光学顕微鏡に比べて焦点深度が深く、凹凸のある試料でも観察できます。<br> EDSは元素分析が可能なため、SEMと組み合わせて使用されることが多くあります。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-14 at 11.50.43.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲ペイント部分に混入した謎の物質(Unknown A)の正体を分析する</h5> <br> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-14 at 11.51.01.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲Unknown Aの成分分析</h5> <br> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-14 at 11.51.11.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲Unknown Aの含まれる各元素の数値が判明</h5> <br> <h3>◆深さ方向分析</h3> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>GDS</strong></span><span style="font-size: 16px;">(グロー放電発光分光法)</span><br> Glow Discharge Spectroscopy</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.19.08.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>原子発光スペクトルを解析する分析装置。<br> 主に金属材料の添加元素・不純物元素調査分析などに使用されます。<br> 標準試料を用いることで、深さ方向の元素濃度分布調査が可能です。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-14 at 12.08.00.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲窒化サンプルの元素分布</h5> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>XPS</strong></span><span style="font-size: 14px;">(X線光電子分光分析)</span><br> X-ray Photoelectron Spectroscopy</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.19.27.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>H(水素)、 He(ヘリウム)を除く、すべての元素検出と化学状態分析を行なうことができます。<br> 同時に、スパッタリングを用いることで、深さ方向の分析も可能。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-14 at 12.26.04.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲鉄の表面分析</h5> <br> <h3>◆バルク分析</h3> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>XRF</strong></span><span style="font-size: 14px;">(蛍光X線分析装置)</span><br> X-ray Photoelectron Spectroscopy</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.19.53.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>測定サンプルにX線を照射し、構成されている元素を同定(組成分析)し、その構成される元素の含有量を分析(定量分析)する。</p> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>XRD</strong></span><span style="font-size: 14px;">(X線回折計装置)</span><br> X-Ray Diffractometer</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.20.15.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>サンプルの結晶構造、配向などを分析するために使用されます。未知のサンプルから得られたX線回折パターンとリファレンスデータベースのパターンを比較し、物質を特定できます。</p> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>EDXRF</strong></span><span style="font-size: 14px;">(エネルギー分散型蛍光X線分光装置)</span><br> Energy dispersive x-ray fluorescence spectrometer</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 15.18.49.png" class="left-block" width="30%" alt=""/></p> <p>サンプルに直接X線を照射し、それにより発生する蛍光X線を測定することでサンプルの定性分析や定量分析を行なう装置</p> <br> <br> <p>上記で紹介した以外にも、タイパーカライジングは20種類以上の分析装置を保有しています。当社に分析を依頼すれば、高価な分析装置をタイで購入する必要はなく、コストを抑えて各種分析を行なうことができます。</p> <p>タイパーカライジングは、今後も表面分析・液分析・有機物分析のサービスでタイのモノづくりをサポートしていきます。</p> <p><a href="https://www.smri.asia/jp/parkerizing/news/2909/" target="_blank"><u>▶︎タイパーカライジングの有償分析サービス・その② <strong>液分析</strong>(Liquid Analysis)に続く</u></a></p> <br> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2899-Screen Shot 2021-03-12 at 19.11.24.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <br> <h4>タイで表面処理/熱処理、有償分析(表面分析・液分析)のことならタイパーカライジングへご連絡ください。</h4> <style type="text/css"> h2 { font-size: 20px; font-weight: bold; color: #444444; line-height: 1.7em; padding: 0.25em 0.5em; background: transparent; border-left: solid 5px #444444; } h3 { font-size: 18px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; margin-bottom: 0; } h4 { font-size: 16px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; } h5 { font-size: 13px; line-height: 1.5em; margin-top: -1em; } p {margin-bottom: 1.25em; } </style> </span> [company_id] => 132 [language_id] => 3 [category_id] => 403 [created_by] => 16 [edited_by] => 7 [meta_title] => タイパーカライジングの有償分析サービス:その① 表面分析(Surface Analysis) [meta_description] => 表面処理業界トップの化学メーカー、日本パーカライジング株式会社の海外関係会社として、タイで3つの事業(薬品事業・受託加工事業・有償分析)を展開するタイパーカライジング。

脱脂剤・表面調整剤・化成薬剤などの下地塗装用化成処理薬剤の販売のため、自社に分析機器とラボを所有しています。

販売している薬剤の分析を実施するだけでなく、一般の会社向けにも「有償分析」サービスを行なっています。 [is_private] => 0 [hidden_form] => 0 [display_type_id] => 1 [created_date] => 2021-03-30 17:48:36 [updated_date] => 2021-03-30 18:08:35 [meta_img] => news-description-2899-parker1-1.jpg [meta_link] => ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイパーカライジングの有償分析サービス:その① 表面分析(Surface Analysis)

タイパーカライジングの有償分析サービス:その① 表面分析(Surface Analysis)

30/03/2021
タイパーカライジング

表面処理業界トップの化学メーカー、日本パーカライジング株式会社の海外関係会社として、タイで3つの事業(薬品事業・受託加工事業・有償分析)を展開するタイパーカライジング。

脱脂剤・表面調整剤・化成薬剤などの下地塗装用化成処理薬剤の販売のため、自社に分析機器とラボを所有しています。

販売している薬剤の分析を実施するだけでなく、一般の会社向けにも「有償分析」サービスを行なっています。


▲タイパーカライジングと他社の分析の種類の比較表

タイパーカライジングは、タイにある受託分析をしている企業の中で最も分析装置が充実しております。また、タイにある受託分析をしている企業の中で数少ない日系企業です。

弊社に依頼していただく場合、分析依頼の際のコミュニケーション・ミスを無くすことができます。


表面処理業界トップだからできる
タイパーカライジング有償分析サービス、その内容とは?

タイパーカライジングの有償分析サービスは、大きく分けて①表面分析、②液分析、③有機物分析の3つあります。

分析の目的は、顧客から持ち込まれた不具合品(NG品)と問題のない製品(OK品)の2つの成分値を比較し、数値の違いを明確にすることです。

これにより、漠然としか分からなかったNG品の原因をピンポイントで特定することができます。


タイパーカライジングの表面分析(Surface Analysis)

上の図は、表面分析における“広さ(Area)”と“深さ(Signal Depth)”、そしてそれぞれの広さと深さで使われる様々な分析装置の略称を図にしたもの。
縦軸は検査する対象の面積(1μmΦ<10mmΦ)、横軸は表面からの深さ(1nm<1mm)を表しています。肉眼では分析できないので、電子線X線を使用します。


◆微小領域分析

EPMA(電子線マイクロアナライザ)
Electron Probe Micro Analyzer

EPMAは、電子光学技術・X線分光計測技術・システム制御・データ処理技術などが集大成されたオールマイティーな表面分析装置です。
微小部電子像観察から元素分析まで幅広く解析できます。

▲EPMAを使ってマッピングしたサンプル画面

SEM & EDS(走査型電子顕微鏡&エネルギー分散型X線分析装置)
Scanning Electron Microscope & Energy Dispersive Spectroscopy

SEMは薄膜の表面や断面、金属材料の破断面の観察、微小領域での局所分析などに使用される分析器。光学顕微鏡に比べて焦点深度が深く、凹凸のある試料でも観察できます。
EDSは元素分析が可能なため、SEMと組み合わせて使用されることが多くあります。

▲ペイント部分に混入した謎の物質(Unknown A)の正体を分析する

▲Unknown Aの成分分析

▲Unknown Aの含まれる各元素の数値が判明

◆深さ方向分析

GDS(グロー放電発光分光法)
Glow Discharge Spectroscopy

原子発光スペクトルを解析する分析装置。
主に金属材料の添加元素・不純物元素調査分析などに使用されます。
標準試料を用いることで、深さ方向の元素濃度分布調査が可能です。

▲窒化サンプルの元素分布

XPS(X線光電子分光分析)
X-ray Photoelectron Spectroscopy

H(水素)、 He(ヘリウム)を除く、すべての元素検出と化学状態分析を行なうことができます。
同時に、スパッタリングを用いることで、深さ方向の分析も可能。

▲鉄の表面分析

◆バルク分析

XRF(蛍光X線分析装置)
X-ray Photoelectron Spectroscopy

測定サンプルにX線を照射し、構成されている元素を同定(組成分析)し、その構成される元素の含有量を分析(定量分析)する。


XRD(X線回折計装置)
X-Ray Diffractometer

サンプルの結晶構造、配向などを分析するために使用されます。未知のサンプルから得られたX線回折パターンとリファレンスデータベースのパターンを比較し、物質を特定できます。


EDXRF(エネルギー分散型蛍光X線分光装置)
Energy dispersive x-ray fluorescence spectrometer

サンプルに直接X線を照射し、それにより発生する蛍光X線を測定することでサンプルの定性分析や定量分析を行なう装置



上記で紹介した以外にも、タイパーカライジングは20種類以上の分析装置を保有しています。当社に分析を依頼すれば、高価な分析装置をタイで購入する必要はなく、コストを抑えて各種分析を行なうことができます。

タイパーカライジングは、今後も表面分析・液分析・有機物分析のサービスでタイのモノづくりをサポートしていきます。

▶︎タイパーカライジングの有償分析サービス・その② 液分析(Liquid Analysis)に続く



タイで表面処理/熱処理、有償分析(表面分析・液分析)のことならタイパーカライジングへご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

■薬品事業、有償分析事業
長谷 Hase
Email: thase@thaiparker.co.th


■受託加工事業
老川 Oikawa
Email: soikawa@thaiparker.co.th