Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 2909 [author_name] => タイパーカライジング [author_photo] => author-company-2909-author-company-2510-author.jpg [author_job] => [title] => タイパーカライジングの有償分析サービス:その② 液分析(Liquid Analysis) [images] => news-company-2909-thumbnail2.png [description] => <span style="font-size:16px;"> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-12 at 15.07.58.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <p>タイパーカライジングの有償分析サービスは、大きく分けて①<strong>表面分析</strong> ②<strong>液分析</strong> ③<strong>有機物分析</strong>の3つがあります。今回は、②<strong>液分析</strong>について解説します。</p> <p><u><a href="https://www.smri.asia/jp/parkerizing/news/2899/" target="_blank">▶︎タイパーカライジングの有償分析サービス・その① <strong>表面分析</strong>(Surface Analysis)はこちら</a></u></p> <br> <div style="padding:20px 0;"> <a href="#!" data-toggle="modal" data-target="#myModal1"> <img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-19 at 16.37.13.png" alt="" class="img-responsive" style="max-height: none;"> </a> </div> <div class="modal fade" id="myModal1" role="dialog"> <div class="modal-dialog modal-dialog-centered modal-lg"> <div class="modal-content"> <div class="modal-body"> <img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-19 at 16.37.13.png" alt="" class="img-responsive" style="max-height: none;"> </div> <div class="modal-footer"> <button type="button" class="close" data-dismiss="modal">x</button> </div> </div> </div> </div> <h5>▲タイパーカライジングと他社の分析の種類の比較表</h5> <br> <h3>タイパーカライジングの液分析(Liquid Analysis)</h3> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>ICP-OES</strong></span><span style="font-size: 14px;">(高周波誘導結合プラズマ発光分光分析装置)</span><br> Inductively Coupled Plasma Optical Emission Spectrometer</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-15 at 11.48.37.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p span style="font-size: 18px;">Na+・Fe2+・Cu2</span>+等<br> アルゴンプラズマを使用し、元素固有のスペクトル(光の波長) から元素の存在を特定(定性)し、光の発光強度から元素の濃度を解析します(定量)。<br> 高性能な回折格子(グレーティング)を用いて、約75種類の元素を迅速に測定することができます。</p> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>IC</strong></span><span style="font-size: 14px;">(イオンクロマトグラフィー)</span><br> Ion Chromatography</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-15 at 11.49.00.png" class="left-block" width="40%" alt=""/></p> <p span style="font-size: 18px;">Cl-・SO42</span>-等<br> 主に溶液中のイオン性成分の定性・定量を行ないます。<br> 無機の陰イオンと陽イオンの測定が可能。また、一部の有機酸やアミンの測定もできます。</p> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>UV-Vis</strong></span><span style="font-size: 14px;">(紫外可視近赤外分光法)</span><br> UV-Visible Spectrophotometer </p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-parker2-1-2.png" class="left-block" width="50%" alt=""/></p> <p>波長ごとに分けた光を測定試料に照射し、試料を透過した光の強度を測定することで、試料の吸光度や透過率を解析します。</p> <br> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>CE</strong></span><span style="font-size: 14px;">(キャピラリー電気泳動)</span><br> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-parker2-2-2.png" class="left-block" width="40%" alt=""/></p> <p>微量のイオン性試料を精密に定性・定量することが可能。</p> <br> <h2>タイで分析することのメリットとは?<br>「検査にかかる時間が早く、コストカットにも繋がる」</h2> <p>タイパーカライジングは、分析結果を早ければ当日、基本的には7営業日以内にお客様に渡すことができます。<br>もし日本に不具合品を送って分析していたとしたら、同社に依頼することによって、検査時間と費用を大幅に削減できます。</p> <p>タイパーカライジングでは、表面分析と液分析のほかに、以下の装置を使った<strong>有機物分析</strong>(Organic Analysis)サービスも行なっています。</p> <p><span style="font-size: 20px;"><strong>・FT-IR</strong></span><span style="font-size: 14px;">(Fourier Transform Infrared Spectrophotometer)<br> <span style="font-size: 20px;"><strong>・DSC</strong></span><span style="font-size: 14px;">(Differential Scanning Calorimeter)<br> <span style="font-size: 20px;"><strong>・TOC & SSM</strong></span><span style="font-size: 14px;">(Total Organic Carbon Analyzer & Solid Sample Module)<br> <span style="font-size: 20px;"><strong>・LECO</strong></span><span style="font-size: 14px;">(MultiphaseCarbonDeterminator)</p> <p>また、様々な<strong>分析・検査用試験機</strong>(Test Machine)も保有しています。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-14 at 11.51.01.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲FT-IR(Fourier Transform Infrared Spectrophotometer)分光計を使用<br> フーリエ変換赤外分光法により、分子やイオンの定性分析・定量分析を行なう</h5> <br> <h3>◆タイパーカライジングの試験装置</h3> <p><strong>▪ ポテンシオスタット・ガルバノスタット</strong>(Potentiostat / Galvanostat)<br> <strong>▪ スクラッチ試験機</strong>(Scratch Tester)<br> <strong>▪ ファレックス試験機・ピンVブロック試験機</strong>(Falex Pin & Vee Block)<br> <strong>▪ SCHATZ社製検査機器</strong>(SCHATZ Machine)<br> <strong>▪ 摩擦・摩耗試験機</strong>(Friction and wear tester / EFM-III)<br> <strong>▪ 摩擦試験機・トライボギア</strong>(Tribogear)<br> <strong>▪ SST</strong><br> <strong>▪ CCT</strong><br> <strong>▪ CASS 等</strong></p> <p>薬剤を購入している顧客向けには、ラボで実際にテスト環境を再現するミニ ライン テスト(Mini Line Test)も実施しています。</p> <p><img src="https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/manufacturer-bucket/news-description/news-description-2909-Screen Shot 2021-03-12 at 16.54.23.png" class="center-block" width="100%" alt=""/></p> <h5>▲ミニ ライン テストは、ラボで顧客の簡易的な作業工程が再現可能</h5> <br> <h4>タイで表面処理/熱処理、有償分析(表面分析・液分析・有機物分析)のことならタイパーカライジングへご相談ください。</h4> <style type="text/css"> h2 { font-size: 20px; font-weight: bold; color: #444444; line-height: 1.7em; padding: 0.25em 0.5em; background: transparent; border-left: solid 5px #444444; } h3 { font-size: 18px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; margin-bottom: 0; } h4 { font-size: 16px; line-height: 1.5em; font-weight:bold; } h5 { font-size: 13px; line-height: 1.5em; margin-top: -1em; } p {margin-bottom: 1.25em; } </style> </span> [company_id] => 132 [language_id] => 3 [category_id] => 403 [created_by] => 16 [edited_by] => 5 [meta_title] => タイパーカライジングの有償分析サービス:その② 液分析(Liquid Analysis) [meta_description] => タイパーカライジングの有償分析サービスは、大きく分けて①表面分析 ②液分析 ③有機物分析の3つがあります。今回は、②液分析について解説します。
 [is_private] => 0 [hidden_form] => 0 [display_type_id] => 1 [created_date] => 2021-03-31 15:47:03 [updated_date] => 2021-04-10 10:39:14 [meta_img] => news-description-2909-Screen Shot 2021-03-12 at 15.07.58.png [meta_link] => ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • タイパーカライジングの有償分析サービス:その② 液分析(Liquid Analysis)

タイパーカライジングの有償分析サービス:その② 液分析(Liquid Analysis)

31/03/2021
タイパーカライジング

タイパーカライジングの有償分析サービスは、大きく分けて①表面分析液分析有機物分析の3つがあります。今回は、②液分析について解説します。

▶︎タイパーカライジングの有償分析サービス・その① 表面分析(Surface Analysis)はこちら


▲タイパーカライジングと他社の分析の種類の比較表

タイパーカライジングの液分析(Liquid Analysis)

ICP-OES(高周波誘導結合プラズマ発光分光分析装置)
Inductively Coupled Plasma Optical Emission Spectrometer

Na+・Fe2+・Cu2+等
アルゴンプラズマを使用し、元素固有のスペクトル(光の波長) から元素の存在を特定(定性)し、光の発光強度から元素の濃度を解析します(定量)。
高性能な回折格子(グレーティング)を用いて、約75種類の元素を迅速に測定することができます。


IC(イオンクロマトグラフィー)
Ion Chromatography

Cl-・SO42-等
主に溶液中のイオン性成分の定性・定量を行ないます。
無機の陰イオンと陽イオンの測定が可能。また、一部の有機酸やアミンの測定もできます。


UV-Vis(紫外可視近赤外分光法)
UV-Visible Spectrophotometer

波長ごとに分けた光を測定試料に照射し、試料を透過した光の強度を測定することで、試料の吸光度や透過率を解析します。


CE(キャピラリー電気泳動)

微量のイオン性試料を精密に定性・定量することが可能。


タイで分析することのメリットとは?
「検査にかかる時間が早く、コストカットにも繋がる」

タイパーカライジングは、分析結果を早ければ当日、基本的には7営業日以内にお客様に渡すことができます。
もし日本に不具合品を送って分析していたとしたら、同社に依頼することによって、検査時間と費用を大幅に削減できます。

タイパーカライジングでは、表面分析と液分析のほかに、以下の装置を使った有機物分析(Organic Analysis)サービスも行なっています。

・FT-IR(Fourier Transform Infrared Spectrophotometer)
・DSC(Differential Scanning Calorimeter)
・TOC & SSM(Total Organic Carbon Analyzer & Solid Sample Module)
・LECO(MultiphaseCarbonDeterminator)

また、様々な分析・検査用試験機(Test Machine)も保有しています。

▲FT-IR(Fourier Transform Infrared Spectrophotometer)分光計を使用
フーリエ変換赤外分光法により、分子やイオンの定性分析・定量分析を行なう

◆タイパーカライジングの試験装置

▪ ポテンシオスタット・ガルバノスタット(Potentiostat / Galvanostat)
▪ スクラッチ試験機(Scratch Tester)
▪ ファレックス試験機・ピンVブロック試験機(Falex Pin & Vee Block)
▪ SCHATZ社製検査機器(SCHATZ Machine)
▪ 摩擦・摩耗試験機(Friction and wear tester / EFM-III)
▪ 摩擦試験機・トライボギア(Tribogear)
▪ SST
▪ CCT
▪ CASS 等

薬剤を購入している顧客向けには、ラボで実際にテスト環境を再現するミニ ライン テスト(Mini Line Test)も実施しています。

▲ミニ ライン テストは、ラボで顧客の簡易的な作業工程が再現可能

タイで表面処理/熱処理、有償分析(表面分析・液分析・有機物分析)のことならタイパーカライジングへご相談ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

■薬品事業、有償分析事業
長谷 Hase
Email: thase@thaiparker.co.th


■受託加工事業
老川 Oikawa
Email: soikawa@thaiparker.co.th