• ホーム
  • >
  • ソリューション
  • >
  • 【事例】IO-Link・USBにつながる省配線シグナルタワー『IO-Link表示灯・USB制御積層信号灯』

【事例】IO-Link・USBにつながる省配線シグナルタワー『IO-Link表示灯・USB制御積層信号灯』

07/05/2020
鈴木 義将 Yoshimasa Suzuki
セールスマネージャー

IO-Linkで“つながる”現場に

IO-Linkは、IEC61131-9に準拠したセンサ、アクチュエータで使用される、オープンな国際標準通信技術です。

IO-Linkを使用することで、これまで情報の見える化が難しかった現場末端の機器までネットワーク化することが可能になります。また、使いやすさと現場のIoT化需要により、世界中で導入実績が増加しています。

今後も導入実績の増加が 見込まれています。


IO-Link機器の異常を報知。省配線で制御可能!!

IO-Link対応センサなどの異常をIO-Linkマスタを通じてLR6-IL・NE-ILで報知。それにより、早期に現場の異常を把握し、復旧することが可能に。停止ロスを削減し、稼動率向上を実現します。

また、IO-LinkマスタとM12ケーブル1本で接続、電源も制御もたった1本。

省配線で従来の表示灯以上の制御が可能です。


USBバスパワー給電 制御と給電がUSBケーブル1本でOK LR6-USB型

LR6-USB型は、ソフトウェアライブラリ(当社ホームページよりダウンロード)を使用する事により、簡単に制御することが可能です。
(対応OS以外のOSではプロトコル仕様に合わせた制御も可能です。)

ポスレジシステムや、プリンターなどのPC制御装置の報知を行います。それにより、早期復旧が可能です。


さらに詳しい情報について、そのほか情報表示機器については下記フォームから当社へお問い合わせください!



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ソリューション Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-541-5431
Email: sales_150716@pattlite.co.th

小堀 Kobori
Mobile: +66(0)99-010-9947

鈴木 Suzuki
Mobile: +66(0)62-352-2522


Categories