Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 68 [image_url] => company-68-pl2.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 68 [image_url] => company-68-pl3.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 68 [image_url] => company-68-3.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 「タイの将来の物流をサポートする新たな形」PLICの物流自動化ソリューション提案

「タイの将来の物流をサポートする新たな形」PLICの物流自動化ソリューション提案

15/05/2019
サムライ編集部

タイでフォークリフトのレンタル事業から始まったPLIC。1996年の設立から実績を重ねてきた同社だが、近年は物流の自動化ソリューションに力を入れている。どのような経緯があり、またどのような展望を描いているのだろうか。

PLICがタイで物流の自動化ソリューションに注目した背景

PLICにとって、転機は2007年だった。
ある銀行の紹介で日系のエンジニアリング会社を買収することになった。コンベアや保管に関わる工場の色々な設備を設計・製造する会社だった。「どうすればフォークリフト事業とエンジニアリング事業との相乗効果が出せるか、考え始めた」と楠生MDは言う。


「これから世の中(タイ)で求められる」と感じた画期的ソリューション「自動倉庫」

事業間のシナジーを模索する中で、偶然、自動倉庫というものがあると耳にした。
自動倉庫とは、多層のラックを用いてスペースを有効活用し、作業効率を大幅に上げるシステムだ。2010年代前半だった当時、タイでは自動倉庫など聞いたこともなかった。楠生MDはその画期的な発想と先進性に刺激を受け、強く関心を持ったという。

それから間もなく、もうひとつの偶然が訪れる。自動倉庫案件の相談が舞い込んだのだ。
大手日系企業で、それまでのフォークリフトの引合いにより信頼関係ができていたこともあり、スムーズに話が進んだ。
「話がトントン拍子で進み、今後こういう自動化に貢献するものが世の中で求められると思った」という楠生MD。
それを機に、自動倉庫について一から調べ出した。


自動倉庫について世界中の情報を集め勉強した

楠生MDは自身で情報収集をしながら、社内でも「これから自動倉庫をやるぞ!」と声をかけ、スタッフの温度を上げていった。
どの国のどんな会社が自動倉庫をやっているのか。製造しているのはどこなのか。世界中のメーカーの動画も見て、「動き」を勉強した。
まだタイでは自動倉庫の現物を見る機会が少ない。そのため、周知もかねて顧客訪問時には自動倉庫を紹介するようにしている。


大きな経験値となった、タイでの大規模×高精度の自動倉庫案件

自動倉庫2件目の受注・導入は簡単ではなかった。高さが22mの大型倉庫だが、動きの精度はミリ単位で求められるというシビアな内容だった。
構造も1件目の案件に比べて非常に複雑で、エラーと改善を繰り返し、苦労の末2017年に完成した。
これを受けて楠生MDは「もっと勉強しなければ」と気を引き締めた。一方で、「機械や機器単体ではなくトータルの物流ソリューションを進めるべきだ」、また「これが将来のタイの物流をサポートする形になるだろう」と強く感じたと振り返る。


世の中の流れを読み、最適な自動化ソリューションをタイの物流現場に届けたい

近年、「一つの設備(フォークリフト等)を向上させる」というより、「倉庫全体を自動化していく」という動きが世界的に強まっている。ただそれには、高度なソフトやプログラムが求められる。またそれらは積み重ねられた経験が必要だ。
同社の場合、ソフト面の開発は難しいため、ソフトやプログラムに強い企業とのタイアップを真剣に模索している。

「どうやってお客様にとって便利な形を提案できるか?」
PLICは、日々世界中から情報収集し、省エネ、経済性も含めた自動化ソリューションの提案を行っていく。

AS/RS自動倉庫の他にも、WMS(倉庫管理システム)、AGV(無人搬送車)など幅広く自動化ソリューションの提案が可能。

タイで、自動倉庫などの自動化システムの導入をご検討の方は、お問合せフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: 02-159-8222

磯部 Isobe
Mobile: +66(0)81-145-9763
Email: isobe@plic.co.th

高久保 Takakubo
Mobile: +66(0)87-814-6757
Email: takakubo@plic.co.th

東 Higashi
Mobile: +66(0)92-278-5725
Email: higashi@plic.co.th

Categories
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。