Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 48 [image_url] => company-48-p0011.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 48 [image_url] => company-48-0002.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • テックマンロボット ✖️ ビジョン ピッキング フィーダの組み合わせで、省コスト+少量多品種ラインの自動化が可能に!

テックマンロボット ✖️ ビジョン ピッキング フィーダの組み合わせで、省コスト+少量多品種ラインの自動化が可能に!

27/09/2021
月収15万円ロボット会社員・テックマン
Premier Engineering

協働ロボット『テックマンロボット(TechMan Robot)』のビジョン システム(ビルトイン・ビジョンシステム『TMvisionTM』)と、鈴野製作所の『ビジョン ピッキング フィーダ』SVFシリーズをご紹介します。
テックマン ロボットのビジョン システムを使うことで専用の位置決め部品が不要になり、少量多品種の自動化が低コストで実現可能になります。ご案内するのは、プレミアエンジニアリングの月収15万円ロボット会社員・テックマンです。

▲TMvisionTMは、視覚認識・位置決め・画像強調・バーコード識別等の使いやすいプログラミング機能をユーザーに提供する、テックマンのビルトイン ビジョンシステム

月収15万円ロボット会社員とは?
ロボット会社員のテックマンは、月収15万円で働いています。新米ですが、一度覚えた仕事は忘れる事がありません。しかも食事なし、休憩なしで24時間働いていますが、病気もケガもしないのです。もちろん、今流行りのウイルスにも感染しませんし、周りの人に感染させる事もありません。
※月収15万円とは、プレミアエンジニアリングが推奨するテックマン ロボット標準機器を、3年〜4年で償却した場合の月平均金額となります。

従来のパーツフィーダーの問題点と、ビジョン ピッキング フィーダーを導入するメリット


▲鈴野製作所製・ビジョン ピッキング フィーダ『SVF-100』

一般のパーツフィーダは、製品の方向や表裏を揃えた後に位置決めをして払い出します。多くのパーツフィーダは、ネジやナット等、形状の違う製品に対応するため、製品毎に主要な位置決め部品を交換しなければなりません。位置決め部品のコストもかさむため、少量多品種の自動化には向いていません。

今回ご紹介する『ビジョン ピッキング フィーダ』SVFシリーズは、1967年の創業以来、神奈川県秦野市で半導体の製造加工業を営んできた鈴野製作所が開発したパーツフィーダーです。一般のパーツフィーダとの違いは、SVFは部品供給と平面上で重なった部品をばらす事に特化しており、位置決めを行なわない点にあります。
位置決めとピッキングをテックマン ロボット+ビジョン システムに任せているため、専用の位置決め部品が不要となります。低予算で少量多品種の自動化ができるので、様々なラインに採用しやすくなりました。

▲ビジョン ピッキング フィーダ『SVF-150』を使った、様々な部品のばらし

▲からし袋(調味料の小袋)を、弁当等のパッケージに詰める作業

相互のメリットを最大化する
テックマンとビジョン ピッキング フィーダ


このビジョン ピッキング フィーダにテックマンのビジョンシステムを組み合わせる事で、システムを構成する殆どの部品を共通化する事ができます。プログラムが非常に簡単なので、ティーチング(設定方法の学習)に時間をかけずに、生産現場で多品種に対応した設定を追加する事ができます。

ビジョン ピッキング フィーダの操作性
タッチパネルで動作確認・プログラム登録・各種設定・アラーム履歴の確認が行なえます。
PCや外部モニタが不要で直感的に操作でき、設定変更のたびに生産現場にPCを持ち込む煩わしさがなく、誰でも簡単に設定を行なうことが可能です。

▲設定画面の一例

テックマン ロボットの操作性
TMフロー(TMflowTM/ユーザーフレンドリーなフローベースのロボットプログラム編集ソフトウェア)とダイレクトティーチ機能を使い、直感的かつ視覚的に操作ができます。ビジョンシステムの設定も、TMフローと同様に学習時間を多くかけずに習得する事が可能です。また、フィーダの動きを記録したチャンネルを、TMフローで制御することができます。

▲グラフィカルプログラミング『TMflowTM』のサンプル画面

「あったらいいな」を組み込んだ、多機能フィーダ
・ホッパー部品落下検知機能

 ホッパー落下部に、パーツ落下を検知するセンサを標準装備
・イージーアジャストモード
 各動作パラメータ設定の際、実動作を目で確認しながら
 最適な条件を見つけ出すための機能
・部品排出機能 等
ここではお伝えしきれない、多くの機能があります。

プレミアエンジニアリングでは、テックマンとSVFシリーズの接続ケーブルとSVF本体の制御を含めたTMフローのサンプルプログラムを同梱してご提供しています。


テックマンロボットとビジョン ピッキング フィーダについてのご質問は、下記フォームよりお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Tel: 047-700-5747

松本 Matsumoto
Mobile: 070-4292-2696
Email: sales1@premier-eg.co.jp

Categories