• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【タイ・三次元レーザースキャナー】 手持ちで使用可能な高精度「CREAFORM HandySCAN 3D」をタイで発売!その可能性は無限大

【タイ・三次元レーザースキャナー】 手持ちで使用可能な高精度「CREAFORM HandySCAN 3D」をタイで発売!その可能性は無限大

15/07/2020
クオリティーレポート

当社は、オリンパス製をはじめとする各メーカーの試験・検査・測定機器を取り扱っています。
今回は、三次元レーザースキャナーの分野において、最新テクノロジーを駆使した、カナダのメーカーAMETEK CREAFORM(クレアフォーム)の高精度ハンディ3Dスキャナーをご紹介します。


大きなものから小さなものまで、サイズや形状を選ばずに測定できるCREAFORM HandySCAN 3D

▲非常に小型軽量なポータブルスキャナーで、対象物が巨大でも測定可能


▲複雑な形状にも対応可能


HandySCAN 3Dの最大の特長は、携帯性に優れた非接触のポータブルタイプの3Dスキャナーという点です。

スタンドや三脚などの機材が不要で、手に持って使えるため、対象ワークのサイズ・形状の複雑さ・表面の色を問わず、3Dスキャンが可能です。

ユーザーの習熟度に関係なく、正確かつ高解像度のスキャンが簡単にできます。
スキャン対象となるワークの表面をなぞるようにHandySCAN 3Dを動かすだけで、初心者でも簡単に扱えます。

測定中に対象物を動かしても、ダイナミックリファレンシング機能(自動検出機能)によって、正確で高精度のスキャンデータが得られます。

▲測定するワークにマーカーを貼り、相対位置を自動検出できる。そのため、ワークを動かしても問題ない


■セルフポジショニング システム
HandySCAN 3D搭載のカメラ以外、外部追跡機器は必要ありません。
測定対象ワークに対するスキャナーのポジションは、三角測量によってリアルタイムに算出されます。
シール状のマーカーを測定対象ワークに貼り付けることで、ターゲットに対する相対的な地位関係を自動計測し、スキャニングを行ないます。
スキャニング中でも、測定対象物を移動することができます。

■リアルタイムサーフェスレンダリング
測定対象物に照射される11本のレーザークロスと自動メッシュ生成機能により、スキャニング中にリアルタイムで三次元形状を算出します。
PCのモニターに3Dレンダリングされた形状が即座に表示されていくため、スキャンのやり残しの心配がありません。

▲リアルタイム描画で測定作業が簡単


リバースエンジニアリングにも最適。
あらゆる対象物の形状を高精度で測定可能!

HandySCAN 3Dの有益な活用方法のひとつとして、リバースエンジニアリングが挙げられます。

例えば、「廃番になった製品のデータ化」「現物から仕上用の加工データを作成」といった場合に、元の設計図がなくてもスキャンするだけでCADデータが得られます。
図面のない製品をデータ化しCAMデータに変換することにより複製が可能です。
検査ソフトを使えば、製品測定やCADデータと比較検査ができ、不具合箇所を容易に見つけることができます。

▲スキャンデータ(左)とCADデータ(右)を重ねると、不具合箇所(凹み)がはっきりとわかる


▲設計図がなくても部品をデータ化→製作できる


【HandySCAN 3Dの仕様】
HandySCAN 3DにはHandySCAN BLACK | EliteHandySCAN 700の2機種があり、それぞれのスペックが異なります。

■HandySCAN BLACK | Elite
解像度: 0.025mm
精度:最大0.025mm
重量:本体重量0.94kg
寸法:79×142×288mm
測定速度:1,300,000頂点/秒
スキャン範囲:310×350mm
光源:レーザークロス(11本)(+追加ライン1本)

■HandySCAN 700
解像度: 0.050mm
精度:最大0.030mm
重量:本体重量0.85kg
寸法:77×122×294mm
測定速度:480,000頂点/秒
スキャン範囲:275×250mm
光源:レーザークロス(7本)(+追加ライン1本)

■両機種共通
焦点距離:300mm
被写界深度:250mm
出力形式:.dae .fbx .ma .obj .ply .stl .txt .wrl .x3d .x3dz .zpr
(BLACK | Eliteは、.3mfにも対応)
対応ソフトウェア: 3D Systems(Geomagic® Solutions)/InnovMetric Software(PolyWorks)/Dassault(CATIA V5およびSOLIDWORKS)/PTC(Creo)/Siemens(NXおよびSolid Edge)/Autodesk(Inventor、Alias、3ds Max、Maya、Softimage)
動作温度範囲: 5〜40℃

スキャナーモデルHandy SCAN3Dは、自動車、航空機関連などの製品の成形に最適です。
当社では、ケーブル、ターゲット(対象物のポジショニングに使用する)、標準校正(ポジションの正確性の確認)などユーザーのニーズに応えたその他オプションも多数取り揃えています。



タイで三次元レーザースキャナーをお探しの方は、以下のフォームからご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Bankok Head Office
Tel: +66(0)2-946-9988 (Auto 20 lines)

前田 Maeda
Mobile: +66(0)92-223-1641
Email: maeda@qualityreport.co.th

Categories