Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 24 [image_url] => company-24-Magazin-Apr-Slider.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

「SNS活用法」BtoB企業の広告最前線 vol.01

24/10/2019
サムライアジア編集部

タイ人の1日のインターネット利用時間は9時間超
そのうちSNS利用時間は3時間54分

タイのBtoC市場においては、2010年頃からFacebookなどのSNS上で、企業から一般消費者に向けた情報発信が盛んに行われるようになりました。そして、LINEの登場によりSNSのメッセンジャー機能が注目され、多くのタイ人が仕事の連絡やファイル送信にSNSを活用するようになりました。2019年1月時点でFacebookの利用者は5300万人、LINEは3800万人となっています。日本以上にSNSが利用されるタイの状況を受けて、日系のBtoB企業、製造業企業でも広告・販促にSNSを取り入れる企業が増加しています。
今回は、FacebookとLINEの広告機能の比較と有効性を簡潔に説明したいと思います。


Facebook

ユーザーはタイムライン中心の使用

広告はタイムライン中心で、口コミ的な情報発信


■タイムラインを中心に広告を配信することができ、比較的割安な広告費で大人数にリーチすることができる。
■広告出稿にあたり、配信対象を性別、年齢、地域、関心でセグメンテーションすることが可能で、無駄な広告を削減することができる。
■販売促進につながることもあるが、広告費をかけて多数のターゲットにリーチすることから認知と製品理解を目的とした広告的な役割が大きい。


LINEの場合

ユーザーはメッセージ送受信中心の使用

ダイレクトメッセージの送信で、プッシュ型の情報発信


■企業がLINEのオフィシャルアカウントで情報配信するには有料会員が有効です。無料プランもありますが、メッセージの配信数に制限があり広告・販促利用には向きません。

■LINE NEWSやタイムラインに広告を出稿することができますが、多くのユーザーが利用するトークリストにメッセージを送信するのが最も有効と言えるでしょう。メッセージ機能を有効に使うには、友達の数と質がポイントです。友達を増やすには広告機能も活用できますが、営業スタッフが既存顧客や見込み客を訪問する際に友達になってもらうなど、地道な活動が重要です。


まとめ

Facebookの効果的な運用には広告費が欠かせないことから、予算がある程度取れて、企業認知、製品認知の向上が販売に結び付く企業に向いています。LINEは、営業スタッフなどのマンパワーで質の高い見込み客を囲い込むことが重要です。能動的な営業スタッフが多い企業に向いていると言えますが、LINEが広告機能を随時拡充しているので、その有効性を確認し、柔軟に活用することもポイントです。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955
Email: samurai@koasha.co.th

News Categories
特集
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。