Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 24 [image_url] => company-24-Magazin-Apr-Slider.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

タイ★ぶらり飯(めし)

30/08/2021
サムライアジア編集部

脱サラおじさんのマッカサン駅前クイッテアオ


▲タイのローカルフードで麺類といえば『クイッテアオ』が定番だけど、お店の看板メニュー『クイッテアオ・ヌーア』はお肉が柔らかくてジューシー! 美味しい!!

マッカサン駅の建物の中に引っ越したサムライアジア編集部。この界隈は、以前いたアソーク(インターチェンジ21)と違って、手軽なお値段&美味しい食べ物がない! ということで、駅の周囲3区画くらい歩いてレストランを探していた時に偶然見つけたのが、このお店『クロー・バンチャン キッチン @ Asok(ครัวบ้านช่าง @Asok)』です。

ローカルタイ飯のキッチンを営むのは、前職が看板屋さんだったキティポン ロドパンさんと奥さんのピパーポン パンピットさん。キティポンさんは、脱サラ(?)してこのお店を開いたらしい。なぜマッカサン駅前なのかと尋ねたら、「たまたま前職の上司の物件だったから(お店の隣は看板屋)」だそう。

▲キッチンのオーナー、キティポン ロドパンさん(左)と奥さんのピパーポン パンピットさん(右)

夫婦二人ともレストラン等で料理を学んだことはなく、開業前には色々な人に「メニューは何がいいか」聞き込みをして、看板メニューのクイッテアオにたどり着いたとのことです。

このお店のクイッテアオは、日本人が食べても美味い! 多分100人に聞いたら99人くらいは賛成してくれる味。シナモン・トウシキミ(六角)・コリアンダー・ビネガー・ニンニク・コショウ・ガランガル(タイの生姜)といったスパイスを見事な塩梅で調合した甘めのスープは、日本人の舌にも合っています。 そして、具の牛肉は絶妙な柔らかさ。口の中に入れるとホロホロと崩れる程柔らかく、とても素晴らしい食感ですよ。

▲お肉多め。麺はバミー(中華麺)・米の麺センミー(極細)・センレック(中細)・センヤック(太麺)から。豚肉・魚のすり身団子・トムヤム味等などバリエーションがあります。ご飯もの(ガッパオ等)もあるので、お試しあれ

▲豚肉のクイッテアオ ムーもお薦め

2020年11月にオープンしたという白塗りの壁の店内は綺麗なので、一般的なローカル飯屋さんのきちゃない店内に抵抗がある人も入りやすい。 店内では、いつも猫が1匹、気持ちよさそうに昼寝をしています。マッカサン駅に来たら、ぜひ寄ってみて!(byサムライアジア編集部・アサヌマ)

▲お店の看板ネコ? 撫でてもおとなしい

▲クロー・バンチャン キッチン @ Asok
Asok - Din Daeng Road, Din Daeng, Bangkok 10310 Thailand
マッカサン駅前のDin Daeng Roadを挟んだ向かい、Asok Skin Hospitalの右隣りにあります。デリバリーあり(土日休業)。サムライアジア編集部スタッフ常連のお店



ニュース Other News
Contact Us

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955
Email: samurai@koasha.co.th

News Categories
特集
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。