Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 24 [image_url] => company-24-Magazin-Apr-Slider.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

タイ人的恋愛遍歴 Vol.12

26/03/2020
サムライアジア編集部

今回インタビューしたのは、サムライアジアのウェブに情報掲載をしているYNⅡ-TEC社の営業Peungさん。仕事からヒントを得たユニークな恋愛観を持つ彼女。自分自身の成長を振り返りながら、リアルなラブストーリーを語ってくれた。


いい雰囲気になったら、察してくださいって 顔をするの♡


Q1.初恋は何歳?
高校生のとき。

Q2.初めて彼氏ができたのは何歳のとき?
その初恋の人。手も繋げなかったけど、若いなりに一生懸命だった。

Q3.失恋したことはある?
彼に新しい彼女を作られちゃって振られた…一晩中泣いたわ。

Q4.今までに付き合った人数は?
この質問、やだ!よく訊かれるけど、今の彼のことだけ考えるようにしてるから内緒。

Q5.今までの恋愛で一番の思い出は?
初めての旅行かな。何もかもが良く見えるでしょ?(笑)

Q6.貰った/あげたプレゼントで最も高価な物は?
値段は気にしてないな。気持ちが込もってるかどうかが大事。

Q7.好きな男性のタイプは?
ハンサムな人と高身長の白人男性はつい見ちゃう。汚い言葉を使わない人が好き。自分の考えを持っていて成熟した人が理想かな。

Q8.どうやって男性にアプローチするの?
これも答えるの恥ずかしいんだけど…。いい雰囲気になったら、察してくださいって顔をするの(笑)

Q9.彼氏とはどんな所に行く?
ちょっと遠出するなら、海。波の音を聴いてリラックスするの。

Q10.あたなにとって愛とは?
仕事をしてて思うのは、見方次第でモノの価値って変わるんだってこと。付き合いが長くなった時は、お互いの大切さを見つめ直して価値を再認識したい。



ニュース Other News
Contact Us

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955
Email: samurai@koasha.co.th

Categories
特集