Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 24 [image_url] => company-24-Magazin-Apr-Slider.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

タイ人的恋愛遍歴 Vol.14

10/06/2020
サムライアジア編集部

今回インタビューしたのは、シンセイソリューション リクルートメントの人事コーディネーター Kipさん。 ロングヘアと涼しげな目元が印象的なアジアン・ビューティー。 気になる恋愛についてたずねてみると、少し奥手ながらも、22歳とは思えないほど真面目で落ち着いた恋愛観を率直に語ってくれた。


一見クールな印象の才女 恋愛では素朴な一面も


Q1.初恋は何歳?
高校生のとき。

Q2.初めて彼氏ができたのは何歳のとき?
高校時代。子どもっぽいピュアな恋だったな。

Q3.失恋したことはある?
失恋って、まともにしたことないかも…。 相手からグイグイ押されるのも苦手で、時間をかけて徐々にお互いを知っていくことが多いの。 それで残念な結果になるときは申し訳ないんだけど(笑)

Q4.今までに付き合った人数は?
2人。付き合うまでも、付き合ってからも長いほう。

Q5.今までの恋愛で一番の思い出は?
特別なことより、ふとした行動から“自分のことを気にかけてくれてるな”って感じる瞬間かな。

Q6.貰った/あげたプレゼントで最も印象的な物は?
もらって嬉しかったものは色々あるけど、一番を決めるのは難しいな。 あげるものは、日常的に使えるものを選ぶことが多い。 使うたびに自分を思い出してもらえたら嬉しいから。

Q7.好きな男性のタイプは?
言動に一貫性があって、自分の考えをはっきり示せる人は信頼できると思う。一番大切なのは、一緒にいて居心地がいいかどうかだけどね。

Q8.どうやって男性にアプローチするの?
いまだにどうしていいかわからないの!ただ、仲良くなれそうな予感がする時こそ、作った自分じゃなくて自然体でいるように意識してるわ。

Q9.彼氏とはどんな所に行く?
レストランで夕食かな。 社会人になると会える時間ってバラバラだから、ほとんどデート=食事かも。

Q10.あたなにとって愛とは?
愛は、心が休まる場所であってほしい。ごく普通の日常の中で、一緒に何かをできること、一緒にいられること、一緒にいて心地がいいことが大切で…お互いにとっての“オアシス”みたいにね。 平和主義なの(笑)



ニュース Other News
Contact Us

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955
Email: samurai@koasha.co.th

News Categories
特集
当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。