Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 24 [image_url] => company-24-Magazin-Apr-Slider.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )

タイ人的恋愛遍歴 Vol.19

05/11/2020
サムライアジア編集部

化学薬品を中心に扱う商社に勤めるMayさん。 現在は芯の通った大人の恋愛感をもつ彼女だが、大切にしている思い出を尋ねると、 恋愛ドラマのワンシーンのような日のことを語ってくれた。


初めて告白された瞬間はまるで恋愛ドラマだった


Q1.今までの恋愛で一番の思い出は?
初めてガールフレンドになって欲しいと告白された日。頭が真っ白になって息もできなくなるなんて、ドラマの中だけかと思っていました。勇気を出してくれた彼の気持ちを考える余裕もなく、小さな声で「はい」と言うのが精一杯だった。

Q2.失恋したことはある?
高校時代の彼は、理由も言わずに去って行きました…。

Q3.理想のデートは?
ただ一緒に時間を過ごせれば幸せ。たまには旅行もしたいけど、普段通りの食事とかお買い物とか、毎日がデートみたいな感じが理想。

Q4.今までもらって一番嬉しかったプレゼントは?
私が文房具を好きだと知って、私の名前入りの本とペンのセットをプレゼントされました。何気なく話したことを覚えていてくれて嬉しかった!

Q5.好きな男性のタイプは?
リーダーシップがあって、落ち着いていて、頼りがいのある人。お酒は少しならOKだけど、タバコを吸う人はダメ。あと、男性の腕の筋肉と血管を見るとドキドキしちゃう。(笑)

Q6.キュンとする男性の仕草は?
彼に頭を撫でられると、愛情を感じるし安心します。

Q7.ガッカリしてしまう男性の行動は?
嘘をついたり、言い訳したりすること。

Q8.気になる人にはどうやってアプローチする?
まずは友達として、相手の話を沢山聞くようにする。それから、私の相談も聞いてもらったりお互いにアドバイスし合ったりして、お互いのことを深く知っていきます。

Q9.あなたにとっての理想の愛とは?
お互いに関係から何かを学びながら 高め合えるような関係。自分の望みをちゃんと伝えられることも大切。愛というのは、毎日新しく生まれるものだと思う。大変なことや辛いことに出会ったとき、彼と協力して乗り越えていけるような関係を育てたいな。




ニュース Other News
Contact Us

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955
Email: samurai@koasha.co.th

Categories
特集