• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 異なる強みを持つ3社の協業が省エネルギー・環境 対策の新次元のソリューションを生み出す

異なる強みを持つ3社の協業が省エネルギー・環境 対策の新次元のソリューションを生み出す

06/01/2020
サムライアジア編集部

「熱」に関するトータルソリューションを手掛けるNIPPON THERMOENER (THAILAND)(以下、NTECタイ)、「洗浄のプロ」 SHOWA(以下、ショウワ)、総合エンジニアリング会社のELMO TECH(以下、エルモテック)。共同でアジアの省エネルギー・環境問題に取り組む3社に話を伺った。

――3社が協業を始めるきっかけは?
NTECタイ:ショウワの藤村社長とは20年来のおつきあいで、ボイラやヒートポンプなどの熱源を提供してランニングコストを削減し、ショウワの洗浄機の環境負荷低減を実現してまいりました。エルモテックはタイの企業の中でも省エネルギーに関する協業をしていくのに最もふさわしいパートナーだと確信し、現在の関係を築いてきました。

NIPPON THERMOENER (THAILAND)
CO., LTD.

Managing Director  家藤 将史
MASAFUMI IEFUJI / 日本で十数年、電力会社等との協業で省エネルギー・環境に関する事業に携わった後、2014年に同社を設立。


――協業事例を教えてください。
NTECタイ:一般的に、高効率な施設を導入するとどうしてもイニシャルコストが高くなってしまいます。しかし、タイなどの東南アジアでも環境負荷低減の課題があります。メーカーだけでは価格を下げるのに限界がありますが、当地に根ざしたエンジニアリング会社とタイアップすることにより、工場全体を見渡した省エネルギーを、イニシャルコストを抑えて提案することができます。NTECタイではただ高効率なボイラを提案するのではなく、「捨てている熱」にも注目して、エンジニアリング会社であるエルモテックと協業し、最も費用対効果の高い設備を提案します。

ELMO TECH CO., LTD.
President  萱沼 利幸
TOSHIYUKI KAYANUMA / 設備工事会社勤務時の2000年にタイ駐在。その後、省エネルギーのテーマに取り組むため2009年に同社を設立。昨年10周年を迎えた。


エルモテック:当社の強みはメーカーではないことです。現場の状況を見た上で何が一番いいか、NTECタイと協業してソリューションを検討します。「温」と「冷」は真逆のようで必ずセットで存在するもの。ボイラやチラーなど、単体で効率化を目指すのではなく、総合的に究極の省エネルギーを提案・実現するのが当社です。また、特にチラーに関して高効率オイルフリーチラーの提案も行なっております。現在は電力会社の投資の下、大手繊維メーカーとコジェネレーションシステムの開発を進めています。

SHOWA CORPORATION
C E O  藤村 俊秀
TOSHIHIDE FUJIMURA / 20年以上、高付加価値洗浄機の開発・営業に社長として取り組み、2019年10月にタイに現地法人「Showa Asia (Thailand)」を設立。


ショウワ:当社は洗浄に関するあらゆる製品・サービスを提供しておりますが、さまざまな生産分野の洗浄領域で、高効率化・省力化を実現し、環境問題に貢献したいと思っています。当社の洗浄技術を導入することで工場全体のクオリティが向上し、同じ電力消費量や人件費でもより多くの生産活動が可能になります。従来タイでは自動車業界への納入事例が大半でしたが、今後はコンビニの需要の拡大によって急伸している食品業界をターゲットに洗浄の分野から下支えをしていきたいと考えています。

異なる分野のエキスパートが「省エネルギー・環境改善」という目標でつながり、相乗効果を発揮する。新しい協業のスタイルがタイ、そしてアジアの環境問題を改善する。


NIPPON THERMOENER (THAILAND) CO., LTD.
tel. +66(0)2-653-0660

ELMO TECH CO., LTD.
tel. +66(0)2-730-8440

SHOWA CORPORATION
tel. +66(0)2-173-4305



ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)2-611-2830
Email: samurai@koasha.co.th

佐藤 Sato
Mobile: +66(0)6‐5512‐4955

Categories
す~す~ カンパニ~
SAMURAIニュース
動画で仕掛けろ!