• ホーム
  • >
  • 特集
  • >
  • 【タイ・プレス加工改善】あなたの精密プレス機にあった最適な加工油塗布を実現!

【タイ・プレス加工改善】あなたの精密プレス機にあった最適な加工油塗布を実現!

17/09/2019
河野 丈博
Managing Director

精密プレス加工をされているお客様のお悩みとして、「金型損傷を防止するために過剰に塗油をしてしまう」、「過度の加工油付着でカス上がりが起きる」というジレンマが生じていると耳にします。
サンエイテックのLUBEMATE(ルーブメイト)システムは、そのようなお悩みを解消します!
微量微圧スプレー方式により、均一で密度の高い薄膜状の加工油塗布が可能です。そのため、オーバースプレーや跳ね返りがなく、プレス機械の打抜き作業に理想的な加工油コーティングを実現できます。
今回は、理想の塗油装置LUBEMATEをご紹介します。


プレス加工改善!精密加工油塗油装置 LUBEMATEの4つの特長

➀精密な塗油量コントロール

LUBEMABTE システムは、塗油量を精密にコントロールするフローコントロールシステムを採用しています。
滴下・ポンプ・他のスプレー方式と比較して格段に精密な塗油量コントロールが可能です。


➁微量微圧の薄膜塗油

LUBEMATEシステムは、薄膜の微量微圧調整が可能です。滴下・ローラーなどの“従来工法“で過剰の塗油することで起こりがちな「カス上がり」の問題を解消します。

【カス上がりのイメージ】


③加工油の使用量を大幅削減

LUBEMATEシステムは、最適量を正確に継続的にコントロールできるため従来方式と比較して加工油の使用量が70%以上削減できます。※生産製品とオイルにより変動します。


④金型メンテナンス頻度の減少

LUBEMATEシステムは、正確で均一に塗油を行うことができるため、滴下・ローラー・フェルトでの不均一な塗油で起こるプレス部品の劣化を防ぎ、品質維持向上に貢献します。

【LUBEMATEと他の工法とのショット数の比較】


LUBEMATE導入後の4つの効果

①精密な油量コントロール → オイル性能を最大限に引き出す

不均一・過剰な塗油はプレス品質も悪くなりがちで、オイル性能を低下させます。均一で正確・精密な塗油量コントロールをすることでオイル性能を最大限に引き出す。


②カス上がり等の解消 → オイル粘度範囲拡大

「カス上がり」の問題が解消することによりオイル粘度の範囲に余裕が生まれます。


③加工油使用量の大幅削減 → 高級オイルへの変更が可能に

塗布量の最適コントロールで加工油のコストが下がった分、ランクの高いオイルへの切り替えが可能になります。性能の高いオイルを使用することで加工製品の品質が上がり、顧客の信頼度の向上につながります。


④プレス部品の品質向上 → 製品の付加価値が高まる

製品・オイルには問題がないのに不均一な塗油のために「金型摩耗」「損傷」が発生してしまいます。LUBEMATEと品質の高いオイルを合わせてご使用いただくことで“御社の製品の品質が高まり、結果として付加価値の高い製品”となります。


金型への定量の加工油供給が可能な金型内潤滑油用バルブ「LM62」

LM62は、金型への定量な加工油供給が可能な塗布バルブです。LUBEMATEコントローラから塗布量の制御が可能です。長い順送工程(金型)や、速乾性のオイル使用時に最適なバルブです。


金型内潤滑バルブLM62の4つの特長

①高精密フローコントロールでリニアな流量調整が可能
②プレス機がオンタイムでも、金型へのオイル量を調整可能
③加工上の必要な部位に対して適切な塗油が可能
④高耐久性ダイアフラムとシンプル構造でメンテナンスフリー


精密加工油塗油装置 LUBEMATEは、自動車部品をはじめ、携帯電話部品、各種コネクタ、モーターコアなど様々な分野で使用されています。
お客様の金属プレス加工を変えることのできる塗油装置を是非お試しください。


精密加工油塗油装置 LUBEMATEに関するお問い合わせは、下部のお問い合わせフォームよりご連絡ください。


【サンエイテックにお任せください!!】
・塗油装置の設置は専門スタッフがお伺いします
・お客様毎の最適な取り付けをご提案します
・調整方法やメンテナンス方法について丁寧に説明します
・塗油量の目安などわかりやすく説明いたします
・お電話、メールはもちろん、訪問しての対応もいたします
・プレス機休眠時のオーバーホールもお任せください



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。