• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【タイ・めっき技術】METALEX2019で加工メーカーの困り事である最新洗浄技術を紹介!

【タイ・めっき技術】METALEX2019で加工メーカーの困り事である最新洗浄技術を紹介!

01/11/2019
国井 勝己 Katsumi Kunii
GENERAL MANAGER

2012年にタイに進出し2016年・17年と2年連続でMETALEXに参加し今年は地方独立行政法人東京都立産業技術研究所センターのサポートのもとMETALEX2019 TOKYO METROPOLITAN INDUSTRIAL TECHNOLOGY RESEARCH INSTITUTE内にて共同出展をいたします。今回は、【めっきの基礎】講習、排水に対するシステム構築、めっき不具合相談・解析、品質の維持・管理等のプレゼンテーションを行います。出展ブース内ではめっきを施す事での装飾性・耐食性が向上するめっきの技術の紹介とめっき加工には欠かせない作業である「脱脂・洗浄」の技術についてご紹介致します。


めっきの大敵、「油」を落とす技術

金属を加工(切削・プレス)する際、加工油が必要となります。しかし、めっき加工において『油』は大敵でめっきを施す前には必ず脱脂工程を行い加工品の油分をしっかり洗い落とす必要があります。
当社ではアルカリ洗浄や超音波洗浄を使用し加工品の隅々まで洗浄・脱脂を行なっております。
一昔前の主流であった有機溶剤での洗浄は短時間かつ高い洗浄効果があるものの、安全性・環境保全の観点から使用が難しくなってきました。そのため現在はアルカリ洗浄や超音波洗浄が主流となり、安全性は高くなったものの、有機溶剤に比べると洗浄力が弱く加工品の隅々までの洗浄(脱脂)をするのが難しく、脱脂ができてもシミになり易くなってしまいました。
そこで、今回の出展では現在当社で行っているアルカリ洗浄・超音波洗浄方法を詳しくご紹介します。

めっき加工製品例
(左:プレス(深絞り製品))(右:めっき(色調:黒色系(合金))


東京都立産業技術研究所センターブースでお待ちしております

本年度、当社は一眼レフカメラ部品加工のタイ進出、生産ライン増設により自動車のアクセサリー部品の受注に成功し、新規アイテムの表面加工受注や他の色調の設備導入、お客様お困りである洗浄を検討しております。METALEX 2019への出展で、当社のめっき技術を広くお客様に知って頂けるようPRしていきたいと思います。

当社ブースは東京都立産業技術研究所センターとの共同出展となり、公益財団法人 東京都中小企業振興公社 タイ事務所(TOKYO SME Support Center Thailand)ブースとの併設となります。
会場で迷われた際は当社担当の荒井、国井、サシトーン(タイ人通訳スタッフ)までお気軽にお電話下さい。会場でお待ちしております!


METALEXブース情報

ホール:HALL 98
ブースナンバー:AG29
(TOKYO METROPOLITAN INDUSTRIAL TECHNOLOGY RESEARCH INSTITUTE内)


【主な取扱い加工】
■ アルミに対する無電解めっき(Ni-P)
無電解Niめっき
電気Niめっき
3価Crめっき
■金属に対するCu-Ni-Crめっき(銅ニッケル・クロムメッキ)
Cuめっき
光沢Niめっき
艶消しNiめっき
Crめっき

 

■関連ニュース
【タイ・めっき】サイアムヒキフネの最新情報「即時に商談につながるタイの展示会について」

【めっきで困っていませんか?】タイで日本品質のめっきを実現! アルミ、真鍮、亜鉛ダイカス素材へのめっきでお悩みの企業は必読です

サイアムヒキフネNEWS 私たちの身近な場所にもいっぱい?!「クロムめっき」について


METALEX出展・めっき加工に関するお問い合わせは下記のフォームよりご連絡ください。



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office : +66(0)38-212-380

国井
Mobile : +66(0)86-402-3859
Email : kunii@hikifune.com

Ms. Sasithorn Archeepsmut(Oil)
Mobile:+66(0)96-754-1441
Email: Sasithorn@hikifune.com