Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 26 [image_url] => company-26-hikihune.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • めっきで世界を切り拓く!日本で90周年、タイで10周年を迎えるヒキフネのこれから

めっきで世界を切り拓く!日本で90周年、タイで10周年を迎えるヒキフネのこれから

29/10/2021
石川 英孝
President

当社 株式会社ヒキフネは、めっき加工専業会社として東京・葛飾の地で誕生し、2022年で創業90周年を迎えます。タイ法人のサイアムヒキフネも設立10周年となり、節目の年であります。

おかげさまで1世紀近くも、ここ葛飾の地で事業を継続させていただいておりますが、近年はコロナの影響もあり、ここまでの道のりは平坦なものではありませんでした。現在、全国鍍金工業組合連合会各工業組合に所属しているめっき加工会社は全国で約2,300社ありますが、10年前と比べて約2/3程度にまで減っています。


地場産業から発展したヒキフネの装飾めっき
近年は東京オリパラトーチエンブレムのめっき加工も手掛ける


当社のある葛飾エリアは製品の見た目を美しく仕上げる目的でめっき加工を行なう産業(おもちゃ・文房具・化粧品ケース等)の製造が発展してきた背景もあり、装飾めっきが事業の柱になっています。現在では装飾めっきに加えて、光ファイバーや製造機械・産業機器向けの機能めっきの需要も増えています。

▲光ファイバーめっき

▲光ファイバーめっき加工工程イメージ

光ファイバーめっきの事業については、生産ラインの自動化等が評価され、2020年の「東京都経営革新優秀賞」(新事業に積極的に取り組み、顕著な経営向上を果たした企業を表彰する都独自の制度)で最優秀賞を受賞しました。

▲東京都経営革新優秀賞 最優秀賞のメダル(右)

装飾めっきの分野では、2021年の東京オリンピック・パラリンピックのトーチエンブレムにめっき加工を施しました。エンブレムの素材が亜鉛ということで、亜鉛素材の装飾めっきは当社が得意としている分野でもあり、またとない機会を頂きました。

▲オリンピックトーチ13,000本、パラリンピックトーチ2,000本分のエンブレムのめっき加工を実施

タイでのめっき加工は今がチャンス!
場所と設備(オートライン)の空きあり


タイへの進出は、カメラ部品のめっき加工の引き合いがきっかけでした。
その後、自動車メーカーや精密機器等、幅広い業種のお客様とお付き合いさせて頂いております。
現在、タイ工場では製造ラインの入れ替えでめっき加工設備に空きがあります。オートラインであるため、全自動設備による品質とキャパシティの安定化に加え、国内外で培っためっき技術を存分に活かした工程設計が可能な設備です。特にアルミ素材へのめっき加工であれば、大規模な設備導入をせずに対応が可能です。

▲めっきラインイメージ
オートラインの空きスペース:約250 m2(75坪)25m×10m
手動ラインの空きスペース :約100 m2(30坪)20m×5m

シーズ(種)を蒔きながらニーズを模索


めっき加工は、素材に応じて工程が大幅に異なり、経験がものをいう世界です。当社は約1世紀に渡り多品種素材へのめっき加工を行なってきており、素材ごとの工程管理・品質管理の独自ノウハウがあるため、タイでも同様の技術の提供が可能です。
そして当社は常に新しいことにチャレンジし続けることをモットーに、技術改善や新規事業模索に積極的です。例えば「青色めっき」。一般的にめっきで青色は出せないといわれてきましたが、技術改善を重ねて試作段階までたどり着いています。今後需要がさらに高まるであろうEV関連や、昨今トレンドである環境保護(SDGs)関連での活用に期待しています。

▲青色めっき加工の試作品

また、めっき加工技術を応用した自社製品の新作も検討しています。過去、スカイツリー限定販売のしおりを製作しましたが、より当社技術を活かした新しい商品が作れないか模索中です。

▲ヒキフネオリジナル製品のしおり

私は元々アパレル業界出身ですが、異業種からの斬新なアイデア、私たちが思いつかないような着眼点等、幅広い業界からの“ニーズ”を探しています。タイ法人含め、異業種とのコラボレーションを通じて周年に向けた面白い企画が立てられないかアイデアを募集中です。
BtoB、BtoC問わず、当社のめっき技術活用のアイデアをお持ちの方は是非ご連絡ください!

▲左から株式会社ヒキフネ 石川社長、営業部 荒井係長

石川 英孝 Hidetaka Ishikawa
President

1989年 株式会社ワールド入社
1995年 株式会社ヒキフネ入社
2010年 株式会社ヒキフネ 代表取締役社長就任

荒井 雄馬 Yuma Arai
Sales Manager

2015年 株式会社ヒキフネ入社、営業と海外事業を担当

タイでめっき加工の設備をお探しの方、装飾めっきや機能めっきにご興味のある方は下記フォームからお問い合わせください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)38-212-380

国井 Kunii
Mobile: +66(0)86-402-3859
Email: kunii@hikifune.com

Categories
NEWS