【M-fair バンコク 2019 ものづくり商談会に出展】

09/05/2019
国井 勝己
General Manager

M-fair バンコク 2019 ものづくり商談会は、製造企業および関連企業が材料や部品の現地調達、自社製品の販路拡大のために、調達・販売品の展示し、タイローカル企業や在タイ日系企業が商談する機会を提供する商談会です。

■場所 BITEC Hall 105
■開催日程 2019年6月19日(水)~6月21日(金)10:00~18:00
■通訳在中(言語) 日本語 ⇔ タイ語  日本語 ⇔ 英語
 


ヒキフネグル―プのこれまでの展示会出展

SIAM HIKIFUNEは、創業して6年が経過しました。タイで開催される展示会としては今回で4回目の出展です。タイ最大の展示会METALEXで2回、SUBCONで1回、出展してまいりましたが、M-Fairは初めての出展となります。
ヒキフネグループは、日本の展示会も含め、アメリカ、ヨーロッパ、中国、そしてタイとグローバルに展開させて頂いています。アメリカやヨーロッパ、中国ではインフラ事業で必要不可欠なガラスファイバーへのめっきを中心に展示しました。日本では新たなめっき種類のご提案(メタル感を重視した青色めっき)などを行い、お客様のご要望とニーズにお応えすべく情報発信をさせて頂いております。

新色のめっき被膜の提案


ガラスファイバーへの金めっき


タイにおける出展で未経験の新展開も

タイに限らず各国での展示会の雰囲気は似ています。世界各国から企業が販路拡大、サプライヤ-を求め展示、商談を展開しています。
ヒキフネが海外の展示会出展をスタートさせ、後に海外拠点・SIAM HIKIFUNEが稼働するようになると、お客様の要望、ニーズを確実に捉えられるようになってきました。特にタイでは、日系企業が数多く進出しているため、ここは日本かと見まごうほどです。
弊社もまたタイの展示会に出展し続けている中、在タイ日系企業からの現地調達に関連する御相談が多く寄せられます。しかし、やはり海外です。ベトナムの企業がタイにまでサプライヤーを探しに弊社ブースに来られるなど、あまり経験の無かったお引き合いを頂くことがあります。


タイはインドシナ半島の真ん中・ASEAN物流のハブに

タイへの進出企業、展示会出展企業、近隣諸国からの引き合いを考えるとタイは物流のハブになっているといえます。タイのインフラ率は1%前後で推移していますが、今後も製品はタイに集まり、組み上げられ、各国へ出荷されていく形が主流であり続けると考えています。
弊社のめっき工程は装飾用途、機能的用途と違いがあっても、耐久性などの付加価値を部品にもたせるための特殊工程です。製品組み上げ前の最終工程となる事が多いため、現地調達化の波に乗り遅れることのないよう、タイでも日本同様の品質で、各種素材へのめっき、キャパシティー、めっき種類の豊富さをとり揃えてまいります。

各種カラーリング


■お問合せ
タイにおける、めっきに関するご相談は「Contact Us」の連絡先、または下記お問合せフォームよりご連絡ください。



お問い合わせフォーム

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Office : +66(0)38-212-380

国井
Mobile : +66(0)86-402-3859
Email : kunii@hikifune.com

Ms. Sasithorn Archeepsmut(Oil)
Mobile:+66(0)96-754-1441
Email: Sasithorn@hikifune.com