• ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 【スミポン×デンソー】MOU締結を記念して共同セミナーを開催!『タイの製造工程を改善+自動化する「リーン・オートメーション」とは?/そして、技術教育施設SIMTecの開設も予定』

【スミポン×デンソー】MOU締結を記念して共同セミナーを開催!『タイの製造工程を改善+自動化する「リーン・オートメーション」とは?/そして、技術教育施設SIMTecの開設も予定』

30/07/2019
Samurai Editorial Department

7月3日(水)、タイ工業連盟(The Federation of Thai industries)の支援のもと、バンコクの日航ホテルにて、デンソー(DENSO)グループとスミポン(Sumipol Corporation)の共同セミナーが開催された。

現在、世界中の製造業で「インダストリー4.0(Industry 4.0)」への移行が進んでいる。これは大きな変化であり、各国・各企業が製造能力を向上させ、インダストリー4.0に適応するための対策・改善が求められている。

タイ政府は、長期的な経済政策として「タイランド4.0(Thailand 4.0)」を掲げている。
旧来の産業をデジタル技術などによるイノベーションで高度化し、経済成長の持続と中進国からの脱却を図る。
核となる考え方のひとつは、製造業の現場をIoT (Internet of Things)のネットワークで連結・統合し、全製造工程を管理することだ。それによりコストとムダを削減して生産効率を改善、さらに、効率的・効果的な人材管理を行なうことができる。


デンソー発のイノベーション「リーン・オートメーション(Lean Automation)」とスミポンとのMOU締結

今回のセミナーでは、タイ工業連盟総裁のSupan Mongkolsuthi氏の開会挨拶で幕を開け、デンソーグループとスミポンのセミナーが行われた。

タイ工業連盟総裁 Supan Mongkolsuthi氏


デンソーグループは、自動車部品製造の業界における世界的なリーディングカンパニーだ。
インダストリー4.0に応えるイノベーションともいえる独自の製造工程自動化システム「リーン・オートメーション」を考案し、全世界の工場ネットワークに導入して実績をあげている。
リーン・オートメーションは直訳すると「無駄のない自動化」。工場内の無駄を徹底的に排除したうえで本質的な自動化を進めていく。

スミポン(Sumipol Corporation Limited)は、タイにおいて高品質の工業機械や工具、計測機器等を扱い、1万社以上との取引実績を持つ大手機械総合商社だ。様々な最新技術と知識を有し、各種取扱い製品と組合せてタイの製造業向けに高度なソリューション・サービスを提供している。

デンソーのセミナーでは、株式会社デンソーウェーブ(DENSO WAVE INCORPORATED)の杉戸 克彦CEOを始め、犬飼 利宏IoT推進部Director、Denso International Asia Co., Ltd.の横瀨 健心GMが自らプレゼンテーションを行った。
テーマは「リーン・オートメーションを通じた生産性の向上(Increase Productivity through LEAN AUTOMATION)」。リーン・オートメーションを進めるための以下の3つのステップが説明された。


① Factory IoTシステムにより、現状の生産状況を正確に把握できるようにする(視える化/Visualization)。

② 生産工程の詳細分析・ムダ分析とその改善、効率向上(Lean Manufacturing)。

③部分的な オートメーションを重ねて段階的にフル・オートメーションへと移行。


この考え方や手法を導入することは、タイのあらゆる製造業関連企業にとって、生産能力を向上させ、競争力を拡大する大きなチャンスになる。

株式会社デンソーウェーブCEO株式会社デンソー常務役員
杉戸 克彦氏


Sumipol Corporation Limited(代表取締役Chirapan Oulapathorn)はタイランド4.0を加速するべく、デンソーグループとリーン・オートメーション技術の導入・本格的サービス提供におけるMOU(業務提携に関する覚書)に調印した。
デンソーとスミポンは、近年の技術革新による市場の変化を背景に、製造業における生産活動の改善・効率化を推進してきた。リーン・オートメーションを考案したデンソーと、タイで1万社を超す顧客ネットワークを持つスミポンとの協業体制は、大企業から中小企業に至るまで広く彼らのメソッドを伝達し、タイの製造業全体の発展に貢献することになるだろう。

Sumipol Corporation Limited代表取締役のChirapan Oulapathorn氏




スミポンが技術アカデミー「SIMTec」を開設!生産自動化に貢献するタイの人材を開発

生産自動化の推進において、人(技術者)は非常に重要だ。
優秀な技術者を育てるには、彼らに生産に関わるあらゆる充分な技術と知識を提供する必要がある。
スミポンはこの観点から、生産技術に関わる官民14団体をネットワークした新たな技術教育アカデミー“SIMTec (Sumipol Institute of Manufacturing Technology)”を設立する(2019年8月末オープンを予定)。
立地はEEC(東部経済回廊)の中心地、ラヨーン県アマタシティー工業団地の入口だ。

SIMTec内には日本製をはじめとした世界の一流メーカーの工作機械、機器、工具等の設備を用意する。指導は実演・実技を中心とし、生産技術者から指導者、学生など幅広い対象者に向けた研修を行っていく計画だ。
インダストリー4.0時代のニーズに見合った技術・技能を育てる人材開発センターとして、またEEC政策に基づく新産業の成長に貢献するプロジェクトとしても、スミポンはこのプロジェクトに力を入れている。


タイ工業省×デンソー×SIMTecが、自動化に欠かせないシステムインテグレーター育成を支援

生産の自動化の要であるIoTシステム導入にはシステムインテグレーターが欠かせない。しかし、タイは自動化ニーズに対して圧倒的にシステムインテグレーターの数が足りない。
そこで、2017年、タイ工業省産業振興局(DIP)は株式会社デンソー(日本)と協定を締結し、バンコクの産業転換センター(ITC)内にLean Automation System Integrator(LASI)を設立した。LASIはシステムインテグレーターの育成を目的とするプロジェクトで、タイの先進企業への研修を行ない成果をあげている。
今回のイベントにおいて、タイ工業省、デンソー、そしてSIMTecの三者がEEC地区における第2のLASI設立に協力し合うことに合意した。

デンソーグループもスミポンもそれぞれ独自のプロジェクトを持っているが、今後は両社が協力してプロジェクトを展開していく。
タイにかける両社の思いは一つ、プロジェクトを通してタイの製造業を向上・発展させていくことだ。


Lean AutomationやSIMTecに関する詳細は、お問合せフォームまたは「Contact Us」の連絡先までご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

Contact Us

Head Office
Tel:+66(0)2-762-3000

日本人窓口
吉村 忠良 (Tadayoshi Yoshimura)
Mobile: +66(0)81-998-5598
Email: yoshimura@sumipol.com