Array ( [0] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 119 [image_url] => company-119-company-119-20210623_Technoplast_04.jpg [image_link] => https://www.youtube.com/embed/wuAQs3SCvss [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [1] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 119 [image_url] => company-119-company-119-company-119-techno02.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [2] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 119 [image_url] => company-119-company-119-company-119-techno03.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) [3] => stdClass Object ( [id] => 1 [company_id] => 119 [image_url] => company-119-company-119-company-119-Technoplast-2-1.jpg [image_link] => [image_popup] => 0 [slide_id] => 1 [slide_list_name] => all ) )
  • ホーム
  • >
  • ニュース
  • >
  • 高精度プラスチック精密加工のテクノプラスト
    中村社長が語る、攻め続ける姿勢とタイ市場への挑戦

高精度プラスチック精密加工のテクノプラスト
中村社長が語る、攻め続ける姿勢とタイ市場への挑戦

09/06/2022
サムライアジア編集部

テクノプラストタイ

▲テクノプラストタイ工場エントランスにて。左上から中村社長、生南MD

テクノプラスト(タイランド)は、タイでプラスチックの高精度切削加工を行っている。 長いパンデミックとの終わりが見えてきた今、日本本社(株式会社テクノプラスト)の中村社長とタイ法人の生南MDの渡泰が実現し、コロナ禍における取り組みや今後の展望などについてお話を伺った。


プラスチックの小ロット×高精度加工を
今後さらなる付加価値が求められるタイの市場に

プラスチックと聞くと、成型加工かつ大量加工のイメージを持つ人が多いかもしれない。しかし、同社は最小1品からオーダー可能。高精度樹脂加工品を短納期で提供しており、タイでこのような強みを持つ樹脂加工メーカーはかなり希少である。

2012年、当時社長に就任したばかりの中村氏は、海外進出のきっかけを探る中でタイを訪れ、『初恋の人に会ったようなドキドキ感』を感じたという。

「タイは日系企業が多く進出しており、これから地産地消になっていく流れを感じました。今後付加価値が求められるようになり、1品から精度の高い切削加工を行う当社の技術へのニーズがあるかもしれないと思ったのです」(中村社長)

思ったら即行動の中村社長。その後、すぐにタイでローカル販売企業を立ち上げ、数年の間は自ら現場に出て営業活動に勤しんだという。

2014年には、レンタル工場を見つけてテクノプラスト(タイランド)を日本本社の完全子会社として設立。タイ現地で加工を行う体制を構築した。 以降も事業は順調に大きくなり、2020年には機械スペースの不足から、自社工場に移転・拡大している。


テクノプラストタイ

▲ WHAチョンブリ工業団地内のタイ工場

人が成長できる環境・仕組みづくりが会社の成長に繋がる

中村社長は、「人の成長が会社の成長」と考える。 そのため、人が成長できる環境や仕組みを作ることを、経営者として最大の使命としている。

「会社として、『陽』の空気を大事にしています。明るいところにしか人は集まりません。どんな状況でも前向きに、やれることをやる。人でも企業でも、一緒に何かやってみようというところとは、協力し合って新しいものを作り上げていきたいと思っています」(中村社長)


コロナ禍だからこそできる新たな挑戦
非接触製品『のんたっち君』自社開発・販売

前向きに新たな挑戦を続ける同社は、コロナ禍だからこそできることはないかと考え、本社プロジェクトとして、非接触コロナ対策オリジナル製品『のんたっち君』を開発・発売した。

「従来当社が作る製品は工業用部品がほとんどですが、『のんたっち君』は日常の目に見えるところで使われる製品なので、社員の士気も高まると考えたのです」(中村社長)

のんたっち君をきっかけに、日本ではメディアへの露出も積極的に行い、企業知名度の向上も図った。

コロナ感染症対策 のんたっち君

▲電車のつり革やエレベーターのボタンなどへの直接の接触を防ぐことができる

【コロナ禍でのプロモーション例】
MXテレビ『HISTORY』出演
・『のんたっち君』テレビCM(中部ローカル)

異なる分野で得た経験も活かす
テクノプラストのこれから

『のんたっち君』の開発を手掛けたのは、現タイ法人MDの生南氏である。
長年のタイでの設備会社勤務の経験を持ち、中村社長も生南MDに大きく期待を寄せている。

「異なる業種から来ているので、やり方が異なることがありますが、提案するとまずはトライさせてくれるので中村社長に感謝しています」(生南MD)

「高精度が求められるようになったタイにおいても、まだプラスチックの精密切削加工は珍しく、チャンスがあります。コロナの収束が見えてきて、新たな工場・新たな体制でこれから挑戦していくことが楽しみ」(中村社長)

テクノプラストはタイを製造拠点にして、5年以内に東南アジアで現地法人を持つことも視野にいれているという。そして2024年にはタイ法人設立10周年を迎える。前進し続ける同社の発展から目が離せない。


中村 明 Akira Nakamura 
President

1996年 株式会社テクノプラスト入社
2012年8月 代表取締役社長に就任
2012年10月 タイに現地法人TTP Co.,Ltd.設立
2014年 Technoplast(Thailand)Co.,Ltd.設立後、レンタル工業にて生産開始
2020年4月 チョンブリに自社工場を建設し、操業開始


生南 義之 Yoshiyuki Shonan
Managing Director

2020年1月 株式会社テクノプラスト入社
2022年6月 タイ法人のMDとしてタイに赴任
タイの設備関連の会社にて7年間勤務後、取引先であったテクノプラストに入社。
タイへ渡航が難しかったコロナ禍には日本で樹脂加工技術を勉強し、「のんたっち君」の製品開発を手掛けた。


タイで高精度なプラスチック(樹脂)切削加工をお求めの方は、お問合せフォームよりご連絡ください。



お問い合わせ

下記フォームよりお気軽にお問い合わせください。

お電話、Eメールでもお受けしております。

運営会社であるKOA-SHA (THAILAND)(以下「当社」)は、当社が提供する各種サービス(以下「本サービス」)において、以下の通りプライバシーポリシー(以下「本ポリシー」)を定めます。

個人情報の定義

本ポリシーにおいて「個人情報」とは、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の個人を識別することができることとなるものも含む)を指します。

個人情報の取得

当社は、適法かつ公正な手段によって個人情報を取得します。

個人情報の利用

当社は、個人情報を、以下に示す目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。

  • 本サービスのユーザ個人に対して最適化された情報を配信するため
  • 統計的分析により本サービスの品質向上に役立てるため
  • 本サービスに対するお問い合わせへの対応のため
  • 各会員企業へのカタログダウンロードからの情報の提供
  • 本サービスに関するアンケートを実施するため
  • 当社の実施するキャンペーンや新製品等に関するご案内をお送りするため
  • その他、上記の利用目的に付随する目的
クッキーについて

当社は、本サービスサイトにおいて、クッキーを利用します。また、広告システムの一部においても、クッキーを利用することがあります。クッキーとは、ブラウザとサーバとの間で送受信した利用履歴等を、利用者の端末にファイルとして保存する技術です。利用者が、当社がクッキーを利用することを望まないときは、ご自分のブラウザにおいて、クッキーを拒否するよう設定することができます。ただし、クッキーを拒否した場合、ウェブサイトにおける本サービスの利用に際し、影響が生じる可能性があります。

個人情報の第三者提供

当社は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく第三者に提供しません。

なお、当社は、次の場合には、個人情報にアクセスし、これを第三者に開示することがあります。

  • 利用者本人の同意がある場合
  • 法令または裁判所、行政機関等の法令に基づく判決、決定、命令等により開示を求められた場合
  • 当社の権利または財産を保護および防御するための措置に合理的に必要な場合
  • 当社やお客様、またはその他一般の人々の生命、身体または財産を保護するために必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要な場合であって、利用者の同意を得ることが困難であるとき
  • 国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  • 統計的データなど利用者本人を識別することができない状態で開示・提供する場合
個人情報の管理
  • 当社は、個人情報の正確性を保ち、これを安全に管理します。
  • 当社は、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等を防止するため、適正な情報セキュリティ対策を講じます。
  • 当社は、運営体制の整備や社員の教育等を通じて、個人情報を適切に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざんまたは漏えい等に対する予防措置を講じます。
個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、利用停止等の求め

当社は、個人情報について、開示、訂正・追加・削除、利用停止・消去、第三者提供の停止または利用目的の通知にかかるお客様ご本人からの申出があった場合には、申出をいただいた方が本人であることを確認の上、個人情報保護法の定めにしたがい、誠実かつ速やかに対応します。

なお、申出が個人情報保護法の定める要件をみたさない場合、または、個人情報保護に関する法律、その他の法令により、開示等を拒絶することが認められる事由がある場合には、申出に沿えないことがあります。

また、開示等の求めに対してお客様から当社に支払っていただく手数料等はありません。ただし、お客様から当社宛の通信費、交通費および上記に定める本人確認の際にお客様側で資料等の準備を行っていただく際に発生する費用等については、お客様の負担とさせていただきます。

プライバシーポリシーの改定

当社は、個人情報の取り扱いに関する運用状況を適宜見直し、継続的な改善に努めるものとし、必要に応じて、本ポリシーを変更することがあります。変更後のプライバシーポリシーは、本サイト上で随時公表するものとします。

お問い合わせ先

当社の個人情報の取り扱いに関するお問い合わせは、msato@koasha.co.th 宛にお願いいたします。

2020年9月20日 制定

プライバシーポリシーの内容を確認し、同意します。
Please Wait
ニュース Other News
Contact Us

Office
Tel: +66(0)33-006-225

松宮 Matsumiya
Mobile: +66(0)61-425-9883
Email: y-matsumiya@technothai.co.th

Sutthirak(Chod)※日本語可
Mobile: +66(0)98-260-0268
Email: production@technothai.co.th

当ウェブサイトでは、サイトの利便性向上を目的に、クッキーを使用しております。
詳細はクッキーポリシーをご覧ください。サイト利用を継続することにより、クッキーの使用に同意するものとします。